« にっぽんの秋 | トップページ | 敬老の日! »

2012年9月16日 (日)

根津神社の秋祭り

まつこです。

窓の外から、祭り囃子の音が聞こえてきます。根津神社のお祭りです。
Dsc00930
[お参りをする人たちの列]

近所を歩いてみると、あちらこちらに寄合所がもうけられ、町内ごとの御神輿が据えられています。

今は行政区画が整理されていますが、お祭りになると江戸時代以来の町名が復活します追分町、蓬莱町、東片町、肴町など、今は使われていない小さな町内ごとの名前が染め抜かれた提灯や旗が古い町の面影をよみがえらせます。

Dsc00931
[根津神社の唐門]

お祭りが近づくと、住んでいるマンションの郵便受けにも、お祭りへの参加を促すチラシが入ります。高層化したマンションでは地元の行事には無関心な人が多く、御神輿の担ぎ手が不足しているようです。本当はマンションの居住者も地元の様々な行事に参加したほうが、地域の活性化につながるのでしょうけれど。

まるで密閉容器のようなマンションの個室にも、祭り囃子の音は入り込んできます。住んでいる土地への愛着を育てるよう促す音色に聞こえます。

« にっぽんの秋 | トップページ | 敬老の日! »

コメント

昔の町ごとのお神輿、風情があっていいですね。私が住んでいる地域も祭りの文化が盛んらしく、マンションだけで「子供神輿」など4基もあります(爆)。全然風情はないものの、自治会の人が担ぎ手募集に各戸訪問する時期になると、秋の訪れを感じます。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

神輿が4基もあるなんて、大きなマンションなんですね。子供のいる家庭は、子供神輿とか学校行事などを通して地域とのつながりも作りやすいようですね。ま、そのうち老人のいる家庭が地域連携で支え合うために、いろんな老人用行事に参加することになるのかもしれませんが・・・。

まつこさま こんばんは

お住まいの近くは、本当に文化的で羨ましいです。さすがに名刹だけあって、大変な人出ですね。
我が家の近所はかつての円谷プロがあったために、商店街は常にウルトラマンです。ファンには嬉しいでしょうけれど、年がら年中ウルトラマン・ソングが聞こえてくるというのは、どうも。。。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

お祭りとなると露天はどこも同じようなもので、お好み焼きとかキャラクターすくいとか、子供が喜びそうなものばかりです。もうちょっと江戸情緒や歴史をうまく演出した露天があれば、もっと大人や外人観光客が楽しめるのではないかという気がするのですが。威勢の良い江戸の町人に扮した売り子さんとか、ホットドッグも藍染めののれんの露天で売るとか、AKB48の浮世絵とか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/55670007

この記事へのトラックバック一覧です: 根津神社の秋祭り:

« にっぽんの秋 | トップページ | 敬老の日! »