« 往年の輝き | トップページ | 『トスカーナの贋作』 »

2012年2月17日 (金)

和風ヴァレンタイン・デー

お久しぶりです。まつこです。

寒い日が続きますが、春まであとひといきです。東北で被災された方々、雪国で豪雪に耐えている方々に、一日も早く暖かい春の日ざしが届くよう祈っています。

Photo

[寒い冬、白クマくんも毛糸のマフラーを巻いています]

冬の寒い日には、せめて部屋の中は明るい春の花を飾りたくなります。花屋に行くとチューリップや水仙など春を先取りした花々が並んでいます。香り豊かな水仙を飾ったら、部屋いっぱいに香りが広がりました。

このところ忙しかったので、うめぞうはカギっ子状態。せめてヴァレンタイン・デーにはチョコレートくらいあげようと思って、近所のお気に入りの洋菓子屋ジャンヌ・トロワに行ったところ、押すな押すなの大混雑。あきらめて向かいの和菓子の三原堂へ。

Photo_2

[我が家のヴァレンタイン・デーはこれ]

三原堂とジャンヌ・トロワは同じ経営です。チョコレートの代わりにうめぞうの好物の鶯餅か桜餅でも買おうと思って入ったら、ヴァレンタイン・デー用の練り切りがありました。和菓子屋さんもいろいろ工夫していますね。

Photo_3

[お店のホームページから写真は拝借しました]

三原堂は昭和7年創業だそうです。実は最近、書道を始めたのですが、角川書店の高等学校用の書道の教科書(『書法Ⅰ』平成13年版)をパラパラとめくっていたら、見覚えのある看板の写真に目がとまりました。本郷三丁目の交差点にあるこの三原堂の看板の写真です。武田霞洞という明治から昭和の初期に活躍した有名な書家の手になるものだとか。いつも見慣れた看板の文字ですが、なんだかありがたみが増しました。

少しでも気持ちの余裕があると、見慣れた街の景色の中にもいろんなものが見つかります。少しずつ日ざしが強くなってくるこの季節、ご近所散策などしながら何か楽しい発見をしたいものです。

« 往年の輝き | トップページ | 『トスカーナの贋作』 »

コメント

まつこさん、こんにちは

ハートの練りきり、可愛らしいですね。
我ら中年には和菓子の方が健康にも良さそうです。

書道始められたのですね。
私もずっと習いたいと思っていました。
今はもう手一杯ですが、いずれ必ず!と思っています。
また、お話聞かせてくださいね~

翡翠さん、コメントありがとうございます。

最近、うめぞうは高血圧、高コレステロールなど、生活習慣病予備軍になっています。塩麹料理と和菓子のヴァレンタイン・デーです。

40代の半ばに書道少しやり始めたところで、母の介護が始まりいったん中断していたのですが、今月から再開。そろそろ老後の生活の充実を目指して、趣味の幅もあれこれ広げたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/54008451

この記事へのトラックバック一覧です: 和風ヴァレンタイン・デー:

« 往年の輝き | トップページ | 『トスカーナの贋作』 »