« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

タイムカプセル

まつこです。

故郷へと向かう多くの帰省客と逆方向の列車に乗り、東京に戻ってきました。

先日、小学校から高校まで一緒だった同級生数名が集まりました。私以外は(元)男子(今は立派なおじさんたち)で、全員、東京で暮らしています。約20年ぶりの再会だったのですが、銀行員、エンジニア、医師などなど、それぞれに社会人として貫禄が出てきていました。

懐かしい昔話の中で、「あれ、まだ校庭に建っているよ」と話題になったものがあります。「タイムカプセル跡」です。

Dsc01391001_2
[このれんが造りのモニュメントの下にタイムカプセルを埋めました]

大阪万博の記憶がまだ新しい1973年、私たちは小学校を卒業しました。その頃、はやっていたのが、思い出を埋めるタイムカプセルです。

私たちの通っていた小学校では、レンガに一人ずつ自分の顔を彫り込むレリーフを作り、それを集めたモニュメントの土台に、タイムカプセルを埋めることになりました。

タイムカプセルは20歳になった時に掘り起こすことになっていましたが、その計画よりだいぶ遅れて、30歳になった頃、開けたのだったと記憶しています。中身はカビが生えてしまっていて残念だったのですが、レンガのモニュメントはそのまま残すことにしました。それが20年以上前のことです。

校舎も建て替えられ、40年前の卒業生が残したモニュメントなんて、てっきり撤去されたものと思っていました。残っていると聞き、久しぶりに小学校の校庭を訪ねて見てみました。

Dsc01393
[私のレリーフはたぶんこれだったと思うのですが…]

雪の中に古びたレンガ造りのモニュメントが建っていました。おお、懐かしい!身体が細くて力が弱かった私は、クギと金槌で彫り込むことがうまくできず、レリーフ造りに手こずったことまで思い出しました。

「二十歳(はたち)になったら開けようね」と計画した12歳の私たちには、二十歳なんてずっと遠い未来に思えていました。それがあっという間に20歳。みんな小学校に集まるような懐古的な気分ではありませんでした。多くが結婚して落ち着き始めた頃に再会し、なんとなく照れくさい気分のままタイムカプセルを開けたのが30歳・・・。

それからまたすでに20年以上が経過しました。このモニュメントを作ってから気がつけば40年がたとうとしています。作った子供たちはおじさん、おばさんになり、なかには亡くなった人もいるのですが、モニュメントは雪や雨にさらされて少し古びながらもあの頃のまま。校庭の片隅でそれを見つめて、ちょっと胸がキュンとしました。

2012年12月29日 (土)

メタボ警報

まつこです。

今日は新潟でもきれいな青空が出ました。

Photo

[特急北越号]

線路沿いの道を散歩すると遠くに見える雪山が青空に映えてきれいです。

Photo_2

[穏やかに晴れた里山の冬」

先日は真白になっていた田畑の雪もあっというまに消えました。

私たちが来ていることを知ると、ご近所の方や母の友人たちが、畑で採れたものや手作りの食材などいろんなものを持ってきてくださいます。

Photo_3

[地元の食材がたっぷり入ったおでん]

母の友人からは手作りのこんにゃくをいただきました。えぐみがまったくなくおさしみで食べてもおいしくいただけました。残りはおでんにいれました。大根も母の友人からいただいたものです。散歩している途中で農家の野菜直販のお店をのぞいたら、里芋の親いも(というらしい大きなお芋)を、ただで持っていっていいと、農家のおじさんがくださいました。これも下煮したあとおでんに投入。

Photo_4

[松前漬]

母の友人たちはおせち料理の準備も始めているらしく、細かく刻んだ沢庵やするめいかや数の子が入った松前漬も持ってきてくださいました。

Photo_6 

[えご]

「えご」という海藻を煮て溶かして固めた新潟の郷土料理があります。こちらも母の友人の手作り。こんにゃくとえごといい、手間のかかりそうなスローフードです。美容にも健康にも良いはず。

Photo_7

[うめぞうの心をわしづかみにするぜんざい]

さらに小豆の煮たのやお餅もたっぷりいただきました。お餅はうめぞうの好物です。小豆の煮たのはうめぞうの大好物です。

Photo_8

[きれいな色の甘エビ。すごーく甘い]

