« 根津神社の秋祭り | トップページ | ギニョールと温度計 »

2012年9月17日 (月)

敬老の日!

まつこです。

三連休の最終日、ジムに出かけたうめぞうが、元気なく帰宅しました。「ボク、傷ついちゃった・・・」としょんぼりしています。理由を尋ねると・・・

Dsc00935_2
[小さなかわいいお饅頭]

ジムの受付でいつも通りに会員証を出したところ、受付の若い女の子がニッコリ笑顔で「スポーツを楽しんでいつまでもお元気でいてくださいね」と言いながら、プレゼントをさし出してくれたのだそうです。

えっ、敬老の日のプレゼント、ボクに・・・?ガーン!!!

というわけで、うめぞう、がっくり。

会員証の生年月日を見てプレゼントを出してくれたのなら、見た目で判断されたわけじゃないからいいじゃない、と慰めたのですが、うめぞうはおじいちゃん扱いされて不本意みたいです。

1949年生まれの63歳。確かに還暦は過ぎていますから、一昔前なら立派なおじいさん。今は65歳から高齢者として扱われるようです。でも映画館では60歳から割引サービスの対象です。どうやら63歳というのは、現役世代と前期高齢者の境目の微妙なお年頃のよう。

ジムでもらったプレゼントはお饅頭でした。血糖値をちょっと気にしているうめじいですが、夕食のデザートに美味しくいただきました。

« 根津神社の秋祭り | トップページ | ギニョールと温度計 »

コメント

まつこさん、こんにちは

直接は存じ上げませんが、、、ブログでのお姿やご様子、そしてうめぞうさんご自身が書かれる記事を拝見する限り、うめぞうさんが敬老の日のお祝いなんてえっ?? 当然ご本人が一番驚きますよね。

受付の決まりとして、生年月日を見て自動的に、というのも分からなくもないですが、40代でも60代に見える方もいれば、その逆もあり、今の世の中、特に見た目だけでは歳は分かりにくくなっていますね。

かくいう私も、正統派バサンを目指しつつ、常に実年齢マイナス5歳くらいは何とかキープしたいと密かに思っています。。。

翡翠さん
コメントをありがとうございます。
いや、よく考えてみれば(みなくても)、63歳なんて立派な爺さんですねえ。かつてうめぞうが愛読した作家を並べてみても、樋口一葉や北村透谷や石川啄木は20代、国木田独歩や芥川龍之介や宮沢賢治や太宰治は30代、有島武郎や坂口安吾は40代で世を去り、漱石や鴎外も私より若く亡くなっています。こう考えると、昔の人達は若い時に、密度の濃い時間を生き抜いていたようですね。それにしても、あまり愛読できなかった作家が、なんであんなに長生きなのか、荷風、谷崎、志賀…ううむ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/55683745

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日!:

« 根津神社の秋祭り | トップページ | ギニョールと温度計 »