« ロンドンでスロー・ライフ | トップページ | 『ローゼンクランツ』『リチャード三世』 »

2011年8月25日 (木)

うめぞう、はじめてのアフタヌーン・ティー

まつこです。

明日はいよいよ帰国という晩になって、うめぞうが「僕、アフタヌーン・ティーってものを経験してみたい」と言い出しました。例のお皿が3段になっている本格的なティーを味わってみたいというのです。うめぞうのロンドン滞在最終日、紅茶の老舗フォートナム・アンド・メイソンに出かけました。

Photo

[うめぞう、3段のお皿を前に喜色満面]

日本がバブル景気を謳歌していた頃、日本人観光客や駐在員の家族でいっぱいと聞いていましたが、今はその面影はないようです。そもそもそれほど混んでいません。こんな伝統的なアフタヌーン・ティーを楽しむイギリス人も減っているのかもしれません。

Photo_2

[私は辛党なので、こちらのほうがお目当て]

せっかくの機会なので、シャンパンもつけようと思ったら、イングリッシュ・スパークリング・ワインを勧められました。イギリスでワインを作っているとは知りませんでした。

Photo_3

[カナッペとして出てきたガスパチョとパイ]

最初はカナッペ。そしていよいよ3段皿の登場。最下段のサンドイッチ、なかでもブリニにのったスモークト・サーモンとロースト・ビーフのサンドイッチは、うめぞういわく、「今までイギリスで食べたもののなかで一番おいしい!」。

Photo_4

[サーモンとキャビア]

うめぞうは血糖値やコレステロールの心配も忘れて、クロッテド・クリームをたっぷりのせてスコーンを食べています。

高級食品店のアフタヌーン・ティーらしく、どれも素材が良さそうでおいしかったのですが、甘いものが多いので、私は途中でギブ・アップ。下の段とシャンパンだけの辛党向けアフタヌーン・ティーがほしいところです。

うめぞうは本格的なアフタヌーン・ティーで、今回の旅を締めくくりました。私はロンドンにもうしばらく一人で滞在します。今までのアパートではちょっと贅沢すぎるので、もう少し安いところに移動しました。

Photo_5

[清潔で静かだからこれで十分]

今までの部屋が退職者用だとすると、今回の部屋はちょっと学生寮風。夫婦いたわりあってのスローな旅から、ちょっと調子を変えて、明日からはもう一度学生気分で、ロンドン独身生活を謳歌します。

« ロンドンでスロー・ライフ | トップページ | 『ローゼンクランツ』『リチャード三世』 »

コメント

まつこさま

フォートナムのアフタヌーンティ、ご一緒したかった! 大昔に行った時に比べると、ずいぶんおしゃれになったようですね。うめぞうさまも満足されたというオープンサンドイッチ、F&Mも恥をかかずにすみましたね。

引っ越されたアパートも真っ白でおしゃれではないですかっ! 本当に物件探しがお上手ですね。しばし独身気分をお楽しみくださいませ。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

フォートナムのアフタヌーン・ティ、実は私も初めてだったんです。そもそも3段皿の出るような正式なティは、20代の頃以来でした。私はもっぱらパブとか、そっちのほうばかりだったんで・・・。

おいしかったですよ。甘いものが多すぎて食べきれなかったけれど。

話題は全然、違いますが、今年のイギリスの夏、寒すぎます。今日はとうとうコートを買ってしまった。ウェールズも寒いでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うめぞう、はじめてのアフタヌーン・ティー:

« ロンドンでスロー・ライフ | トップページ | 『ローゼンクランツ』『リチャード三世』 »