« どら焼き | トップページ | 朝の光 »

2012年11月24日 (土)

ホリデー・シーズン

まつこです。

今日は大阪の母を訪ねてきました。今日の東海道新幹線は大混雑。3連休に京都観光を楽しむ人が多いようです。私もたまには一泊して京都のお寺の庭でもゆっくり眺めてみたいとちょっと思いながら、今日もとんぼ返り。「行ったり来たり、あなたも忙しいわね〜」と言いながら母は手を振って見送ってくれました。

老人ホームでは職員の方たちがクリスマスの飾り付けを始めていました。アメリカでも感謝祭が終わって、ホリデー・シーズン。私も、帰宅後、クリスマス・ツリーを出しました。

Dsc01118_2
[例年通りの飾り付け]

クリスマス・ツリーの飾り付け作業をしながら流していた音楽はスーザン・ボイルの新アルバム、Standing Ovation 。数日前にBBCのインタビュー番組に出て、新アルバムの宣伝をしていました。3年前に突然、世界中の注目を浴びた頃に比べればずいぶんマスコミ慣れしたようですが、学習障害でいじめられた経験や、母の思い出の残る小さな家に一人で暮らす生活を、問われるがままに訛りの強い素朴な口調で話しているのを聞いたら、ちょっと切ない感じがしました。

Dsc01121
[スーザン・ボイル4枚目のアルバム、Standing Ovation]

Standing Ovationはよく知られたミュージカル・ナンバーを集めたアルバムです。大ファンだったというダニー・オズモンドとデュエットもしています。名声と富を得ても純朴なままのスーザンですが、インタビューの終わりで、彼女を世に出したサイモン・コーウェルをどう思うかと問われ、「答え方に気をつけなくちゃ。彼は頭が良くて抜け目のない人ね」(clever and shrewd)と答えていました。この巧みな返答を聞いたら、隠れた才能を発掘しては食い物にする残酷なショービジネス界の中で、スーザンも成長したんだなあと思いました。

素直な伸びやかな声で歌うミュージカル名曲集は、ホリデー・シーズンにちょうど良い一枚です。クリスマス・ツリーのイルミネーションとちょっとセンチメンタルなポップ・ミュージックと甘いお菓子があれば、冬の長い夜も楽しくなります。

« どら焼き | トップページ | 朝の光 »

コメント

まつこさま

あっという間にもうクリスマスですね。
お忙しいでしょうに、大阪への往復、ツリーの飾り付け、一体どうやってタイム・マネジメントをされているのか、感心するばかりです。でも、季節を感じるイベントって良いですよね。

いつも感心するのですが、うめまつ邸のツリーは大きくて立派です。我が家のは多分この3分の1ぐらいでしょうか。インテリアともマッチしていて、何だか北欧のお部屋のようで素敵です。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

タイム・マネジメントねえ・・・。私の場合、やらなければならないことよりも、やりたいことを優先してしまうので、いつも仕事が後回しになって切羽詰まっています。バタバタしている間に、今年もそろそろ終わりです。それでもクリスマス・ツリーは飾りたい!

Pukiさま、コメントありがとうございます。

このツリーは下から見上げるように写真を撮ったため、大きく見えているだけですよ。神戸の会社から通販で買ったものですが、「日本の狭い家のためにデザインしたスリムタイプのツリー」だそうです。でも小さくても、細くても、ツリーを飾るとちょっとうれしい気分になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/56177185

この記事へのトラックバック一覧です: ホリデー・シーズン:

« どら焼き | トップページ | 朝の光 »