« ドン・キホーテ | トップページ | 喜寿 »

2012年10月31日 (水)

脱自然派宣言

まつこです。

ウォ〜、ハロウィンの仮装!

Dsc01018_2
[「こわいよ〜」と逃げ出すうめぞう]

・・・ではなく、使い終わった後の美容マスクです。

この数年、化粧品は自然派にこだわっていました。「脱ケミカル」「パラペン不使用」などの表記に敏感に反応し、ドイツのナチュラル・オーガニック・ブランドのパックや、フランスのシアバター専門のスキンケア・ブランドのクリームなどを、わざわざ海外から通販で購入したり、人権擁護団体の販売する美容液まで試してきました。

しかし・・・

鏡を見るたび、うーん、これはまずい、もはや自然派のイデオロギーにこだわっている余裕はないという、危機感が次第に強まってきました。シワがあっても、シミがあっても、動じないのが真性ナチュラリストでしょうが、私はあっさり宗旨替え。肌にハリや透明感が戻ってくるなら、ナノテクノロジーでも複合ポリマーでもシリコーンでもなんでも使えるものは使いたい!合成化学物質は長期的には肌に有害だとしても、もはや長期的憂慮なんぞ、気にする必要はない。30年後、私が80代になる頃には、iPS細胞の美容応用だって実現しているかもしれないし。

というわけで、脱自然派宣言です。数週間前から某メーカーの美容液を惜しげなくバシャバシャと朝晩使っています。

昨日の午後、少し空いた時間があったので、デパートにその美容液を買い足しに行きました。平日の午後の日本橋高島屋の化粧品売り場は、予想以上に混んでいました。ランコムもエスティ・ローダーもディオールでも、カウンターはゆったりと買い物を楽しむご高齢のマダムの姿が目立ちます。60代以上の世代で比較的経済的余裕のある人たちが、アンチエイジングをうたった高機能化粧品の重要なターゲット・マーケットだということがよくわかりました。

うーむ、私もそのマーケットの一部なのね・・・と、若干、複雑な気分になりながら、買って来たマスクをベタリと顔に貼り付けて秋の夜を過ごしています。

« ドン・キホーテ | トップページ | 喜寿 »

コメント

まつこさま、

素敵ですー、脱自然派宣言。

顔の皺やシミは高機能化粧品、白髪はヘアカラー、そしてネックラインの衰えは黒いタートルネックセーターで隠していつまでもお若くいてくださいね。

わたしも夫の食事の世話などで急激にしわしわになった手をいたわって高級クリームでもつけて気分をあげてみます・・・。

みすぷりんさま、コメントありがとうございます。

ぷりんちゃんの手はふっくらしていて、可愛らしいのに、それが水仕事で荒れてしまうなんて残念…。ぜひリッチなクリームで丹念にお手入れしてくださいね。

老化を補うもう一つの強い武器は、やはりゴージャスなアクセサリーでしょう。首のシワから目をそらし、顔色を華やかに見せてくれるのは、大ぶりできらびやかなネックレス。そろそろボーナスの季節ですしね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/56014569

この記事へのトラックバック一覧です: 脱自然派宣言:

« ドン・キホーテ | トップページ | 喜寿 »