« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

家族と宗教

久しぶりにうめぞうです。

気が付けば大晦日。
さて今年一年、うめぞうは何を考えて過ごしたかを振り返ってみると、二つのテーマが浮かんでくる。宗教と家族。しかし、これはあらためて、うめぞうにしては意外な感じのテーマではないかと思えてくる。
わが家はいちおう、まつこは右派、うめぞうは左派ということになっている。もっとも、まつこの意見によれば、うめぞうは体質右派だそうだが、いずれにせよ、こんな分類はもはやほとんど意味がなくなっている。
とはいえ、たとえばフランス革命のときに伝統を甘く見た革命をこてんぱんに批判したエドモンド・バークの意見にうなづくか、それともバークを批判して、フランス革命の理念を擁護したトマス・ペインの意見にうなづくかといわれれば、うめぞうはやはりペインの側に立つ。現実はバークの予想通りに進んだが、にもかかわらず、理念は何世紀もかけて自らを粘り強く実現していくと信じるからだ。
ところが宗教と家族というふたつの領域は、これまで長らくバーク系列の守護神だった。宗教と家族は、ほとんどの場合、近代的理性や個人主義などの底の浅さと、頭でっかちの傲慢さを批判する際に、保守派が拠点としてきたものだった。
ところがここ何年か、風向きが変わってきた。啓蒙主義の側に立つ論者、たとえばチャールズ・テイラーやウルリヒ・ベック、はては左派の論客テリー・イーグルトンまでが、宗教についての本を書いた。カント的理性主義の継承者と見られているハーバマスがローマ教皇と対談するなどということは、80年代までは想像もできなかっただろう。
その背景にあるのは、ひとつには啓蒙主義自身の自己反省だ。普遍主義を標榜する啓蒙主義は、文化や伝統によって理性の基準が変わるのは困るので、どうしても個別内容を振り落して、形式的なものに退却する傾向がある。カントの純粋理性が無時間的、非歴史的な数学的形式に近づくのはそのためだ。しかし、個別内容を捨象する形での普遍主義は、近代の致命的弱点である意味の空洞化に手を貸すことになる。これについての啓蒙主義自身の反省が、宗教や家族の再評価につながっている。自分が提供できない意味の源泉については、むしろそれを提供している意味領域と相互補完的に進んでいこうというわけだ。
そしてもう一つは、宗教や家族自体の中で進行している解体過程、いや、再組織化の過程だ。
ここが重要な点だが、上に挙げた論者が、そしてうめぞう自身も、期待をかけているのは、旧来の家族や宗教ではない。昔の宗教共同体や家族共同体への回帰やノスタルジーは、言葉の本来の意味で、反動的だ。今や、宗教や家族の内部でも、容赦なく個人化(ベック)が進行している。宗教は「自分自身の神」(ベック)を信奉する個人宗教となり、家族はゲイカップルや未婚の共同体を含めて、共同生活の多様な演出形式となっている。そしてまたシングルの増加。都市生活世帯の約半数は、今や、シングル世帯になりつつある。こうした現象を家族の解体として嘆く風潮があるが、うめぞうは、こうした変化を大歓迎している。単身生活を不幸でさびしい生活のように描くのは、まったくの偏見だ。シングルあり、未婚の母あり、同性婚あり、離婚や再婚あり。たしかにそこには、種々の悲劇もあるだろう。しかし伝統的家族にも悲劇の種は十分にあったのだ。個人の選択肢が広がることに伴う多様性を、まともな啓蒙的理性ならば、自らの形式主義的傾向を補うものとして大いに尊重するだろう。
ところで、今いっしょくたに論じた宗教と家族の関係はどのようになっているのか。
聖書をひもとくと、この点についてのイエスという人物、あるいはパウロという人物の特異なポジションが目を引く。ユダヤ教は徹頭徹尾、家族主義的だった。神への服従、父親への服従は絶対だ。親の言うことを聞かない反抗的な子供は、町の門の外に連れ出し、石打ちの刑で殺せとさえ言っている。タルムードには、結婚して子供を産まないのは犯罪行為だとすら言われている。ところがイエスは、こうしたユダヤ教の家族主義に果敢に反抗した。この点で、この人物は真の革命家だった。まさにスーパースターだ。
たとえばルカ伝の14章には「父、母、妻、個、兄弟、姉妹、さらに自分の命まで捨てて、私のもとに来るのでなければ、私の弟子になることはできない」というイエスの言葉が収録されている。マタイ伝10章では、自分がこの世に来たのは、「人をその父と、娘をその母と、嫁をそのしゅうとめと仲たがいさせるためだ」と語り、「わたしよりも父または母を愛する者はわたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない」と言い放っている。またヨハネ伝の2章にはカナの婚礼でイエスが自分の母に向かって「女よ、あなたは、私と何の関係があるのか」と言っているし、19章では、十字架上に磔けになっても、心配する母親に向かって「女」(γυναι(グナイ)、ドイツ語ではWeib)と呼びかけている。自分の母親をかつて「女」などと呼んだ人は、このブログの読者には一人もいないだろう。マタイ伝12章やマルコ伝3章では、弟子がイエスに、あなたの母親や兄弟姉妹があなたを待っていますと告げると、「私の母、私の兄弟とは誰のことか」と問い返し、弟子たちを指して、この人たちこそ自分の母であり、兄弟だと言ってのけている。
ことほどさように、イエスが家族主義を敵視し、この絆を断ち切ることを、みずからの信仰革命のかなめと考えていたことは疑いえない。パウロもまた、その点では同じだった。彼がギリシャ世界に伝えたキリスト教は、ユダヤ教の家族主義へのアンチテーゼとしての個人主義的信仰だった。そしてこれがギリシャ的伝統に受け入れられ、西洋キリスト教が確立していく。それがその後、18世紀の啓蒙主義と、今日における個人主義的文化の礎石となったとうめぞうは考えている。ギリシャ文化は、古代にあって、うめぞうが知っている唯一の非家族的精神文化であり、うめぞうはやはり、ユダヤ教よりもギリシャ哲学を愛している。
うめぞうは若い人たちが愛する異性(同性)とともに共同生活を送ることを大いに勧める。しかし、それは一般に考えられているように、家族形成のためではない。まったく逆に、親との関係をいったん清算するためにこそ、その一歩が必要なのだ。うめぞうは、自分で言うのは何だが、現実には親孝行な息子だと思うし、またまつこを大いに愛しているが、これを「家族愛」と呼ばれると、少し抵抗したくなる。家族や宗教が、平和と愛情の源泉となるためには、いったんそれが、集団形成のルールから切り離され、自由な個人としての選択に委ねられねばならない、とうめぞうは考えている。これは、日本社会ではいかにも、似非インテリ風の個人主義に見えるだろう。しかし今年一年もやはり、うめぞうはこういう点では革命家でありたいと夢想しながら過ごしてきたようだ。こっけいといえばこっけいだが、この大晦日を一人で過ごしている皆さんに、うめぞうは心からエールを送りたい。豊かな共同生活は孤独を楽しむ強さからしか生まれない、と。
一年間、このブログを読んでくださった皆さん、どうもありがとう。それぞれの場所で、よいお年をお迎えください。