これにスーパーで買ってきた佐渡で採れた甘エビを添えて、新潟郷土料理のフルコース。

毎日おいしくいただくうちに、うめぞうが太り始めたようです。食事をしながらベルトを緩めています。メタボ警報発令中です。

2012年12月27日 (木)

冬休み

まつこです。

昨日の冷たい強風がおさまり、今朝は雲の合間から青空がのぞく良いお天気です。お日様が顔を出すと、雪景色がキラキラと輝いて息をのむほど美しいです。

Photo_2 

[雪国の景色]

このお天気を利用して、母の親友二人を訪ね、母の様子を伝えてきました。お二人とも農家の奥さんです。母が自宅にいたころは、季節の農作物をおいしくお料理して、よく母のところに持ってきてくださいました。母が穏やかに過ごしていると伝えると、心の底から安堵したように喜んでくれます。北国で忍耐強く生きる人たちの心の温かさを改めて強く感じました。

Photo_3

[雪中ウォーキングのために完全武装したまつこ]

真白な雪道を歩くのは、ちょっと大変だけれど、楽しくもあります。

Photo_4

[すっきりとした立ち姿]

田んぼの雪景色の中に溶け込むように、白い鷺(だと思う)が優雅に歩いているのを見ました。

Photo_5

[飛ぶ姿も美しい]

近づくとふわりと飛び立っていきました。

Photo_6

[うめぞう、何やってるの?]

雪国金沢で育ったうめぞうは、雪景色を見ると童心に戻ります。

Photo_7

[左端の大きいのがうめぞうの足跡]

「このちっちゃな足跡を見ると、みんなびっくりするんだよ~」とうれしそうに言っています。

母の友人たちからは、お餅、手作りこんにゃく、お漬け物、ネギ、ジャガイモ、大根、玉ねぎなど、たくさんいただきました。さっそくお夕飯にいただきました。

Photo_8

[太くて柔らかいネギと新潟のお米で作った自家製のお餅とブリ]

今晩はネギぶり鍋です。

Photo_9

[体が温まります]

ネギ、ぶり、小松菜をお出汁でしゃぶしゃぶして、ゆずポン酢でいただきました。おいしい!

Photo_10

[湯気の向こうに満面の笑顔]

夕食が終わると、うめぞうは友人と囲碁三昧。すっかり冬休み気分を満喫しています。

2012年12月26日 (水)

雪国

まつこです。

今朝の会話―

まつこ:寒そうだよ・・・本当に行くの?

うめぞう:行きたい!

まつこ:天気予報が吹雪って言っているよ・・・やめようよ。

うめぞう:行きたい!

Photo_3

[久しぶりの冬の新潟です]

うめぞうがどうしても来たいというので、冬の新潟にやってきました。うめぞうの頭の中では、雪国の静けさの中で書物と囲碁に没頭する川端康成みたいなイメージがふくれあがっていたようです。

でも真冬の空き家は、冷蔵庫の中より冷え切っていました。うめぞうも「ロシア人がウォッカを飲む理由がわかるな」と言っています。今晩はとりあえず書物と囲碁より、湯豆腐と熱燗で雪国気分を味わいます。

2012年12月24日 (月)

プレゼント大作戦(大人編)

まつこです。

今日はクリスマス・イブ。窓から見えるスカイツリーも、クリスマス用の色になっています。

Dsc01360
[いつもとは違う華やかな色のスカイツリー]

大人になるとクリスマス・プレゼントのやり取りなどしないという人もいますが、うちは私が年中行事が好きなので、クリスマス・プレゼントは必ず交換することにしています。ただし、大人(中年)なので、プレゼントに実用性を求めがち。

今年はうめぞうからのプレゼントは「ダイニング・テーブル」とキッチンの「ガステーブルのトップのプレートとゴトク」です。私からは「ジムの来年の年会費」。要はそれぞれのボーナスで生活必需品を二人で分担して支払い、それを「クリスマス・プレゼント」と呼んでいるわけです。ガステーブルのゴトク(お鍋やフライパンがのる丸い部品)をもらってロマンティックな気分になるわけないのですが、それでも感謝の気持ちはわきます。感謝の気持ちって大切。クリスマスですから。

もうひとつうめぞうからもらったのは・・・

Dsc01377

[ルル・ギネスのポーチ各種]

