« イギリス料理の第三法則 | トップページ | 久々の帰省 »

2011年9月17日 (土)

母との会話

まつこです。

旅行中は小さな失敗のひとつやふたつあるものです。今年の夏の旅行では、携帯電話用ACアダプターを間違えて持っていってしまいました。

Photo

[この二つのアダプターの間に違いがあるとは知りませんでした]

いつも使っているauのスマホはヨーロッパでは使えないので、昨年まで使っていた古い携帯電話にICカードを差し替えて使うことにしました。そのとき家にいくつもあるACアダプターはどれも同じに見えたので、適当に選んで持っていったのですが、これが100V専用でした。イタリアは220V、イギリスは220-230Vです。

トスカーナの宿での3日目あたり、携帯電話を充電していたらバシッ!という小さな爆発音とともに焦げ臭いにおいが漂いました。ACアダプターが壊れてしまったのです。よく見ると小さな文字で「海外では使わないでください」と書いてありました。

ロンドンに戻って調べたら三越の中のJCBのカウンターでauの充電サービスをやってくれることが分かりました。(ちなみにdocomoはサポートセンターがあります。)しかしもともと電池が劣化していたのか、あるいは過電圧で調子が悪くなったのか、すぐにバッテリー切れになってしまいます。ロンドンにいる間は、3日に一度くらい三越の地下に通うことになりました。

ピカデリー・サーカスの大群衆をかきわけ、三越でお土産を大量に買うツアーのお客さんたちの間をすり抜け、忙しそうなJCBの受付嬢をわずらわせ、3日に一度の携帯充電。それもこれも大阪の老人ホームにいる母に電話するためです。

まつこ:「もしもし、わたしよ~。変わりない?」

母:「変わりないわよ。今、どこにいるの?」

まつこ:「ロンドン」

母:「あら~、そうなの! それはいいわね~」

この会話が毎日、毎日、儀式のように繰り返されます。私がロンドンに滞在しているという事実を記憶できない母は、毎日、聞くたびに新鮮な情報としてそれを受け止めます。母にとっては娘がロンドンにいるということは喜ばしいことらしく、いつも「それはよかったわ!」とか「あら、よかったわね~」とか、本当にうれしそうに驚きの声をあげます。

母は自分は生活も教育も仕事も全部が新潟だったので、娘にはぜひとも自由に外の世界に出てほしいという思いがあったようです。自分は一度も海外旅行もしなかったのに、私が数日でも海外に出るたびに、我がことのように喜び、私が国外から送ったハガキは大切にしていたようです。「あら、今回は1か月くらいイギリスにいられるの? それはよかったわね~」と喜んでいる母の声を聞くと、母を老人ホームに任せたまま1か月以上訪問しないことへの微かな罪悪感もすっと解消します。

上のお定まりの会話の続きは若干のヴァリエーションもあります。ある日の会話はこんなふうに続きました。

母:「ロンドンで毎日、どんなことをしているの?」

まつこ:「お芝居見たり、図書館で調べ物したり・・・」

母:「それはいいわね~。自分で勉強しないと教えるという仕事がつまらなくなるもの

これを言われた時は、ひぇ~と思わず頭が下がりました。認知症の母から教師の心構えを聞かされるために、私は三越まで通って携帯に充電しているんだろうか・・・?

このように寸鉄娘を刺す鋭い一言を発することもある母ですが、先日、帰国して初めて老人ホームを訪ねた時は、私を見て一瞬、「あなた、誰だったかしら」。3秒後くらいには回路がつながり、「まつこよね、あたりまえよね」と認識しましたが、いやー、これはトスカーナでのACアダプターの爆発よりは大きな衝撃でした。

今後はこういう方向へ進んでいくことは確実です。その現実を受け止める心の準備をするとともに、毎日ワンパターンの電話でも、それができる間はできるだけ続けていこうと思っているところです。

« イギリス料理の第三法則 | トップページ | 久々の帰省 »

コメント

まつこさま こんばんは

携帯の充電に通っていらしたのは、やはりお母様への定時連絡でしたか。

「自分で勉強しないと教えるという仕事がつまらなくなる」
さすがお母様、まさしく真実です。
走り回るアドミンの雑用だけが仕事だと勘違いしている雇い主に聞かせたい言葉です。

お母様にたくさん土産話(レイフ様の一件とか)を聞かせて差し上げてくださいね。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

「いくら本を読んでもわからないことがあるわ。行って経験してみなくちゃわらかないことがあるものよ」ってのも、今回、言われたことのひとつです。ボケていても、こういう一般論を言うと冴えるのは元教師のサガだなと思います。

しかし「勉強しないと教えるのがつまらなくなる」というのは確かに真実。「(教師が)忙しすぎて、みーんなバカになってますね~。勉強する時間ありませんからね~」と、フランス人の同僚がフランソワーズ・モレシャンさんみたいな口調で声高に言ってました。

まつこさん、こんにちは

海外からかかってくる娘の電話は、お母様にとって誇らしく、嬉しい贈りものだったでしょう。
記憶に留めておけない分、何度も何度も毎日毎日お母様は喜ぶことができたのですから、物理的に傍にいることだけが良いこととは限りません。

お母様の鋭い教えのお言葉を沢山胸に刻んでくださいね。

翡翠さん、コメントありがとうございます。

そうですね、記憶に残らない分、何度でも喜べるというのが救いですね。つかの間、うれしい気持ちになって、それを忘れ、また次の日、同じようにうれしい気持ちになる。

以前は幸せを積み重ねることが重要だと思っていましたが、母の記憶力がなくなるとそれぞれの瞬間の幸福感が貴重だと思うようになりました。少し悲しいけれど、この経験から学ぶことも大きいと感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母との会話:

« イギリス料理の第三法則 | トップページ | 久々の帰省 »