« ピクニック | トップページ | サボワで食育 »

2012年8月15日 (水)

きっくら腰とThe Gurnsey Literary and Potato Peel Pie Society

まつこです。

連日の好天。外には今日もこんな風景が広がっています。

Dsc00460
[壮大なる岩山と牧場の広がる景色。サイクリングを楽しむ人も目立ちます]

それなのに私はこんな情けない格好で一日を過ごすはめに・・・

Dsc00476
[安静、安静・・・]

バス・タブで洗濯をしようとして腰をかがめたとたん、腰にギクリとした衝撃が。あーあ、また腰痛です。

今回のは痛みはあるものの歩いたり、トイレに行ったりするのは問題ない程度です。我が家では「ぎっくり腰」ほどひどくないこの状態を「きっくら腰」と呼んでいます。「ばあさん、またきっくら腰かい?」とうめぞうに笑われています。しかしここで無理をすると本格的ぎっくり腰になってしまう危険があるので、ここは安静が大切。

Dsc00479

[きっくら腰のせいで一気に読み終えた小説]

動けなくてがっかりですが、じっくり読書が楽しめました。The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Societyという小説です。ガンジー島はフランスのノルマンディー沖にあるイギリス王室属領のチャネル諸島の一つです。第二次世界大戦中はドイツ軍に占領されていました。

1980年にこの島をたまたま訪れたアメリカ人女性のMary Ann Shafferが占領下の島の歴史に興味を抱き、20年にわたって温めた題材を書簡小説にまとめたのが、The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Societyです。

村に暮らす実直な人々と、ロンドンの才気煥発な女性コラムニストの間で、偶然始まった文通。数多くの手紙のやり取りの中から次第に浮かび上がってくるのは、第二次世界大戦中の非人間的な状況の中で、勇気や思いやりや愛情を失わなかった人々のドラマです。主人公の女性コラムニストJulietが、廃墟になったロンドンから島へとやってきて、創作意欲と可愛らしい女性らしさを開花させるという筋書きもそこに重なってきます。

豊かな自然と人間の誠実さ、それらを破壊する戦争の冷酷さに、思わず涙する場面も満載。これは映画向きの題材と思って調べたところ、ケネス・ブラナー監督、ケイト・ウィンスレット主演で、映画化が決まっているそうです。完成が楽しみです。

« ピクニック | トップページ | サボワで食育 »

コメント

まつこさま

きっくら腰、具合はいかがですか? 旅先の不調は本当に悲しい。。。無理なさいませぬよう。のんびりベッドで読書というのもまた、優雅な休息と思って。

こちら、出発前に片付ける仕事が終わらず、汗をかきかき必死の形相。涼しいロンドンをニンジン代わりに頑張りま〜す。

きっくら腰、お気の毒です(涙)。でも、前回同様、あっと言う間に回復することでしょう。旅先で読むのにぴったりの本をチョイスしているところも、さすがです。それにしても、毎日見事な快晴ぶり。イギリスではなかなかこうはいきません。

Oh no, まつこさん、だいじょうぶですか?お大事に!!

こちらもようやく日本脱出に成功しました。あー、すずしい!

機内でThe most exotic marigold hotelというイギリス映画見たんだけど、まつこさん、JALでした?面白くて2回もみちゃいましたわ。

Slumdog Millionnaireの彼が出てました。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

旅先での不調は確かに悲しいことですが、仕方ないので、ダラダラ過ごしています。まあ、のんびりするのが目的のヴァカンスですから、これも良いかと。

もうじきご出発ですね。ロンドンで待ってま〜す。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

きっくら腰が長引き、2冊目を読んでいるのですが、こちらはちょっと趣味が合いませんでした。休暇に持って行く本を選ぶのは楽しいけれど、はずれた時はちょっとがっかり。仕事関係の本も持って来てはいるものの、この青空の下、なかなか開く気持ちになりません。

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

出張、おつかれさまです。

私はBAのプレミアム・エコノミーだったのですが、機材が古くて、スクリーンが手のひらサイズでした・・・。ガールダインドネシアかアエロフロートかという感じ。帰りはもう少し新しい飛行機に乗りたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きっくら腰とThe Gurnsey Literary and Potato Peel Pie Society:

« ピクニック | トップページ | サボワで食育 »