ルル・ギネスのポーチです。実は先日、出勤する際に、前代未聞の忘れ物をしてしまいました。財布、カギ、教科書、時計・・・すべて忘れて出勤してしまったのです。買い物もできず、帰宅しても家にも入れず、授業をするにも教科書がない!バッグに入っていたのはハンカチと雑記帳だけ。

バッグの中身を別のバッグに入れ替える際にあわてていて、必要なものを取り出して不要のものだけ持って出てしまったのです。前夜深夜に帰宅、数時間の睡眠の後、早朝出勤とはいえ、自分のドジぶりに唖然としてしまいました。

うめぞうからバッグ・イン・バッグみたいなもので鞄の中身を整理するように命じられました。「君の場合はブランドものの小型バッグとかポーチとかにしないとうまくいかないよ」という指摘は的を射ています。

というわけで、ルル・ギネスのポーチがクリスマス・プレゼントになりました。可愛いデザインなので気分もあがります。これで2013年は忘れ物がなくなるでしょう。

Dsc01369

[Merry Christmas!]

2012年12月22日 (土)

プレゼント大作戦

まつこです。

クリスマスまであと数日。急いでプレゼントを求めて買い物をしている人も多いのではないかと思います。

Photo
[母と弟と私]

先週末は京都出張のついでに、大阪の母を訪ねました。老人ホームもクリスマスの飾り付けがされていて華やかです。弟夫婦、うめぞうもやってきて、ツリーの前で何枚も写真をとりました。

Photo_2
[プレゼントの箱が気になる母]

母はクリスマス・ツリーそのものより、ツリーの足下に置かれているプレゼントの箱が気になって仕方がないようです。「あら〜、これ誰にあげるのかしら?」「何が入っているのかしら?」と繰り返し聞いていました。

様々な思い出がどんどんと深い霧の中に消えていくように、母は記憶を失っています。そんな母に、たぶん覚えていないだろうと思いながらも、「プレゼントを隠しておくために、ママはタバコ屋のおばあちゃんに頼んでプレゼントを預かってもらっていたよね?」と聞いてみました。すると、覚えていました!

「そうなのよ、そうしないとあなたたちが、私が仕事でいない昼の間に探しちゃうでしょう。だから頼んで置いといてもらったのよ・・・」と思い出話しをし始めました。

子供にとってはクリスマスは1年で一番楽しみな日です。子供たちの喜び驚く顔を見ることは親にとっても幸せな経験です。そのために母は何か口実を作って有給休暇をとり、プレゼントを買いに出かけ、そのプレゼントをご近所のお宅に預かってもらっていたのです。クリスマス・イブの晩に、私たちが寝付いてから、母はタバコ屋までそれを引き取りにいっていたらしいです。

ちなみに有給休暇をとって(学校さぼって)、プレゼントを買いに行ったことは忘れていました。「そんな・・・子供のためとはいえ、仕事を休んだりはしないわよ」 と言っています。ここまで認知症が進んでも、都合の良い記憶と都合の悪い記憶の振り分けはするのだと、妙に感心しました。

すでにサンタクロースはいないとわかっていた頃です。親はいったいいつプレゼントを買いにいくのだろう、24日になってもプレゼントを買って来た気配がないのはなぜだ・・・と不安なままベッドに入った私たちはなかなか寝付けませんでした。

次の日、目が覚めた時に枕元にプレゼントの箱を見つけた時の驚きは、今でも良い思い出です。

お子さんのいるご家庭では、今週末はこんな「プレゼント大作戦」が繰り広げられていることでしょう。パパとママの秘密の作戦の成功を祈っています。

2012年12月20日 (木)

芙蓉手

まつこです。

師走は寒くて忙しい!そんな時には鍋料理が簡単で温かくて最適。豚しゃぶ、豆乳鍋、たらちり、きりたんぽなど、いろいろありますが、今日は鴨鍋。

Dsc01321
[ネギは焼いてから入れると断然おいしい]

鍋料理だけだとちょっと食卓が寂しいので、前菜and/or箸休めなどあれば、主婦としての自己評価(自己満足度)があがります。今日は湯葉。

Dsc01323001
[芙蓉手のお皿に湯葉]

先日、有田で買ったお皿にのせてみました。

このお皿の模様は芙蓉手というのだそうです。藍色の伝統的な模様です。円周を四角い窓のような枠で区切って、その中に模様を描くのが特徴です。16世紀後半から17世紀にかけて明朝で作られ始め、ヨーロッパで人気が出たのですが、明朝末期に中国が内乱で混乱したため、この芙蓉手を模して伊万里で作られるようになったのだそうです。