2010年12月30日 (木)

老後生活のリハーサル

まつこです。

今年もいよいよ残りあとわずか・・・というところで、うめぞうが膝が痛いと言い出しました。整形外科で診てもらったところ「変形性膝関節症」。筋力低下など加齢がひきおこす、きわめてありふれた疾患だそうです。下り坂や階段を下りる時に、特に痛むそうです。我が家は坂の上にあるので、こうなるとどちらの方向にも出かけにくく、映画見に行こうとか、レストランに行こうという計画はすべてキャンセル。

Photo

[うめ爺さんとご近所ランチその1。Fire Houseのハンバーガー]

やむなく、うめぞうは翻訳に精を出し、私はずっと読みたかった小説や視たかったDVDを家で楽しんでいます。合間にご近所を散歩し、途中でお昼ご飯を食べて、帰りに和菓子やケーキを買ってきて家で食べる。「ああ、老後はこんな生活になるんだろうなあ・・・」という予行練習みたいな日々です。

Photo_2

[うめ爺さんとご近所ランチその2。田奈部で年越しそば。うめぞうはごまだれそば、私はニシンそば]

そんな地味な年末に観て、グッときたのが『ケンブリッジ・スパイズ』(Cambridge Spies)という、2003年BBCのドラマシリーズです。1930年代、台頭するヨーロッパのファシズムに対する反感から共産主義に傾倒した名門ケンブリッジ大学の学生たち。その4人が卒業後はエリート中のエリートとして、外務省、情報部、BBC、王室とイギリスの権力の中枢で働きながら、ひそかにソ連に機密情報を流していた・・・。

