« 三十三間堂かベルリンの壁か? | トップページ | 『ジーノの家』 »

2011年6月 6日 (月)

千駄木の下駄

まつこです。

お天気の良い土曜日の午後、一人でぶらぶらと谷中、千駄木界隈を散歩しました。私は20代後半から30代の頃、団子坂の近くに住んでいました。路地の隅々までかなり知り尽くしているつもりだったのですが、久しぶりにゆっくり散歩したら新しいお店が増えていてびっくりしました。

Photo

[千駄木で見つけたかわいい下駄]

谷根千というと「菊見せんべい」とか千代紙の「いせ辰」などの老舗が有名ですが、細い路地には、個性的なデザインのアクセサリー屋さんとか雰囲気たっぷりのアンティーク屋さんなど、おしゃれなお店も見つかります。

今回は1年半ほど前にオープンした和風雑貨のお店YUZURIHAをのぞいてみました。白を基調としたすっきりとしたインテリアの店内には、和風でモダンな雑貨が整然と並んでいます。そこで見つけて衝動買いしちゃいました、ハイヒールの下駄

ためしに履いてみるとすごく履きやすいように工夫されています。トングサンダルみたいにちゃんと左右があります。そしてビルケンシュトックのサンダルみたいに土ふまずや指のところに微妙なカーブがあって足が安定します。かかとが少し高くなっているのも重心が後ろに下がらず歩きやすそうです。鼻緒の布はフランス製で色がかわいい!

Photo_2

[履くとこんな感じ。鼻緒が太いので痛くなくて安定しています]

裏にはゴムがはってあるのですが、歩くとなんとなくカランコロンと音がしそうな感じです。浅草の遊美というお店が作っている「げた物語」というシリーズだそうです。ネットでも買えるようです。

白いコットンのサマードレスにこの下駄で谷根千散歩、途中でアイス最中食べて、アンティークショップを物色なんてのもいいなあ・・・なんて、レトロモダンな気分になった休日でした。

« 三十三間堂かベルリンの壁か? | トップページ | 『ジーノの家』 »

コメント

ブログ再開嬉しいです。素敵なお店をまた紹介して下さい。いよいよ夏、私もペディキュア塗らなくちゃ、、、

mgmさん、コメントありがとうございます。

ペディキュアの写真、これ以上アップにできない。ハゲかけているから・・・。

まつこさま

さすがおしゃれに敏感なまつこさま! サンダル+下駄+ハイヒール、すべてのいいとこ取りといった感じですね。ミニ丈の浴衣は???と感じる私ですが、この下駄ならGood! ロンドンに持って行っていかれてみては? 大人気になるかも。。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

ロンドンで履いたらおしゃれでしょうけれど、この界隈で履いていると「おばちゃんのつっかけ」です。ミニの浴衣って実在するんですか?

まつこさま

「おばちゃんのつっかけ」には見えませんけど。。。
ミニ浴衣、ありますよ。去年の花火大会の頃、渋谷あたりに出現していました。目が覚めるほどびっくりしますよ。今年は節電エコの影響で増えるかも。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。返信遅れてすみません。

「ミニ浴衣ってよさそうだね・・・ムフフ」とうめぞうが妄想しています。15歳以下くらいに限定してほしい感じがしますがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木の下駄:

« 三十三間堂かベルリンの壁か? | トップページ | 『ジーノの家』 »