ただ切っただけの湯葉も、藍色に映えて立派なお料理に見えます。いろんな色の料理に合うので、最近、最も使用頻度の高いお皿です。

湯葉、鴨鍋・・・

そうなるとやっぱり日本酒。

Dsc01326

[先月、新潟に行った時に買ってきたお酒、清泉。淡麗です]

師走のあわただしさを、しばし忘れるひとときです。

2012年12月14日 (金)

有田町

まつこです。

先週末の九州旅行は、福岡在住の先生を訪ねたり、若い友人夫妻と会ったり、久留米の大学に移った元同僚夫婦と再会したり、盛りだくさんのスケジュールでした。その合間に、私は元同僚の奥さんのKさんに案内してもらって有田を訪ねました。

「まずは有田焼の歴史を見てみましょう。ちょっとびっくりするような建物よ・・・」と連れていってもらったのが有田ポーセリン・パークです。

Dsc01269
[ドレスデンの陶器美術館に有田古陶器の大コレクションがあったことから、有田とマイセンは姉妹都市になったそうです。ドレスデンのツヴィンガー宮殿をそっくりに再現した博物館]

バロック様式の壮麗な建物を、忠実に再現した宮殿の中に、江戸時代や明治時代の有田焼の名品の数々が展示されていて、有田焼の歴史や様式の変化を概観することができます。

秀吉が朝鮮出兵で連れ帰った陶工たち、鍋島藩の支配、オランダ東インド会社を介してのヨーロッパへの輸出、明治期の殖産興業の重要な輸出品目・・・。世界の交易ネットワークの中に組み込まれた有田焼の歴史がわかって、たいへん興味深い博物館でした。

テーマパークを出れば、有田は窯の煙突がいくつも立ち並んでいる山あいの小さな町です。冬になると観光客もわずかで、ひっそりとしています。柿右衛門窯はそんな山里の景色にとけこんでいました。

Dsc01280
[柿右衛門窯]

こちらでは現在の14代目に至るまでの名作の数々が展示されています。同じような色や花柄を使いながらも作家の個性がはっきりと現れているのが興味深かったです。

Dsc01284
[柿右衛門の柿。青空、茅葺き、白壁、そして柿。素敵な景色です]

製品を買うこともできます。大きな壷は、何度もゼロを数え直して確かめましたが、630万円でした。小さな「ぐい呑」でも繊細な花柄と華やかな色がいかにも柿右衛門。「ぐい呑一つだけなら無理すれば買えなくもない・・・」とじっと見つめていたら、「まつこさん、買い物するならこのあとアウトレットに行くわよ」というKさんの声で、現実に戻りました。

お昼ご飯は、有田駅近くの「保名」という日本料理のお店に連れていってもらいました。アンティークの家具や食器が趣味良く配された素敵なお店です。「ごどうふ」という有田の名物をいただきました。豆乳とくずで作ったお豆腐です。ババロアみたいな口当たりで優しい味でした。

Dsc01271_2
[ごどうふ。食器も素敵]

ごどうふ、お刺身、吸い物のほかに、陶器の箱に入ったお弁当をいただきました。
Dsc01279_2
[陶箱弁当]

最後に深川製磁のチャイナ・オン・ザ・パークに連れていってもらいました。こちらのカフェでは当然ながら深川製磁の食器で、おいしいコーヒーが頂けます。

Photo
[有田を案内してくれたKさん]

もちろん買い物もできます。アウトレットもあります。私もちょっとだけ買い物しました。

有田焼の歴史も少しわかりかけて、がぜん興味がわいてきました。有田というのは、知識欲、食欲、そして物欲を多いに刺激する町でした。ぜひ再訪したいと思っています。

2012年12月 9日 (日)

ここはどこ?

まつこです。

週末に二泊三日の旅行をしてきました。写真をご覧になって行き先がお分かりになるでしょうか。

Photo
[ツヴィンガー宮殿]

Dsc01304
[グリュー・ヴァインの香りがただようヴァイナハツ・マルクト]

なんと二泊三日のドイツ旅行!

