« 新潟冬の味 | トップページ | ナツメロ・ポップスで筋トレ »

2011年2月11日 (金)

プランタン

まつこです。

今日は一日中、東京でも雪が降り続けていました。立春を過ぎて、春の到来を心待ちにする日々です。

旅行に出てもお土産品はあまり買わないのですが、昨夏、モン・サン・ミシェルを訪れたときに、ひとつ買ったものがあります。

Photo

[モン・サン・ミッシェルの夕暮れ。この日は夕暮れに潮が満ち始めました]

イラストをラミネート加工しただけのプレイス・マットです。いかにも観光客相手のお土産品です。法外な値段のオムレツを食べ、ワインでほろ酔い気分で、「旅人税だね」と言いながら買いました。

こんなペラペラしたお土産品はすぐに捨てることになるだろうと思っていたのですが、その後、毎朝、食卓で使い続けています。イラストがユーモラスで慌ただしい朝の気分が、少しなごみます。

Photo_2

[綱引きされるモン・サン・ミシェル]

ひとつはブルターニュとノルマンディーが、モン・サン・ミシェルを取り合って綱引きをしているという図です。タイとカンボジアも国境付近の世界遺産プレアビヒア寺院をめぐって緊張関係が続いているようですが、ノルマンディとブルターニュも歴史上、仲が悪かったのだとか。

Photo_3

[四季を通じて雨ばかり]

もう一枚は、この地方の天気の悪さをユーモラスに揶揄したもの。若葉の春、キャンプを楽しむ夏、きのこの採れる秋、そりを出す冬、どの季節も雨ばかり。どの時期にもレインコートは必須という図です。

ある日、朝ごはんを食べている時、うめぞうがニヤニヤしながら言いました。「もしかして、君は、プランタンの細部にまだ気づいていないんじゃないの?」「えっ、何?」

改めて絵を見てびっくり・・・。

Photo_4

[二頭の牛に注目!]

フランスって、農業国なのね、と改めて認識しました。今年のヨーロッパは寒波に見舞われたようですが、牛も人も春の訪れがさぞ待ち遠しいことでしょう。

« 新潟冬の味 | トップページ | ナツメロ・ポップスで筋トレ »

コメント

あはははははははは
単なるかわいらしいイラストかと思いきや、なんとも、フランスらしいといいますか。
モン・サン・ミシェルは、私もぜひとも行ってみたいです。
法外なオムレツは美味しいのですか?

絵莉さん、コメントありがとうございます。

これもフランスの恋愛文化の一面なんですかね~? モン・サン・ミシェルは観光客でごった返していますが、それでも夕暮れに浮かび上がるシルエットや、夜空を背景にライトアップされているところを見ると、やはり一見の価値ありと納得しました。

オムレツは大きいだけでおいしくありません。私も事前に聞いてはいたものの、それでもと思って注文しましたが、やっぱり・・・でした。

やっほ、まつこさま。うしうしうっしっし、ケッサクなり。恋愛文化というか、肉食う文化というか・・・しっかり繁殖してもらわないと、こまるものね。なぜか連想で、ひとつ思いだした。ナポレオンが遠征から戻るとき、伝令走らせて、妻に「お風呂にはいらずに待っていて」と伝えたとかいうの、ホントかな?また話はとんで、サレの羊はおいしかった?モン・サンミシェル、観光地でもやっぱり行きたい!行きたいとこ多すぎて、仕事してるヒマないよね、ほんとは。

wa a gwaanさん、コメントありがとうございます。

半年間、あのイラストに気づかずに朝ごはん食べ続けていた私は、「フェロモン欠乏症」と呼ばれています。フランスに行って肉食系恋愛文化に少し感化された方がいいかも。

モン・サン・ミシェルの対岸には子羊さんがたくさん遊んでいました。たくさんの観光客がバスに乗ってやってくるので、その子羊さんたちはみんな食べられてしまいます。日本からやってきた観光客の一人は、帰りのバスの窓から子羊さんを眺めて断言しました。「名物にうまいものなし!」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/50842300

この記事へのトラックバック一覧です: プランタン:

« 新潟冬の味 | トップページ | ナツメロ・ポップスで筋トレ »