« 似顔絵 | トップページ | 京都の冬:永観堂 »

2012年3月14日 (水)

オレンジ・マジック

まつこです。

あの震災の日から1年。多くの人々にとって長く厳しい1年間だったと思います。テレビが被災地の惨状を伝えるのを見ながら、「世界が変わったのだから、私も変わらないといけないわね」と言って老人ホーム入居を決めた母も、住み慣れた郷里を離れてからほぼ1年たちました。

Photo

[今年の3月11日は研究会で関西に来ていたうめぞうと合流し、老人ホームの母を訪ねました。居室のドアはどれも同じなので、目印のため造花やぬいぐるみなどをつけます]

生活空間は広々とした家からこじんまりとした居室へ変わり、耳になじんだふるさとの訛りではなく、聞き慣れない関西弁で話しかけられ、見知らぬ人々に囲まれて暮らす生活。母にとっては大きなストレスだったと思いますが、なんとか無事に1年を過ごしてくれました。うめぞう相手に楽しそうにおしゃべりする母を見て、ほっと一息ついています。

3月11日はたまたたま私の誕生日。多くの人々の命が奪われた追悼の日です。あまり祝賀気分にもなれません。「プレゼント? いらない」と気合の入らない返事をしていました。おまけにこの数日、腰のあたりにだるい痛みが消えません。「ひょっとしてまたギックリ腰かしら、ああ、いやね~、年取るのって。え? 更年期障害かもしれない? やだ~・・・」実に精彩にかける誕生日です。

自粛気分で物欲も封じ込め、夕食までの時間つぶしに京都の人混みをぼんやり歩いていると、うめぞうから電話。「やっぱりプレゼント選ぼうよ! ○○○○のスカーフなんかどう? 僕、今、○○○○のお店にいるんだけど。」それを聞いて、血中のアドレナリン濃度が一気に高まりました。「うめぞう、○○○○のスカーフって高いんだよ! わかってるの?」

プレゼントなんかいらないと言っておきながら、お店に入ったとたん、心拍数はあがり、軽い興奮状態。なんだかんだと言いながら、馬車のマークのオレンジ色の袋を手にしたとたん、ハッと気づきました。腰痛が消えている!○○○○のブティックの中で腰をひねったり曲げたりしてみましたが、痛くもなんともありません。これぞオレンジ・マジック!

Photo_2

[オレンジ色の袋を手にすれば腰痛も消える。夜の祇園の風情もいいわ!]

腰痛、頭痛、不定愁訴に悩む中高年女性の皆さん、症状の劇的緩和の秘薬は物欲にスイッチを入れるロゴ・マークです。薄いブルーがお好きな方も、白地にきっぱり黒い文字がお好きな方もおられるでしょう。夢と欲望を美しい包装でくるみ込んだ袋をうやうやしく手渡されたとたん、あの悩みもこの悩みも、春の日ざしに照らされた淡い雪のようにまたたくまに消えていきます。(効果ばつぐんのこの処方、劇薬につき、家計の財政破綻を引き起こさない範囲でお試しください。)

Photo_3

[白木のカウンターでいただく創作フランス料理]

夕食は祇園にあるフランス料理屋さんKezakoへ。伝統的な和食の要素を取り込んだフランス料理をいただけます。フォアグラのコンフィを奈良漬のスライスでくるんだものや小さく切った大徳寺納豆の粒粒が載ったチョコレート・ムースなど、たっぷりおいしいものを堪能しました。やっぱり誕生日って楽しい!

« 似顔絵 | トップページ | 京都の冬:永観堂 »

コメント

まつこさま

京都でも黒タートルがよくお似合いです。

その素敵な装いをレベルアップすべく、黒マジックとこげ茶マジックも近いうちにお手元にとどくことでせう・・・。ふふふ、ゲットしました!

ぽにょさま、コメントありがとうございます。

両色ともありましたか!うれしいです。

並びにある、ぽにょさまお気に入りのニットウェアのショップにも立ち寄られましたか。

まつこさま、お誕生日おめでとうございます。私も3月生まれです!魚座はロマンチストですからね~。やっぱりちゃんとお誕生日はお祝いしないといけません。うめぞうさんとのツーショット写真、お幸せそうでとても素敵です。

Pukiさま、コメントありがとうございます。

Pukiさんも3月生まれなんですか! 3月生まれって、日本の教育制度では、「ま、どうせ最後でいいわ」みたいな醒めた態度になりやすい気がします。いかがでしょう。

京都はやっぱりいいですね。「そうだ 京都、行こう」という気分になっています。今度、京都で女子会しましょう!

まつこさん

遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。

オレンジの箱と紙袋、茶色のリボン・・・正にアレを手にした途端、自分自身が変わっていく気がします。
もう何年も○○○○のスカーフなんて買っても貰ってもいませんが・・・(笑)

楽しいお誕生日になって何よりでした。
また1年頑張ってまいりましょう♪

翡翠さん、コメントありがとうございます。

まさにアレです。その瞬間、腰痛が消えました。

こういう高級ブランドは若い子より、熟年女性の貫禄にこそふさわしい(力説)。ハリがあり、なめらかなシルクの生地は、首元のしわやたるみを隠すべきものです。つやをなくしくすんできた顔色だからこそ、美し発色のスカーフが映えるのです。

年をとるものいいものですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/54219094

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジ・マジック:

« 似顔絵 | トップページ | 京都の冬:永観堂 »