« 優雅な土曜と汗だく日曜 | トップページ | 世界の中の一人 »

2011年3月 5日 (土)

先陣を切って

まつこです。

風は冷たいけれど、きれいに晴れ渡った早春の一日。37階の窓からは遠くの筑波山や房総半島まできれいに見えます。

Photo_15

[摩天楼で飲むシャンパンの味は格別]

なぜこのような非日常の空間で贅沢な時を過ごしたかというと・・・

Photo_16

[Matsuko San Happy 50th Birthday!]

職場の同僚たちが、お雛様の日に、ちょっと早めの誕生会を祝ってくれたのです。

Photo_14

[同じ職場で戦う(働く)妹たちに囲まれご満悦のまつこ]

場所はマンダリン・オリエンタル・ホテルの37階の広東料理店センス。次々と出てくるおいしいお料理の数々を堪能したところで、エレガントに細いキャンドルが飾られた美しいプレートがしずしずと運ばれてきました。大きな花束ももらいすっかりご満悦。

と、そこで私は気がつきました。

まつこ:「ちょっと、ちょっと、普通はこんなところにわざわざ"50th"って書かないでしょ!誰よ、こんなこと頼んだの?」

みんなニヤニヤしています。どうやら準備段階において、この"50th"という一語を書き入れるかどうかで、議論があった模様です。気の毒に一番年下のアンジュは、先輩たちの強い意向を受け、わざわざマンダリン・ホテルに電話をして、真面目な口調で「"Happy"と"Birthday"の間に"50th"って書き入れてください」と頼んだようです。

うーむ、確かに"50"という切りのいい数字だからこそ特別ゴージャスなパーティです。ま、こうなったら10年後も、同じメンバーに豪勢に還暦祝いもしてもらい、その時も"60th"と堂々と書いてもらうことにしましょう。

さて、いただいたお料理ですが、さすがミシュランの星つき、味も見た目もとても洗練された広東料理でした。

Photo_5

[ピーナッツのソースのかかったサラダ]

Photo_6

[三種類の点心。どれも凝った味がしっかりついています]

Photo_7

[コラーゲンたっぷりスープ。トマトの中に細かく切った野菜のお料理が詰められています]

Photo_8

[さっと火を通したレタスとイカにさっぱりしたフィッシュソースで味付けしたお料理]

Photo_9

[エビの素揚げをマンゴー入りマヨネーズで和えたもの。ほんのり甘くて外側がカリッとして身がプリップリッ]

Photo_10

[野菜がツヤツヤに輝いている焼きそば。麺が細くて上品]

Photo_11

[ドラゴン・フルーツ、イチゴ、アロエ、ミントなどがのった濃厚杏仁豆腐]

いずれも野菜のおいしさをいかしたお料理でした。とてもおいしかったです。ちなみにバースデーのメッセージが書かれたプレートにのっていたのは、月餅やナッツ入りのケーキなどの中華菓子。これもおいしかったです。

素敵なパーティを企画してくれた仲間たちに改めて感謝です。年下の友人たちの声援を受けながら、先陣を切って人生後半戦に突入という気分です。このマンダリン・オリエンタルでのパーティのように、エレガントでゴージャスな50代にしたいものだと思っています。

« 優雅な土曜と汗だく日曜 | トップページ | 世界の中の一人 »

コメント

まつこさま

ぽにょです。喜んでいただけてなによりですわ。

まつぞうさん、じゃなくて、まつこさんみたいにプッ☆のワンピースの似合う50代の女性が憧れ(ま、一生着られないけど、多分)です。これからもずっと上官殿についていきます!

でも、今見てもとってもおいしそう。今度はぜひ飲茶で。

ぽにょさま、コメントありがとうございます。

心弾む楽しいパーティを企画してくれてありがとう!"50th"には「やられた」と思いましたが、おかげですっかりその気になりました。「わたくしの年齢? 50歳よ。それがなにか?」ってなものです。

ぽにょのお着物姿もかわいらしかったわよ~。またみんなでお洒落しておいしいもの食べに行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先陣を切って:

« 優雅な土曜と汗だく日曜 | トップページ | 世界の中の一人 »