« 雨の新潟 | トップページ | 根津神社の秋祭り »

2012年9月12日 (水)

にっぽんの秋

まつこです。

新潟、今日は快晴。さわやかな秋の一日です。

散歩に出かけてみるとこんな景色―

Photo

[にっぽんの秋]

黄金色に色づいた稲の収穫の季節です。広々とした田んぼを、大きな機械がグイグイと進んで、きれいに稲が刈り取られていきます。

Photo_2

[早く新米食べたいなあ!]

契約している農家を訪ねて発送をお願いしてきました。いつもより暑かった今年の夏ですが、稲は順調に実ったそうです。

Photo_3

[サンマ(大根おろしの位置が間違ってますか?)、栃尾揚げ(新潟名物の分厚い油揚げ)、地元のお魚のお刺身(イシダイとカンパチ)、なすとキュウリの塩もみ]

散歩してお腹がすいたら、お夕飯。今日はサンマの塩焼き。ああ、にっぽんの秋です。

Photo_4

[ノン・アルコール・ビールで乾杯]

うめぞうは今日はノン・アルコール・ビール。その訳は・・・

Photo_5

[我が家の幽玄の間]

夕食後、碁敵がやってくるからです。このKさん、我が家を設計してくださった建築家ですが大の囲碁好き。棋力もうめぞうとちょうと同じくらいなので、二人とも対局を楽しみにしています。うめぞうは新潟に到着すると、まずはこのKさんに電話します。Kさんも仕事を早めに切り上げてイソイソとやってきます。

秋の夜も更けていますが、二人の対局はまだまだ終わりそうもありません。

« 雨の新潟 | トップページ | 根津神社の秋祭り »

コメント

まつこさま こんばんは

フランス、英国、そして日本の新潟。いずれもそれぞれの興趣豊かですね! でもやっぱり秋はサンマ! というのが日本人。お二人とも旅の疲れを癒してくれる風景と味覚で、新学期への元気をつけて下さいね。
私もサンマが食べたくなりました。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

東京のマンションは臭いがこもってしまうので、サンマは新潟でしか料理しません。うめぞう、感涙にふけりながらサンマ食べています。

それにしても魚のおいしさとか、黄金色の稲穂が風に揺れる景色の情緒とか、そういうのは大人にならないとわかりませんね~。年を取る方がいいこともあるんですね。

こんばんは。お久しぶりです。

やっぱり好敵手との一戦は楽しみなのですね~。
ウチの父も、1ヶ月に一度ホーム&アウェイ方式で真剣試合をするお相手がいるんです。
もうすぐ90歳になるというのに1時間半かけていそいそと出かけていきます。
でも、そうまでしても一戦を交えたい燃えるお相手らしいのです。
その方と打つ前はかなり勉強してますし。(笑)
その方の名前や連絡先はお家は知っているけれど、それ以外の事はほとんど知らないというほど、囲碁のみで繋がっている仲。
そんな楽しみもあるのが囲碁なのですね。
老人ホームでは囲碁クラブのお年寄りが一番呆けないと言うし、私もやってみようかなーなんて思う今日この頃です。
まつこさまは囲碁をやられるのですか?

hiyokoさん、コメントありがとうございます。

お父様、お元気そうですね。本当にお好きでいらっしゃるのですね。うめぞうが一度お手合わせをお願いしたいと言っています。

老後に熱中できる趣味があるっていいですよね。私も少しは囲碁をやるのですが、不勉強でなかなか強くなりません。でも囲碁はハンディをつけられるゲームなので、たっぷりハンディをつけてうめぞうと対戦します。たとえハンディつきでも、うめぞうに勝った時は実に気分がいいです。

hiyokoさんもお父様に手ほどきをうけられてはいかがですか。将来、どこかの老人ホームで一緒にレディーズ囲碁やりましょう!

私も何だか猛烈に新米が食べたくなりました。来月の秋田出張にかける情熱が俄然高まります(キリッ)。きりたんぽ計画、順調に進行中です♪

Pukiさん、コメントありがとうございます。

きりたんぽ計画の方は着々と準備が進んでいるようですね。本務の方の準備もなんとかせねば・・・と、いささか焦っております

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にっぽんの秋:

« 雨の新潟 | トップページ | 根津神社の秋祭り »