« 心のデトックス | トップページ | 老人ホームのクリスマス »

2011年12月 8日 (木)

目は口ほどにものを言う

まつこです。

ある日のおやつ。

Photo

[お、この眼差しは・・・]

フォションのエクレアです。見たとたん、「おいしそう」というより「おもしろい」と思って選んでしまいました。しかし、うめぞういわく、「睨まれているみたいで食べにくい。」

それにしてもこんな小さな部分だけで、まちがいなくレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』だとすぐにわかるのですから、目というのはずいぶん多くのことを語るものです。この目だけ見ると、モナ・リザは口元にわずかに微笑をたたえているものの、目は笑っていないことがあらためてはっきりします。

ではここでクイズ。

この目は誰?

Photo_6  

[表情があるようなないような微妙な目つき]

さらにもう一つ。

Photo_5

[こちらちょっとあやしい目つき]

いずれも有名なルネサンス絵画です。こうして部分だけ比べてみるのも面白いですね。(そういえば昔、フィレンツェで男性裸体彫刻の局部の写真だけ集めた絵ハガキがありました。)

ちなみにフォションのエクレア、洋酒の香りが濃厚な大人の味でした。おいしかったです。

« 心のデトックス | トップページ | 老人ホームのクリスマス »

コメント

まつこさま お久しぶりです

技術の革新ですよね〜、食べられる名画。モナ・リザなど、絵画の領域を越えてアイコンになっている名画って、色々な形でreproduceされるんですよね。
にしても、やっぱり「にらまれて食べにくい」感じは否めませんが。

モナ・リザに限らず、顔をかたどったお菓子って、食べにくくありません? 人形焼とかペコちゃん焼きとか、どこから食べよう?とか。

1番目はボッティチェリのヴィーナスですね? 2番目は降参〜

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

そうそう、私なんて(意外と)気が弱いので、蒸しパンにパンダの焼き印が押してあるだけで、食べにくい気分になっちゃいます。蒸しパン、好物なのに・・・。ウサギの形のチョコレートなんか絶対食べられません。

1番目、お見事正解です。2番目はティツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス」です。両方ともウフィツィですね。

まつこさん、こんにちは

このようなエクレアがあったのですね~
写真で見る限り表面にとても精巧にプリントされていますが、実物見てみたいです。
でも、さすがフォション!と言いたいところですが、やはり、パクリと食べるには一寸抵抗がありますね。

私も一番目は分かりましたけれど、二番目は検討もつかず、恥ずかしながら正解をみても絵が思い浮かばず、すぐネットで調べました。
1つ勉強になりました^^;;;

翡翠さん、コメントありがとうございます。

このモナ・リザが印刷されている部分は薄いチョコレートでした。エクレアと一緒だとちょっと食べにくいので、どうしてもベリッとはがして先に食べるという作法になります。

ウルビーノのヴィーナスをノートPCのデスクトップの背景にしていたことがありました。研修での会議中に、男性同僚から「ちょっとパソコン貸して」と言われ、それを渡したら、「おぉー」と歓声(驚愕)の声が上がりました。ちょっと危ない絵です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/53432644

この記事へのトラックバック一覧です: 目は口ほどにものを言う:

« 心のデトックス | トップページ | 老人ホームのクリスマス »