« 電波時計の日 | トップページ | 心の切り替え »

2013年1月27日 (日)

車椅子の母

まつこです。

今週末は京都に行きました。うめぞうは研究会、私は高槻の老人ホームの母を訪ねました。

[1日目]

金曜日に老人ホームに行くと、母は自室にいませんでした。ラウンジに行ってみると、車椅子に乗っています。初めて見た母の車椅子姿です。表情をなくし、車椅子に座る母の姿に、一瞬、息がつまりそうになりました。

職員の方の説明では、ふらつきがひどく歩くのが難しくなったそうです。この1週間ほどで急激に症状が進み、朝もベッドから身を起こすのが難しく、食事の仕方もわからなくなったとのこと。お正月に行った時には、別れ際にエレベータの前まで来て手を振って見送ってくれました。あまりの急な変化がショックです。

Photo_2

[母の今年の書き初め]

母の自室で二人で過ごすうち、整理ダンスからクルクルと丸めた書き初めが見つかりました。「寿」の一文字。もちろん以前の母の字と比べようはありませんが、おおらかな気持ちのよい文字です。急速に悪化した状態と、この「寿」の文字がチグハグですが、この文字を見ていると、私も少し明るい気持ちになります。

「これ、ママが書いたのね。いいわね〜。おめでたい感じがするわ〜」と派手にほめまくると、母の表情も少し明るくなりました。ふらつきながらも立ち上がることもできるようになりました。

Dsc01486_2

[認知症の母と二人で『論語』を唱和する]

[2日目]

午前中の方が調子が悪いと聞いたので、翌日はお昼前に訪ねてみました。職員の方は食事の様子を見てほしいとおっしゃいます。「黙って見ていてください。食べ方がわからなくて、手で食べようとすることもあります。たいていご飯は残します」とのこと。なんだか実験のようで悲しかったのですが、職員の方は日頃の状態を家族に理解してほしいのだと思います。

ただこの日の母は、私がそばにいるせいか気分も落ち着いていて、お箸の使い方も問題なく、残さずきれいに食べました。「いつもはもうちょっと状態が悪いんですけど・・・」と職員の方は目論見がはずれたというような口調でおっしゃいます。参観日だけ良い子になる生徒の調子良さに、ちょっとイラッとくる教師の気分に似ているかも。「ご苦労をおかけして申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いします」と、保護者としてはひたすら低姿勢を貫きます。

この日は母の居室に『論語』のテキストのコピーがありました。こちらの老人ホームでは毎日、早口言葉や簡単な体操を組み合わせたリクリエーション(リハビリテーション?)の時間帯があります。そこで使ったもののようです。

「ママ、『論語』だね。一緒に読んでみよう」と誘ってみました。「子ののたまわく」、「学びて時にこれを習う」、「また説しからずや・・・」とちょっとずつ区切って真似してもらいました。母はなぜか「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」の「楽し」のところで必ず笑いだします。何回繰り返しても、「また楽し・・・ホホホ」と声を上げて笑います。

なぜここで笑うのか理由はわからないけれど、笑いは心身に良いはず。この日は母を笑わせたくて、『論語』ばかり10回も20回も繰り返してしまいました。

Photo

[久しぶりにうめぞうと再会。「この赤い色がいいわ〜」とセーターをほめる母]

[3日目]

症状が悪化したと聞いて、最終日はうめぞうも来てくれました。うめぞうは優しくいろんな話をしてくれます。うめぞうに会えてうれしい母は、「これ、とても良いわね〜」とうめぞうのセーターをほめ始めました。最近買ったばかりのヘンリー・コットンズのセーターです。

三日続けて娘夫婦がやって来て、「ほめる」「笑わせる」「優しくする」の連続で、母の調子もだいぶ回復しました。三日目にはだいぶスムーズに歩けるようにもなりました。症状の進行を心配し始めればキリがありませんし、どのような対処をしてもいずれはもっと不自由になってしまいます。せめて一緒に過ごせる短い時間は、無条件の愛情をそそぐ、それだけでいいと思った週末でした。

« 電波時計の日 | トップページ | 心の切り替え »

コメント

先日はお目にかかれて、とても楽しかったです。お母様の調子がそんなに変わっていたとは知らず、ごめんなさい。「年を取るって難しい」とまつこさまがぽつんと仰ったことを、せつない気持ちで思い出しています。でも、まつこさま達が甲斐甲斐しく通われて、お母様もさぞ安心なさったでしょう。相変わらず、上等のお洋服やバッグには敏感に反応されるところも微笑ましいです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

こちらこそご一緒していただき、楽しかったです。親の老いと直面すると、「負の磁場」に引き込まれるとも言います。その磁力に負けないプラス思考が必須です。物欲、食欲を枯渇させず、この局面を乗り切るぞ、と決意を新たにした京都での週末でした。今後ともよろしくお願いします!

ちなみに最終日、私の着ていたジョゼフのセーターに対し、母は無反応でした。うめぞうのセーターだけほめられました。ちょっと憮然としました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車椅子の母:

« 電波時計の日 | トップページ | 心の切り替え »