« 理性のゆくえ | トップページ | いざ出発 »

2011年7月18日 (月)

ゆめまくらに立つまつこ

うめぞうです。

夜中にふと目を覚ますと、ベッドの端に浅く腰を掛け、凛と背筋を伸ばしてまつこが虚空を見ている。本を読んでいるわけでも、音楽を聴いているわけでもない。ただただまっすぐ背筋を伸ばして不動の姿勢で空を凝視している。そもそも人間、ベッドの端に腰を掛けるのは、靴下を履くとか、パジャマを着るとか、何かしら目的があってのこと。半分はだけたようなよれよれのパジャマをまとい、浅く腰掛けて背筋をぴんと伸ばし、うめぞうに背中を向けて、1分、2分、5分、10分、不動の姿勢を崩さない。

これはただごとではない。どう考えても、ドラマなら「私、あなたとの生活がつくづくいやになりました。長年そわせていただきましたが、堪忍袋の緒が切れました。明朝、あなたが寝ている間に出て行きます・・・」となる場面だ。いやこれは夢か。ひょっとすると、うめぞうの体たらくに愛想が尽きたまつこは、すでにこの家におらず、最後の別れに夢枕に立ったか。うーむ。これはうめぞうの悪夢なのだろうか。

「どうしたの・・・」と、おずおず声をかけてみる。「里へかえらせていただきますっ、て感じだけど・・・まさか本気で里に帰るんじゃないよね・・・」

「・・・いてっ、いてっ、・・・うぅぅ、笑わせないで!笑うのとくしゃみが一番きついのよ。くっ、くっ、くっ、あはは、いてててて、くっ、くっ、ああ、いてて、ちなみに、わたしにゃ、もう、里はないぞ、あはは、いてっ、いてて」

なんと、まつこはぎっくり腰になったのだ。リンと背筋を伸ばしているんじゃない、単に動けないで、固まっているのだ。

最近のまつこは健康おたくと言ってよいほど、身体に気を使っている。酒を飲まなかった日には、カレンダーに良い子のスタンプをおしているが、先月などは、ほとんどカレンダーがスタンプで埋まった。昔は毎日のように酒を飲んで、運動などからきしだめ。味噌汁も漬物も大嫌い、ニンジンも根菜類も海藻もあまり摂らず、ハンバーガーやポテトチップス、ポンフリーが大好きだった。「酸化した油と塩のかたまり」とうめぞうがいくら警告しても聞かなかった。しかし、ある時からこちらも殺し文句を覚えた。「酒や睡眠不足は肌を荒らすよ」。これである。「緑黄色野菜や根菜類で便通が良くなると、肌につやが出るよ」。これである。

かくしてまつこは変身した。つれあいのことを、あまりほめるのはどうかと思うが、30歳くらいまでのまつこは、美肌に関してはまず人後に落ちることはなかった。それでも最近は寄る年波を感じるらしく、ともかく健康でなければ若さと肌は保てない、ということが理屈抜きに分かるようになってきた。基本的に見栄っ張りなのだ。

そんなわけで昨日の日曜日、久しぶりにスポーツクラブにいって、背筋を鍛えようとして、ブチッときたという。50歳になったら、もう少し身体と相談しながらものをやらなければいけない。休日の今日も、ゼミの学生の発表会とやらで、とぼとぼと家を出て行ったが、今晩無事にもどってくるか、今夜も夢枕に立つことになるのか、今はまだわからない。

« 理性のゆくえ | トップページ | いざ出発 »

コメント

うめぞうさんの記事にコメントするのは、初めまして、です。
父の介護ブログをやっております絵莉です。

まつこさん、ぎっくり腰とはおつらいですね。
でも、「里帰り・・・」のくだりには、不謹慎ながら笑ってしまいました。
私も、運動不足ですから、気をつけようと思います。

まつこさん、お大事にどうぞ。
早く良くなるといいですね。

それと、うめぞうさん、おつれあいさんは、大いに褒めるべきですよ!!

絵莉さん
コメントありがとうございます!
絵莉さんのことはもう、まつこからしょっちゅう聞いていますので、私からは、とても初めまして、という感じではありません。絵莉さんがしばらくお休みしておられた時も、二人でいつも、どうしておられるのかと心配してました。お元気になられた様子にほっとしています。
どうぞ、これからもよろしくおつきあいのほど、お願いします!
遠慮せずに、これからは、つれあいをほめることにします。
まつこの腰は相変わらずで、今日も茹でたエビみたいにベッドでまるまっています。
今日は好物のハンバーグを作ってみたのですが「メシはいらぬ」と言い張っていて、絶食睡眠作戦をとっているようです。

うめぞうさま

ご無沙汰しております。
まつこさまのお具合はいかがでしょう?

身近で健康に気を使ってくれる家族がいるというのは、うらやましい限りです。漬物大嫌い、運動大嫌い、不健康の見本みたいな生活の私(お酒はさっぱりですが)、きっとぎっくり腰になっても、人知れず苦しむばかり、夢枕に立とうにも相手もいないという。。。想像したくない哀れな姿です。
どうかいつまでも、人もうらやむ仲睦まじいご夫婦でいてくださいね。

ロンドンでお目にかかれるのを楽しみにしています。

ショウガネコさん、コメントをありがとうございます。
いやあ、コインにはつねに裏と表がありまして、同居家族がいて好都合な面もあれば、一人暮らしのほうが好都合な面も多々あります。
まあ人生、いいとこどりはできない、ということでしょうね。
ロンドンでは、大いに楽しみましょう。
レイフ・ファインズが見られると知って、まつこは狂喜乱舞しましたが、それが今回のぎっくり腰を誘発した可能性があります。
今日あたりから、なんとか普通に歩けるようになりましたが、まだ寝返りが打てないので全身が凝っている様子です。
ご心配いただき、ありがとうございました。

ロンドン羨ましいです。まつこさんの腰が心配ですが、日常を離れれば直るかも。どうぞ楽しいご旅行を!

mgmさん、コメントありがとうございます。

ぎっくり腰はほぼ快癒。しかし学期末の忙しさで首が回らなくなっています。ほんとうに明後日飛行機に乗れるんでしょうかね・・・。

(うまく脱出できたら)またレポートします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆめまくらに立つまつこ:

« 理性のゆくえ | トップページ | いざ出発 »