« 雪国 | トップページ | メタボ警報 »

2012年12月27日 (木)

冬休み

まつこです。

昨日の冷たい強風がおさまり、今朝は雲の合間から青空がのぞく良いお天気です。お日様が顔を出すと、雪景色がキラキラと輝いて息をのむほど美しいです。

Photo_2 

[雪国の景色]

このお天気を利用して、母の親友二人を訪ね、母の様子を伝えてきました。お二人とも農家の奥さんです。母が自宅にいたころは、季節の農作物をおいしくお料理して、よく母のところに持ってきてくださいました。母が穏やかに過ごしていると伝えると、心の底から安堵したように喜んでくれます。北国で忍耐強く生きる人たちの心の温かさを改めて強く感じました。

Photo_3

[雪中ウォーキングのために完全武装したまつこ]

真白な雪道を歩くのは、ちょっと大変だけれど、楽しくもあります。

Photo_4

[すっきりとした立ち姿]

田んぼの雪景色の中に溶け込むように、白い鷺(だと思う)が優雅に歩いているのを見ました。

Photo_5

[飛ぶ姿も美しい]

近づくとふわりと飛び立っていきました。

Photo_6

[うめぞう、何やってるの?]

雪国金沢で育ったうめぞうは、雪景色を見ると童心に戻ります。

Photo_7

[左端の大きいのがうめぞうの足跡]

「このちっちゃな足跡を見ると、みんなびっくりするんだよ~」とうれしそうに言っています。

母の友人たちからは、お餅、手作りこんにゃく、お漬け物、ネギ、ジャガイモ、大根、玉ねぎなど、たくさんいただきました。さっそくお夕飯にいただきました。

Photo_8

[太くて柔らかいネギと新潟のお米で作った自家製のお餅とブリ]

今晩はネギぶり鍋です。

Photo_9

[体が温まります]

ネギ、ぶり、小松菜をお出汁でしゃぶしゃぶして、ゆずポン酢でいただきました。おいしい!

Photo_10

[湯気の向こうに満面の笑顔]

夕食が終わると、うめぞうは友人と囲碁三昧。すっかり冬休み気分を満喫しています。

« 雪国 | トップページ | メタボ警報 »

コメント

ついこの間は美しい稲穂が広がっていたのに、今はこんなに雪が積もっているのですね。温暖化で季節感がなくなってきた日本ですが、新潟はまだ季節の移ろいが際立っていて美しいです。うめぞうさん作の雪の足跡、よくできていますね。え、どういうこと?と一瞬びっくりしました。どうか良いお年をお迎えください。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

雪の上の小さな足跡、驚いてもらって、うめぞうは喜んでいます。「あら~、かわいい足跡!」と感心してあげると、うめぞうは手が冷たくなるのも忘れていくつもこの足跡を作り続けます。私にはこの単純さの方が驚きです。

今年も一年間、楽しいコメントをどうもありがとうございました。
Pukiさんもどうぞ良い新年をお迎えください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬休み:

« 雪国 | トップページ | メタボ警報 »