« 神様の音楽 | トップページ | 理性の声 »

2011年12月27日 (火)

Ich bin ein Berliner!

まつこです。

うめぞうが風邪をひいてしまいました。疲れと寒さのためでしょう。こういう状況で、貴重な旅の一日を無駄にしないためには、夫をホテルに一人残し、妻がショッピングを謳歌するというのが最善策です。夫は妻の買い物に付き合わされるという苦行から解放され、妻は夫の視線を気にすることなく買物三昧。これぞ一挙両得。ところが・・・

Photo

[どこも出かけるところがないなら朝から飲んじゃえ!]

ベルリンではクリスマスの翌日にはお店はほとんど閉まっているのです。ロンドンだと12月26日のボクシング・デーは冬のセールの第一日目で大騒ぎなのに。

仕方なく朝からシャンパンなど飲む私。今、宿泊しているホテルの朝食ビュッフェはなんと、シャンパン飲み放題なのです。スモークト・サーモンや生ハムも種類豊富に並んでいます。ゴホゴホ咳をしているうめぞうとは無関係に、朝から一人パーティ状態です。

Photo_2

[ゲメルデ・ギャラリー(絵画館)の建物はすっきりとしたデザインの建物に向って、アプローチが緩やかに傾斜しています]

朝食後、調べてみるとデパートは閉まっていますが美術館は開いていることが分かりました。酔いざましもかね、徒歩5分ほどのところにある絵画館まで一人出かけてみました。

Photo_3

[今日のお気に入りの一枚はカラヴァッジョの『愛の勝利』。フラッシュをたかなければ、写真も自由に撮れます」

これが予想以上に素晴らしい美術館でした。戦後東西ドイツに分散していたプロイセン王家のコレクションを、ドイツ統一後この絵画館に集めたのだそうです。ボッティチェリ、ラファエロ、フェルメール、レンブラント・・・。人の少ない静かな広々とした空間でじっくり見ることができます。

夜は少し元気になったうめぞうと二人、ドイツ語のミュージカルを見に行きました。ウード・リンデンベルクというドイツで人気のロック歌手の歌を土台にしたミュージカルです。

Photo_4

[タイトルのHinterm Horizontは『地平線のかなたに』という意味らしいです。ドイツ語のミュージカルを楽しめるかどうか、劇場に入る前はちょっと不安だった私ですが・・・]

東西に壁で分断されていた時代、1983年に東ドイツでライブ・コンサートを行い東側の若者たちの熱狂的な歓声を受けた歌手がウード・リンデンベルクです。(なんとなくジュリーのスター性と内田裕也のアナーキーな感じを合わせたようなイメージに見えました。)その歌手が東西の壁を超えて東側の若い女の子と恋に落ちる。

ドイツの人たちにとってはおなじみのヒットメドレーに乗って、若者の恋とその後の再会がベルリンの分断と統一の歴史を背景に描かれるという趣向のようでした。うめぞうから解説はあらかじめ聞いておいたのですが、いかんせんドイツ語なので、細かい展開がよくわからない。

それでもドキュメンタリー・フィルムの映像が舞台の人物たちと巧みに組み合わされている演出に助けられ、ある程度は想像がつきました。鉄条網をはさんで別れを告げ涙を流す家族や友人。命がけで亡命する人。社会主義国の広場で整然と演じられるマス・ゲーム。ホーネッカーの演説。そして歴史の波が大きくうねって東西統一へ。人々の熱狂の中、ブランデン・ブルク門が花火で明るく照らしだされる。

群衆の歓喜の中、ウード・リンデンベルクの熱い歌声が流れると、それまでぼんやりと舞台を見ていた私も、ここで一気に気分だけはベルリン市民。"Ich bin ein Berliner!"(私もベルリン市民!)と心の中で叫び、東西統一を喝采したのでした。

« 神様の音楽 | トップページ | 理性の声 »

コメント

まつこさま

朝食がシャンパン飲み放題?! ドイツでは当たり前なんですかね???(まさか) まつこさまの背後のお客さんたちも、朝からのんびり〜、という具合でしょうか。

美術館独り占め状態も羨ましい〜。のんびり自分のペースで見るって、案外難しいんですよね。

ドイツのミュージカル、なかなか質が高いものが多いそうですね。ただ、英語に翻訳されるものがないため(『エリザベート』にして然り)若干認知度が劣るとか。もったいない。でも、各国の状況に密接した内容のミュージカルはこれからどんどん増えるんでしょう。日本で見るのは難しいでしょうから、良い観劇をしましたね! 

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

並んでいるシャンパンの瓶を指さして「これは朝食に含まれているのですか」と念のため2回も聞いてしまいました。24日、25日は飲んでいる人がたくさんいました。このビュッフェ、おいしいものがずらりと並んでいてゲルマン的豪勢さです。感激。

私たちが見たミュージカルは、たぶんWe Will Rock YouとかMamma Miaと同じ路線だと思います。ジューク・ボックス・ミュージカルというのかしら、ヒット曲つなげて、それに物語をかぶせるタイプのです。日本でもオリジナルで作れそうですけどね。ヒデキとかジュリーとかセイコちゃんとかで。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ich bin ein Berliner!:

« 神様の音楽 | トップページ | 理性の声 »