« 脱自然派宣言 | トップページ | われ、それ風とならんかな »

2012年11月 1日 (木)

喜寿

まつこです。

今日から11月。東京も空が澄み渡って、早朝には朝焼けがきれいです。

Dsc01008
[朝6時過ぎくらいの東の空]

今日は母の誕生日。77歳です。朝から何度か電話をかけてはみるものの、母は受話器を取りません。最近、ベッドで眠っている時間が長くなり、電話の呼び出し音にも反応しなくなってしまいました。

仕方がない・・・と思いながら、少し寂しい気持ちで秋の空を眺めていると、午後になって義妹からメールが届きました。「おかあさんの誕生日ですね」というタイトルで、写真が添付されていました。

Photo
[義妹がケーキを持って母を訪ねてくれました]

メールを見てすぐに電話をしてみると、義妹はまだ母の居室にいてくれて、電話を取り次いでくれました。

まつこ:「今日はママの誕生日だよ。77歳だよ。おめでとう。」
母:「え、私の誕生日? ちっとも知らなかったわ。」
まつこ:「77歳だよ。元気で誕生日を迎えられてよかったね。」
母:「そう、子供の頃は病弱だったのにね。」
まつこ:「誕生日のお祝いしてもらってよかったね。」
母:「え? 誕生日? 知らなかったわ。」(会話冒頭部分に戻る。以下同文。)

たったこれだけの内容の会話ですが、誕生日に声が聞けて良かったです。ささやかな喜びですが、いちおう「喜寿」。「ママ、77歳だよ。おめでとう!」を5分程度の長さの電話で、10回くらい繰り返した誕生日でした。

« 脱自然派宣言 | トップページ | われ、それ風とならんかな »

コメント

まつこさん

遅くなってしまいましたが、お母様お誕生日おめでとうございます。

義妹さんのお助けでお母様のお声が聞けて、また直接まつこさんからおめでとうが言えたこと、良かったですね!

ささやかな喜び・・・とってもよく分かります。
忘れてしまうことや出来ないことは考えず、出来たことを喜ぶ。
これが介護者にとっても被介護者にとっても一番大切で幸せなことだと思います。

東京の空、朝焼けは見ることができませんが、晩秋から冬にかけての夕焼け、私は大好きです。

翡翠さん、コメントありがとうございます。

先週の週末に大阪に行き、二日遅れのプレゼントを渡してきました。弟と三人でホームの周囲を散歩したのですが、10メートルも歩くとくたびれてしまって、足腰がどんどん弱くなっているようです。

少し先を歩く弟の後ろ姿を見ながら、弟が子供だった頃の思い出話をしたら、「あっというまに大人になるものね…」と感慨深そうに言っていました。弟のことを久々に息子だと認識した瞬間でした。これもささやかな喜びの一瞬でした。

夕陽に浮かぶ富士山がきれいな季節ですね。銀杏や欅の紅葉も秋空に映えて、秋は東京が美しくなる季節。人生の秋も豊かに美しく生きたいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜寿:

« 脱自然派宣言 | トップページ | われ、それ風とならんかな »