英国情報部の歴史的汚点とされる二重スパイ事件をもとに作られています。キム・フィルビーら「ケンブリッジ5人組」と呼ばれるスパイが、若者らしい純粋な理想主義や、裏切りへの不安、歴史の皮肉、冷酷な政治といった様々な要素が複雑に絡み合う中で、成長し、過ちを犯し、恐れ、泣き、怯え、不安の中で生き延びていく数十年を追いかけます。

魅力は重厚な映像美とイギリス俳優たちの底力を見せる演技です。石造りのケンブリッジ大学から始まり、イギリスの権力と権威を、若きスパイたちは切り崩そうとするわけですが、彼らの手法はその中核に入りこんで、内側からそれを崩壊させること。宮殿、外務省、大使館、紳士クラブなどの内部で繰り広げられる権謀術数。大英帝国の威光を見せつけるような場面の連続です。

キム・フィルビー(トービー・スティーブンズ)、アントニー・ブラント(サミュエル・ウェスト)、ドナルド・マクリーン(ルーパート・ペンリー・ジョーンズ)ら、正統派二枚目俳優らにまじって、異彩を放っていたのがガイ・バージェスを演じたトム・ホランダー。イートンからトリニティ・カレッジに進学したガイ・バージェスは『アナザー・カントリー』の主人公のモデルでもあります。ホモでアル中。エキセントリックな言動は、危険と背中合わせのスパイ活動をするにはあまりにも目立ち過ぎる。けれど、いざという時に、その言動に抜群の知性と育ちの良さがあふれ出てきます。

ソ連の対独参戦が伝えられた時には上機嫌で、紳士用品店の立ち並ぶジャーミン・ストリートの老舗ターンブル&アサーにふらりと入店。イートンのネクタイとトリニティ・カレッジのネクタイと、コミュニストの印である赤いネクタイを買い、3本を同時に締めて店を出る―。ヒトラーとの対戦という共通目標でイギリスとソ連が結び付いたとき、祖国イギリスへの否定しがたい愛情と、共産主義国ソ連への共感の間の矛盾が解消する。その喜びを表現する場面です。

イギリスのエリートたちは、イギリスを愛しながら、イギリスを裏切った。これが『ケンブリッジ・スパイズ』のテーマのひとつのようです。「裏切り者をロマンティックなヒーローに仕立てた」「クール・ブリタニア世代が軽やかに単純化した歴史」というような批判もありますが、イギリスのハンサム俳優たちの懊悩する表情と、イギリスの美しい景観をたっぷりと堪能できるドラマです。英国好きならリージョン・フリーのプレーヤーを買ってでもぜひ観ていただきたいDVDです。

2010年12月26日 (日)

テーマ付き女子会

まつこです。

職場の女性の同僚たちと仕事帰りに食事という機会がときどきあります。たまには仕事の愚痴は控えめにして、「女子会」らしい華やかさを演出するため、テーマを決めて集まろうということになりました。設定されたテーマに沿ったファッションで集まるという趣向です。

Photo_2 

[私の職場の妹たちです。丸の内のブリックスクエアで記念撮影。気分はSATCといったところか?]

さまざまなテーマが候補に上りました。「丸の内OL風」「毛皮でゴージャスに」「パープルを身にまとう」「全員横じま」「シノワーズ」「アフリカ系」などなど。いずれも賛否両論あり、結局決まったテーマは「目ヂカラ」。

最年長の私もこのノリについていくべく、ランコムの電動マスカラ使ってまつ毛を伸ばし、パール入りのキラキラ・アイシャドウをつけ、アラン・ミクリの老眼鏡かけて行きました。

しかし・・・

参加者は皆それぞれいつもより濃い目のアイメイクをしてきましたが、お店の間接照明の下では、もう一つその効果が発揮できていませんでした。捲土重来。次回はもう少し明瞭なテーマ設定にしましょう。

飲み会にテーマなんてばかばかしい・・・とあなどるなかれ。こういう「遊び心」は笑いの源泉。笑いは社会の潤滑油です。不況にも関わらず、あっちこっちで女子会が開かれ、にぎやかな歓声が聞こえています。女性たちの物おじしない行動力や、ストレートな欲望は、社会の停滞を打破する機動力になるような気がします。

2011年も元気な女子たちにぜひ頑張ってもらいたい!年末のイルミネーションを背景にはじける笑顔を見せる同僚たちにカメラを向けながら、元気な女子たちのますますの活躍を祈念しました。

2010年12月24日 (金)

