« 単純さの効用 | トップページ | 小石川植物園 »

2011年11月22日 (火)

いい夫婦の日

まつこです。

11月22日は「いい夫婦の日」だそうです。夫から妻にプレゼントを贈ろうとか、夫婦でレストランで食事をしようとか、広告代理店が企画したイベントかと思ったら、1980年代後半に通産省所管の公益法人が制定した記念日なのだそうです。

Photo

[うめぞうが学生からプレゼントされたメオト・グラス。大きい方にうめぞうの名前、小さい方に私の名前が彫りこまれています。我が家は私の方が酒量が多いのですが・・・]

高度経済成長期、24時間働き続けていた企業戦士たち。政府は彼らのワークライフバランスを改善しようとという目的で、11月を「ゆとり創造月間」と定めました。1985年のことです。さらに1988年には、夫婦で余暇を過ごす新しいライフスタイルを提唱するため、11月22日を「いい夫婦の日」と制定したのだそうです。

バブルがはじけ、長く経済が低迷する間に、「いい夫婦の日」の意味合いも微妙に変化しました。今では協賛企業を募って、旅行、外食、贈答品などの販売促進につなげるキャンペーンという意味合いの方が強いようです。経産省が後援する「いい夫婦の日」のHPは「いい夫婦の日には12本のバラを贈ろう」と呼びかけていますが、案の定、日本バラ切花協会が協賛しています。他にもアパレル、ジュエリー、百貨店などの業界団体が協賛に名を連ねています。経産省としては、もはや「ゆとり」よりも「内需拡大!」の方が、優先課題ということなのでしょう。

Photo_2

[今朝の朝焼け。どんなに忙しい朝も、美しい景色を眺めるゆとりを持ちたいものです]

我が家は妻(まつこ)が朝早く出かけ、夜遅く帰ることが多いので、夫(うめぞう)が一人ぼっちでお留守番ということが多くなっています。11月は「ゆとり創造月間」だと言われても、11月もあたふたしたまま終わろうとしています。明日の勤労感謝の日にはせめて若干のゆとりを持ち、たまには感謝の気持ちでも伝えようかと思っているところです。

« 単純さの効用 | トップページ | 小石川植物園 »

コメント

まつこさん、こんばんは

「いい夫婦の日」、何年か前にこんな記念日が出来ていたんだ、と思っていましたが、1988年制定ですか、20年以上前のことだったのですね。
記念日制定の背景も初めて知り、勉強になりました!

11月22日は、バラも旅行も外食もプレゼントも無縁で各自がバラバラに過ごした我が家でしたが、「11月ゆとり創造月間」と聞き、今月は結婚記念日月なので、何か癒しの企画を考えたいと思いますo(*^▽^*)o

翡翠さん、コメントありがとうございます。

イクメンとかカジメンとか、男性の家庭回帰は最近のはやりかと思っていましたが、20年前の政策の結果が、今頃じわりと出てきているのかもしれませんね。

結婚記念日おめでとうございます
いいですね~。癒し系のお祝い。のんびり楽しんでください!

Hi, this is a great post! Thanks..

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい夫婦の日:

« 単純さの効用 | トップページ | 小石川植物園 »