« コットン・クラブ:Joe Barbieri | トップページ | EUとは誰のことか »

2012年5月 3日 (木)

故郷の居酒屋

まつこです。

昨晩からうめぞうと二人で新潟に来ています。昨日は夕刻に到着。駅前の居酒屋から焼き魚の良い匂いが流れてきます。匂いにつられて、暖簾をくぐりそこで夕食。毎週の介護帰省していたころは、こんなふうに気ままに寄り道をするなんて想像もできませんでした。

きわめて庶民的なこの居酒屋。地元の港であがった魚を料理して出しています。盛り付けは素朴ですが、新鮮なお魚は甘味があってどれもおいしい。

Photo_2 

[マトウダイのお刺身]

Photo_3

[めばるのお刺身]

Photo_4

[ノドグロの塩焼き]

新潟のお酒で私のお気に入りは「吉乃川」。ほろ酔い気分になったところに、お店の人が「これはサービスです!」と持ってきてくれたものを見て、ウメマツともども酔いがさめました。

Photo_5

[生きているよ~、これ!]

「シロウオのおどりぐい」です。ダメ、ムリ、絶対に!私たちは二人とも怖がりです。生きている魚をそのまま口に入れるなんて、とうていできません。写真だけとって、お店の方に即座に下げてもらいました。世に珍味は数々あれど、これはたぶん一生食べられないままだろうなあ・・・。

« コットン・クラブ:Joe Barbieri | トップページ | EUとは誰のことか »

コメント

あ、そのシロウオの踊り、カミさんも自分も、家の近くの和食屋で食しましたです。味は…あまりわかりませんでした。しばらくは要らないと思います。

wombyさん、コメントありがとうございます。

え、食べたんですか・・・。勇気あるんですね。「お醤油つける場合は、跳ねるので頭の部分をお箸でつかんで・・・」という説明を聞いただけで真っ青。写真撮るときは腰が引けました。

箸は使いません。キュッと飲むんです。ま、若干カジカジもしてみましたが…。

wombyさん、コメントありがとうございます。

えっ、キュッと飲む〜!!! ずぇったいにムリです(断言)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の居酒屋:

« コットン・クラブ:Joe Barbieri | トップページ | EUとは誰のことか »