« 青空に飛行船 | トップページ | 残暑克服料理 »

2012年9月 8日 (土)

アヌシー湖のハーブ・ティー

まつこです。

この数日、イギリスのメディアはアヌシー湖畔の山中でおきた殺害事件の報道でもちきりです。両親が殺されてからようやく8時間後に、4歳の女の子が母親の遺体の下で生き延びていたことが判明し、衝撃的ニュースとして伝えられています。また犠牲者の一人がイラク系イギリス人で、公安警察の監視対象となっていたこともあり、「スパイ」だったのではないかという憶測もあります。

それにしてもあんなに美しい自然の中で、無惨な流血沙汰が起きるなんて・・・。

Dsc00135
[アヌシー湖はウォータ・スポーツが盛んで、家族連れでキャンプに来ている人もたくさんいます]

日頃、静かな生活をしている地元の人たちは、物騒な事件のせいで注目を集めることになり、さぞ気分が落ち着かないことでしょう。

Dsc00390
[タロワールの対岸デュアンという村のお城です]

この事件のせいで、美しく楽しい観光地というイメージが損なわれるのが残念です。

ちょっとだけでもイメージ回復のためにアヌシー湖畔の村のお土産を披露します。

Dsc00893
[消化を助けるハーブティー]

Les 2 Marmottesというメーカーのハーブ・ティーです。"Bonne Digestion"と書かれているように消化を助ける働きがあるそうです。優しい風味で気持ちの落ち着くお茶です。

Les 2 Marmottesは「2匹のマルモット」という意味で、アルプスに自生するハーブをブレンドしたお茶を作る会社のようです。気に入って日本でも売っていないかと探してみたらDean and Delucaで扱っているようなのですが、ものすごく高くてびっくりしました。フランス語表記しかないのですが、Les 2 MarmottesのHPから通販で買えるようなので、 今度試してみようと思っています。

Dsc00127
[マントン・サン・ベルナール村にスーパーは1軒だけ]

村のスーパーでは400円くらいだったように思います。マントン・サン・ベルナールにはスーパーが1軒あるだけなのですが、ハイシーズンの7月8月でも平日はお昼休みに閉まってしまいます。

営業時間の看板を見て、「うめぞう、この内容を覚えておいて!」と命令したのですが、「ええっと・・・ディマンシュって日曜日だよね・・・」と頼りになりません。私たち二人ともフランス語判読力も記憶力も心もとない状態なので、メモ代わりにデジカメで撮影しました。自分たちの影や青空も映り込んでいて、意外にもこんな写真から旅の楽しい気分がよみがえります。

早く事件の捜査が終わって、アヌシー湖の美しい自然から血なまぐさい出来事の記憶が一日も早く薄れていくように願っています。

« 青空に飛行船 | トップページ | 残暑克服料理 »

コメント

まつこさま

美しいリゾートとして記憶に新しい場所が恐ろしい事件の舞台になるなんて、自分の中の記憶まで影を落とすようで嫌なものですね。遺産相続のゴタゴタだとも言われているようですが、人間の欲望は美しい自然を背景にすると、より醜く映ります。

ハーブティーといえば、ポワロの愛好するティザーヌの成分が気になりませんか? 灰色の細胞を活性化するというのは一体?

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

直後にキャメロンとオランドが共同で会見していたので、すわ、「国家の謀略か!報復でまたどこかで諜報員が消されるだろうか?MI5とMI6のかけひきか・・・」と、盛り上がった人も多いみたいです(みんなspooks見ているから)。

フランスのスーパーではハーブティーのいろんなブレンドを見ました。フランス語でシャレた名前がついているので、効用がもうひとつわかりかねるのですが、なんかおしゃれ〜。英語でdetoxとかrelaxとか書かれていてもそれほどそそられません。まったくのミーハーなコンプレックスです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アヌシー湖のハーブ・ティー:

« 青空に飛行船 | トップページ | 残暑克服料理 »