« タロワール | トップページ | コメントありがとうございます »

2012年8月12日 (日)

シャンブル・ドットLa Vallombreuse

まつこです。

私たちが宿泊しているのは、La Vallombreuseという名前の5部屋しか客室のない小さな宿です。いわゆるシャンブル・ドットと呼ばれる民宿です。

1_3  
[宿の正面。小さくシャンブル・ドットであることがわかる看板が出ています]

長期滞在するのであれば、ホテルよりも家庭的な雰囲気が味わえるシャンブル・ドットやB & Bの方がくつろげます。

Dsc00210_2

1_2
[梁がむき出しになった山小屋風の部屋です]

夏の休暇の宿を選ぶ際には・・・

1.静かで景色が良い(できれば趣のある古い建物)
2.インターネット接続ができる(できれば無料)
3.車がなくても大丈夫な所

この3条件を満たすところを探します。仕事もある程度する必要があるので、ネット接続は必須です。田舎の古い建物でもネット接続ができるところは増えています。

Dsc00330
[朝ご飯はブュッフェ形式]

毎朝、焼きたてのフランス・パン、フレッシュなチーズ、薫製の匂いが芳しい生ハムなどがいただけます。

1_4
[朝日の差し込むテーブルで食べるとなお美味しい]

このLa Vallombreuseは奥さんがアートに興味があり、公共のスペースの隅々までとても洗練された室内装飾になっています。古い建物にふさわしい古い家具がセンス良く配されています。

Dsc00204
[白いリヴィング・ルーム]

これらの古い家具は、ご夫婦がそれぞれの実家から受け継いだものだそうです。

Dsc00207
[赤いリヴィング・ルーム]

ここにはテレビがあるので、なでしこジャパンの応援をここでしました。

Dsc00205
[ダイニング・ルーム]

奥さんは世話好きでおしゃべりで、朝食の席にやってきては、いろんなアドヴァイスをしてくれます。居心地の良いシャンブル・ドットでのんびりした休暇を過ごしています。

« タロワール | トップページ | コメントありがとうございます »

コメント

まつこさま

わざわざ別立てにお返事いただきまして、恐縮です。
お泊まりのシャンブル・ドットがあまりに可愛らしいので、一言「可愛い!」と言わずにいられませんでした。いつもながら、まつこさまの調査能力に脱帽です。旅行って、泊まる場所に大いに左右されますもんね。今年も大当たり、拍手です。

オリンピックの開会式は見なかったのですが、閉会式には Queen と The Who が出演するという予告だったので食い入るるように見入ってしまいました。 Sir Brian May のトレードマークの巨大カーリーヘアーが真っ白になっていました。ああびっくり。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

本当にヴァカンス計画についやす熱意と綿密さを仕事に向けていたなら、今後はもうちょっと別の人生になっていたかも・・・と自分でも思います。

Brian Mayの白髪ですか・・・禿げたらイメージがもっと損なわれていたことでしょうね。あと30年後あたりにWilliam国王即位の式典でSpice Girlsがもう一度再結成したらVictoriaだって白髪にミニスカートかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャンブル・ドットLa Vallombreuse:

« タロワール | トップページ | コメントありがとうございます »