« 鉄の女の老と孤独:『マーガレット・サッチャー』 | トップページ | オータムポエム »

2012年3月25日 (日)

冬眠していた家

まつこです。

久しぶりに新潟に来ています。5か月ぶりくらいです。今年の冬はたいへんな豪雪だったと聞いていました。3月も終わり近くなり、ほぼ雪も消えただろうと思って来てみたのですが・・・

Photo

[到着してびっくり。まだ雪がある!]

ご近所はだいたい雪が消えているのに、我が家だけまだしっかり雪が残っていました。誰も住んでいない冷え切った家。長い冬の間、一度も雪かきもせず、人の出入りもなく、降った雪がそっとそのまま残っています。とりあえず雪かきしないと玄関にも行けません。うめぞう、到着するなり肉体労働。

Photo_2

[無残に傷んだ生垣。庭は荒れ放題。どうしたらよいものやら頭が痛い…]

地球温暖化しているし、雪吊りしなくてもなんとかなるのでは・・・と甘い予測をたてて放っておいた庭木は、豪雪の重みで、裂けたり折れたり。庭もすっかり荒れ果てていました。

玄関を開けると、ひんやりしてシーンとした空気が満ちています。ひっそりと静まりかえった家は、まるで冬眠しているようです。

窓を開けて空気を入れ、暖房で部屋を暖め、台所でせっせと料理。体の中を血液が流れるように、人の声が流れ始めてようやく家が息を吹き返したような気がします。

24

[家に生気を取り戻すには、家の中で笑い声がすることが大切。さあ、おいしいもの食べて楽しく過ごそう!]

Photo_3

[新潟はおいしいものがたくさんあります。24日の献立:甘エビ、めばるの煮付け、エゴ、がんもどきと里芋の煮物など。25日の献立:甘エビ、浅羽かれいの塩焼き、母のお友達が持ってきてくださったお赤飯など]

母がいなくなった空っぽの家は、やはり寂しいものです。でもうめぞうと二人、もう数日間ここでのんびり過ごして、家の生気を取り戻したいと思います。

« 鉄の女の老と孤独:『マーガレット・サッチャー』 | トップページ | オータムポエム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬眠していた家:

« 鉄の女の老と孤独:『マーガレット・サッチャー』 | トップページ | オータムポエム »