・・・ではありません。

行き先は九州。上のドレスデンのツヴィンガー宮殿にそっくりなのは有田のポーセリン・パーク。下のドイツ風クリスマス・マーケットは九州から戻った後に立ち寄った六本木ヒルズの中です。

日本人って、真似するのが好きなんですね。有田の静かな山里に突如、ザクセン王国の宮殿が見えて来た時には度肝を抜かれました。六本木ヒルズでは昨年、ベルリンで経験したのと同じグリューヴァインの甘い匂いが漂っていました。よくこれだけそっくりに再現したものだと驚嘆します。

旅の詳しい報告はまた後ほど。

2012年12月 6日 (木)

米寿

まつこです。

12月4日はうめぞうのお母さんの誕生日。88歳です。

Dsc01167_2
[美々卯のうどんすき。2人前から配送してくれます。かなり量がたっぷりしています。この写真でだいたい2人前]

忙しいヨメは今回のバースデーも既製品の力を借りました。今回は美々卯のうどんすきの宅配を頼みました。お義父さんもお義母さんもおいしいと言ってたくさん食べてくれました。

食事の前にお義父さんが急に改まった口調になりました。「長い間、不平も言わず、よく家族のために尽くしてくれました。本当にありがとう。」

うめぞうの実家は、お義父さんが働き、お義母さんが専業主婦で、夫唱婦随の伝統的家族文化が保たれていました。お義母さんが家族のために家事をするのは当たり前で、お義父さんが感謝の言葉を述べたことはこれまで一度もなかったそうです。

88歳のお誕生日に、長く連れ添った夫から初めて感謝の言葉を言われて、お義母さんも感無量のようでした。大きな、大きな、プレゼントをもらって、目をうるませていました。心に残るお誕生会でした。

10月にうめパパが99歳、11月にまつママが77歳、12月にうめママが88歳。白寿、米寿、喜寿がそろいました。それぞれ、要介護、要支援ではありますが、こうして家族としての時間を分かち合うことができて幸せです。身体が不自由であったり、いろいろ障害があるのは高齢者なら当たり前。年老いて不自由なことがある時にこそ、いたわり合える長寿夫婦になれるよう、ウメマツも義父母を見習いたいと思います。

2012年12月 4日 (火)

夫の趣味

まつこです。

うめぞうの趣味のひとつは囲碁。本もこんなに持っています。

Dsc01147
[囲碁の本]

なかなか研究熱心です。しかし、これらの本がどこに置いてあるかが問題です。

Dsc01158
[すみません、こんな写真をお見せして・・・]

よりによってトイレのお手洗いの棚の中です。うめぞうはトイレに長時間、こもっていることがしばしばあります。あまりに長いと、「ひょっとして中で倒れているのでは?」と心配になります。でもたいてい、布石の構想について研究しているらしいです。

ま、囲碁はお金もかからないし、頭の体操にもなるし、夫の趣味としては悪くないのですが・・・。

ちなみに我が家のトイレにはこんな彫像も飾ってあります。

Dsc01157
[Goddess of Health]

ギリシアのお土産で「健康の女神」の像です。この女神がうめぞうの棋力アップもかなえてくれることを祈っています。

2012年12月 1日 (土)

クリスマス・スピリット

まつこです。

いよいよ12月。冬の到来です。寒い季節ですが、クリスマスのイルミネーションや飾り付けをみると、ちょっとウキウキした気分にもなります。

Dsc01124
[玄関のリース]

我が家も玄関にリースを飾ってみました。

でも・・・

朝は大慌てで出て行くので見ていない。帰宅した時は暗くなっているので、やはり見ない。飾ってはみたものの玄関のリースって、あまり見ないものですね。このリースを一番良く見ているのは、いつもの宅急便の配達の人かもしれません。

朝ご飯もちょっとクリスマス気分を先取りしてこんなパンを食べてみました。

Dsc01131
[Paulのパン]

こうやって季節感を味わうのは、心の贅沢です。遠距離介護していた一昨年や、母が老人ホームに入った一年目の昨年は、こんなふうに楽しむ心の余裕はありませんでした。たった今、介護や病気など様々な苦労を背負っていらっしゃる方たちにも、こんな心がほっとする時間を分けてあげたいなあ、と思います。

他者を思いやる気持ちがクリスマス・スピリット。ささやかでも誰か他の人のために自分ができることはないかと思う心の余裕も持ち続けたい季節です。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »