« 小さい秋 | トップページ | もとの家族の時間 »

2011年11月 9日 (水)

にわか専業主婦

まつこです。

新潟で週末を過ごそうと言うと、うめぞうがうれしそうな顔をします。なんで、と聞いたら、答えは「あっちには専業主婦がいるから」。日頃、東京では、家には眠りに帰るだけ、という日も多い最近の私。確かにちょっと忙しすぎます。おのずとうめぞうはカギっ子状態。

Photo

[先週末、帰京の際の新幹線から見えたスキー場。もう晩秋の景色です]

新潟だと、まあ、とりあえず自分の実家ですし、家事は私がやり、うめぞうは和室にこもって、日がな一日囲碁でも仕事でも好きなことができます。

「うめぞう、ごはんだよー」と呼ばれて来てみると、テーブルの上に食事が並んでいる。そんなサービスは、働く妻を持っている夫には、かなり贅沢なことなのです。

新潟でにわか専業主婦となる私のこだわりは、「新潟の食材だけを使って食事を作る」です。お米、日本酒はもちろんですが、お味噌、塩、野菜、魚、肉なども、近所のスーパーで新潟県産と表記のあるものだけを選んで献立を考えます。たとえば・・・

Photo

[ひらめのカルパッチョ]

地元の漁港にあがったひらめをカルパッチョにしました。付け合わせは新潟県産カブと我が家の裏庭の柿の実。

Photo_3

[モモ肉のステーキ。ソースに使ったバルサミコは、しかたなくイタリア産]

あまり知られていませんが、新潟では村上牛や越後牛というブランド名の肉牛もあって、これがなかなかおいしいのです。今回の滞在の最終日だったため、付け合わせは冷蔵庫にあった野菜の総出動です。サトイモはグリル、カリフラワーとブロッコリーはゆで、カブは電子レンジで柔らかくした後、フライパンでざっと焼き目をつけます。小松菜はバターソテー。どの野菜ももちろん新潟産。

Photo_4

[ワインまで新潟産]

新潟県の城下町高田の近くで1890年にブドウ園を作り、ワイン醸造を始めた大地主がいたのだそうです。それが「岩の原ワイン」として今まで続いています。この夜はこちらの赤をいただいてみました。

新潟の食材にこだわるのは地産地消のほうが新鮮でおいしいということもありますが、農業の再生と地場産業の活性化がやはり地方の生活を豊かにする基盤だと思うからです。原発を誘致して交付金で潤う時代から脱して地方を再生するため、まずは食事作りからこだわろう、とにわか専業主婦としては思うのでした。

« 小さい秋 | トップページ | もとの家族の時間 »

コメント

まつこさま

お久しぶりです! 専業主婦 in 新潟ですか。ウィークデーは仕事でお忙しいでしょうに、週末は専業主婦に変身とは、まさにスーパーウーマンですね。

それにしても、新潟産オンリーにこだわったメニュー。食材探しからして大変な手間がかかりそうですが、それだけにどれも美味しそう! ひらめのカルパッチョに蕪と柿をつけ合わせるなんて、私じゃ思いつきもしません。

一気に冬到来。美味しいものを召し上がって、寒さに負けない体になりましょう〜

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

スーパーウーマンというより、スーパーマーケット・ウーマンって感じですよ~。

新潟の実家のスーパーはなかなか良くて、地元の食材をたくさん並べているんです。同じホウレンソウでも群馬産と新潟産が並んでいたら新潟産を選ぶとか、シイタケ買おうと計画していたのに長野産しかない場合は新潟さんのシメジにするとか、そんな感じで新潟産だけ選んで買い物するのです。それで買えるもので献立を考えるというのも、なかなか楽しいですよ。

お互い食生活にも気をつけて、元気に後期を乗り切りましょうね!

まつこさん、こんばんは

すっかりご無沙汰してしまいましたが、暖かいコメントをどうもありがとうございました。

地方に住む私は、やはり「地産地消」をお題目のように、毎週末、地元の農家が出荷する直売所で野菜や果物を買い、地元のお肉屋さんでは「あしたか牛」を、魚屋さんでは県内で水揚げされた魚を選ぶようにしています。
地元産のワインがないのが本当に残念です(笑)
地方の再生・活性化は、若い世代のためだけではく、長い老後を生きなければならない私達にとっても考えなければならない大きな問題ですね。

翡翠さん、コメントありがとうございます。

調べてみました、あしたか牛!やっぱり和牛はおいしいですよね。

もうひとつ調べてみました、静岡産ワイン!! ありましたよ、中伊豆にワイナリーが。温泉入って、ワイン飲んで、バーベキューできるみたいです。行ってみたいです。

フクシマ、TPPと変化にさらされる日本の農業ですが、衣食住の安心が行きわたり、みんながのんびりと老後を迎えられるような社会を作るために、私たちおばさんパワーももうひと働きしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にわか専業主婦:

« 小さい秋 | トップページ | もとの家族の時間 »