« 車椅子の母 | トップページ | きさらぎ »

2013年1月31日 (木)

心の切り替え

まつこです。

先週末の京都滞在は、楽しいこともたくさんありました。老いた親の変わっていく姿を見るのは悲しいことですが、ただただ嘆き悲しんでばかりいては、心身に良くありません。あえて悲しみに歯止めをかける心構えも大切という気がします。

そんなときに貴重なのが一緒に楽しい時間を過ごしてくれる友人です。

Photo

[うめぞうとPukiちゃん。点邑はコンクリートうちっぱなしのモダンな建物でした]

今回は京都でPukiちゃんが、「点邑」という天ぷら屋さんに案内してくれました。あの老舗旅館「俵屋」が経営しているのだそうです。とっぷりと日の暮れた寒い京都の冬の夜、御幸町にあるずいぶんお洒落な建物の二階のお店を訪ねました。

天ぷらはあげたての熱々を食べたいので、写真はなし。パリッと香ばしい海老の頭、ふんわりとしたクワイのすりおろしたもの、小さくて香り高いふきのとう、磯の香りのする海苔と雲丹など、次々と美味しい天ぷらをキリリと冷えたシャブリと一緒にカウンターで頂きました。

その食事中にPukiちゃんから、てっさい堂という骨董屋さんの豆皿の話を聞きました。てっさい堂を営んでいる貴道裕子さんという方は、豆皿など小さくて親しみやすい骨董を集めていて、お店に行くと可愛らしいものがたくさんあるのだそうです。

Photo_2

[底冷えのする京都は、空いていて、静かな時間が流れています]

さっそく、翌日は老人ホームの母を見舞ったあと、てっさい堂へ直行。ひときわ寒い日でした。祇園の街並に小雪が舞います。観光客の姿もあまりないひっそりとした夕暮れ。小さなお店の中に、ぎっしりと並んだ小さな骨董の数々を眺めれば、心も静かに落ち着いてきます。

ちょっと心ひかれたお皿があったのですが、小さく書かれた数字を見て、「あの・・・お値段の見方がわらかないのですが、これ、おいくらでしょう・・・」と、おずおずと聞いたところ、ゼロを三つつけてくださいとのこと。一瞬、ひるんで、呼吸を整えてから、そっと棚に返してお店を出ました。

その翌日も、老人ホームから錦小路へ直行。観光客や地元の買い物客でにぎわう狭い道を、人ごみにまぎれて歩くうち、老人問題の重苦しさも、日常生活の光景のひとこまとして受け止めようという気持ちになります。こうしてうまく心の切り替えをしながら、親の老いを見守って行きたいと思っています。

« 車椅子の母 | トップページ | きさらぎ »

コメント

天麩羅美味しかったですね。あれは絶対に家ではムリ。私、実はてっさい堂はまだ行ったことないのですよ~。フットワークの軽いまつこさまに先を越されてしまいました。そうですか、ゼロ3つからですか。そりゃ、たじろぎますよね。まあ、お洋服だってそうなんですけどね。なんでかな~(笑)。

まつこさん、こんにちは

お母様の急な変わられようを目の当たりにされて、さぞ驚かれ、胸がつまる思いでしたでしょう。

つい最近まで出来ていたことが突然出来なくなってしまうのですよね。
うちの母がある日、カーディガンを上下逆さにして袖をとおして(後身頃が前)着ている姿を見てショックでした。あぁ、お洋服大好きだった母がついに洋服の着方も分からなくなってきたって。

長い目で見れば確実に悪い方に進んではいるのですが、まつこさんご自身が週末3日間で経験されたように、落ち着いた環境やご本人の精神状態でまた良くなったりすることもありますし、家族としてはその時々で楽しい・嬉しいというプラスの感情を持たせてあげるのが一番大事ですよね。

そういう意味でも家族側が気持ちを切り替えて楽しみ、前向きに生きていかなくてはなりませんね!

ひとつ気になったのですが、お母様は現在お薬を飲まれていらっしゃいますか?
ふらつきですが、向精神薬系のお薬を飲んでいると出る場合があるので。。。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

天ぷら、おいしかったですね〜。あの小指の先ほどのふきのとうの香りが、今も鼻腔に残っているような気がします。たなごころにすっぽりと入る豆皿が☆万円!雪のちらつく祇園の風情はプライスレス!!そうだ、京都、また行こう・・・という気分になっています。

翡翠さん、コメントありがとうございます。

カーディガンが上下逆ですか・・・。そういう日も近そうです。でもあまり一喜一憂しないようにします。翡翠さんのおっしゃるように、「プラスの感情」を持たせてあげるには、こちらにも笑顔が必要ですものね。認知症の方の数は全国で300万とか。この300万人の人たちの家族がいっせいに落ち込んでいたら、日本全体での社会的損失は計り知れないものがあります。「大切な人が認知症になっても、おおらかにたくましく乗り越えらえる」というイメージが社会全体で共有されるべきでしょうね。医療や支援の制度の整備とともに、個人の心の持ち方も変えていかなければと思うこのごろです。

薬はメマリーとアリセプトだけだと思います。身体的にも病気の影響が出てくる段階なのかなと思っているのですが、次に行ったら聞いてみることにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/56663287

この記事へのトラックバック一覧です: 心の切り替え:

« 車椅子の母 | トップページ | きさらぎ »