« 青い空 | トップページ | 三十三間堂かベルリンの壁か? »

2011年6月 1日 (水)

ブログ再開

まつこです。

しばらくブログが更新されていないが、どうかしたのか・・・と、何人かの友人たちが心配してメールをくれました。

Photo

[先週末、久しぶりに新潟の実家を訪ねました。二階の窓から見下ろす庭には山ぼうしがいっぱいに咲いています]

特に理由はなかったのですが、母が老人ホームに入居して肩の荷が下りたら、張りつめていた気持ちがゆるんだようです。淡々と日々の雑事をこなしているうちに、とりとめなく4月、5月が過ぎ去ってしまいました。母の老いに直面しながら、仕事と介護の両立に腐心していた日々には、その緊張感の中で、ささやかなことひとつひとつに喜んだり悲しんだりして、それをこのブログに書きとめていたのだと思います。

月もあらたまったところで、気分一新。以前より少し余裕ができた生活の中で、記録にとどめたくなるような光景や出来事を見逃さないようにして、またこのブログにつづっていきたいと思います。

Photo_2

[老人ホームでフラワーアレンジメントの教室に参加する母]

この間、二週に一度くらいの頻度で大阪の母を訪ねていました。よく一緒に過ごす仲間ができたり、いくつかのアクティビティに参加したりと、老人ホームの生活にも慣れてきたようです。一方で、パジャマの上下がバラバラだったり、下着を二枚重ねて着ていたりと、症状が進んだ面もあります。

Photo_3

[老人ホームではコンサートも開かれます]

老人ホームの窓からわずかに見える摂津の山並みを見つめて、「あれが故郷の山だったらいいのにと思うけど、残念ながら違うのよね。家はずっと遠くで帰れないのよね・・・」と寂しそうに言ったのを聞いた時には胸が痛みました。でも、近所に住む弟の家族は二日とはあけずに母の様子を見に行ってくれています。故郷の自然と切り離された分、家族とのつながりが強まっているのですから、これはこれで良かったと納得するしかないと思っています。

Photo_4

[久しぶりに新潟に帰省。水の張られた田がきれいでした]

先週末は空き家になっている新潟の実家に、うめぞうと二人行ってみました。庭は冬の雪に折れた庭木や勢いよく茂りだした雑草で荒れ始めています。それでも柔らかな新緑であふれた庭は美しかったです。

母のいなくなったガランとした大きな家で、うめぞうと二人きり、静かな週末を過ごしていると、私たちが帰省していることを知った母の友人たちが手作りのチマキや畑で作った採れたての野菜を持ってきてくれました。

Photo_6

[これ全部、母の友人が持ってきてくださったもの。スナップえんどう、ちまき、ふきのとう(ネットでレシピを調べてふきのとう味噌を作ってみた)、筍ご飯。このほかにもいろいろいただきました。母への友情がこもったおいしい故郷の味]

母の親しくしていた友人で、母の老人ホーム入居を知らせていなかった方たちにも経緯を電話で伝えたところ、みなさん電話の途中で泣きだしてしまいます。「もうこれで会えないのかしら・・・」「もう私のこと忘れてしまったかしら・・・」と言葉を詰まらせて、あとは涙、涙、涙・・・。「母は元気に落ち着いて暮らしていますからどうか安心してください」というのが精いっぱいでした。

豊かな自然に囲まれた地で、母のまわりには心から互いのことをいたわり合う思いやりにあふれた交流関係があったのだと改めて思い知らされました。私が老いたときに私のためにこうして泣いてくれる友人はいるのだろうか、そして私も老いた友人のために泣けるだろうか―。そんなことを思いながらいただいた採れたての野菜は、濃い甘い味がしました。

« 青い空 | トップページ | 三十三間堂かベルリンの壁か? »

コメント

まつこさま

お久しぶりです。しばらくぶりのブログですね。私も実は内心少々心配しておりました。
お母様の老人ホーム入居に伴うさまざまな出来事に、心身ともにお疲れなのだろうと思っておりました。
お母様のいない新潟の家とご近所の方々のお話。私も胸が痛くなりました。大阪にいらっしゃったお母様も、時には新潟のお友達とお話されたりできるといいですね。

まつこさまのブログ、豊かな話題をいつも楽しみにしておりました。これからもお話聞かせてくださいね。

ショウガネコさま、コメントありがとうございます。

ごぶさたしました。ご心配おかけして申し訳ありません。

先日、新潟の母の友人が弟宅にお米と手作りの梅干しを送ってきてくださいました。それを義妹がおにぎりにして母のところに持っていき、故郷の味をかみしめた後で、母の部屋からそのお友達のところに電話したそうです。久しぶりに母の声を聞いて、相手の方は泣いてしまったのですが、母は「大丈夫よ、また会えるから。お互いしっかりしないとね!」と懸命に友人を励ましていたそうです。

その話を義妹から電話で聞いただけで、私はポロポロ涙が出てきてしまいました・・・。

というわけで涙もろくなってはおりますが、わりあいケロリと立ち直りの早い性格なので、おいしい物を食べ、ミーハー・アングロファイルとして講義のあいまにオンラインでタブロイド紙を読み、夏休みの計画は誰よりも早くちゃっかりとたてております。またブログ書き続けま~す。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ再開:

« 青い空 | トップページ | 三十三間堂かベルリンの壁か? »