クリスマス・イブ

まつこです。

弟と私の「母の老人ホーム入居作戦」はとうとう失敗に終わりました。弟は大阪からたびたび新潟に行き、スカイプで大阪の家や孫たちの様子などを母に見せたり、あれこれ言葉で説得したようなのですが、いずれも功を奏することはありませんでした。「ダメだ、もうしばらく一人暮らしをさせよう、あれこれ心配だけどここは我慢しよう・・・」と長期戦に臨む構えです。

ま、しかたありません。そうこうするうちに明日はクリスマスです。

Photo

[ときおり登場するこの白クマくんもクリスマス用の衣装に着替えさせました]

家庭でも母のことで、気の重い年末となりましたが、世相も決して明るくはありません。学生たちはなかなか就職先が決まらず、街を歩いていても数多くのホームレスの人を見かけます。不況から抜け出す気配はどこを見ても感じられません。

私がよく通るお茶の水駅の横の橋の上では、一人のホームレスの男性が The Big Issueを売っています。The Big Issueはロンドンを拠点とするホームレスの人々の自立を支援する団体が作っている雑誌です。慈善団体として金銭補助するのではなく、雑誌販売という仕事を提供することでホームレスの人が自立した生活に近づけるよう援助するというのが、この団体の理念です。

Photo_2

[Big Issueの最新号]

このThe Big Issueは1冊300円です。これを1日に40冊ほど売れると、アパートを借りてホームレス生活から抜け出せるのだそうです。内容もなかなか充実しているので、私はときどき買っていますが、いつもその趣旨に賛同して、少し余分に500円を渡すようにしています。

今日もお茶の水橋の上で最新号を売っていました。その姿を見たとたん、「今日はクリスマスイブだから1,000円にしようかな・・・うーん、でもいつも通り500円でいいかな・・・いや1,000円・・・ま、500円でいいか・・・」と迷ってしまいました。で、結局500円玉ひとつを渡して1冊受け取りました。

それを手にして50メートルほど歩いたところで、「クリスマスだし、今晩から寒波がくるそうだし、やっぱりもう少し余分に出すべきだったか・・・」と思いなおし、Uターンしてその男性のところに戻りました。お財布を見ると100円や10円など、中途半端な金額しかありません。結局1,000円札を1枚さし出しました。今回のThe Big Issueは1,500円。「こんなことなら最初から1,000円にしておけばよかったか・・・いや、あの瞬間逡巡した私がせこかった・・・」などと、まだあれこれ考え続ける私。

「クリスマスですし、寒くなるそうですから、どうぞ」と言いながらさし出した1,000円札を、ニコリともせず「どうも」と一言、無表情で受け取ったあの男性。同じような立場に置かれているホームレスの人が、たくさんいるはずです。きわめて厳しい生活を日々送っているホームレスの人に、1,000円をさし出したからといって、愛想の良い笑顔を期待することはできません。それが現実です。

来年が少しでも良い年になりますように、そして母が心穏やかに老いの日々を過ごしていけますように・・・とクリスマス・イブに祈っています。

2010年12月 2日 (木)

黄色いトンネル

まつこです。

本来は新しもの好きだったはずなのですが、最近の新製品の高度なテクノロジーに取り残されつつあります。ここはなんとか時代の流れに取り残されずについていこうと思い・・・

Photo

[うめぞうにも一台。タッチパネルで指先を使うと老化防止になりそうです]

新製品を買いました。レディー・ガガの宣伝する話題のauのAndroid搭載スマートフォンです。予約をしていて先週の発売日に購入。使用し始めて1週間経ちました。

おサイフケータイがついているスマートフォンの発売を心待ちにしていたのですが、残念ながらモバイル・スイカが使えるようになるのは来年度になってからだそうです。JR東日本の新幹線が割引になるので、新潟に遠距離介護で通う私にはおサイフケータイは必需品だったのですが。

モバイル・スイカが使えずがっかりでしたが、意外なものが役に立っています。歩数計です。1日一万歩を目標に設定しています。通勤の往復では8000歩くらい。足りない分は夕食後、MBTのシューズを履いて、近所の散歩をします。

Photo_2

[夜の東大構内。この新しい携帯についているカメラで撮った写真です]

師走にしては暖かく、本郷界隈では銀杏の葉もまだたくさんついています。歩くだけなら前からある万歩計だって変わりはないんだけどなあと、思いながらスマートフォンを握りしめつつ夜の銀杏並木の黄色いトンネルを通り抜けました。

2010年12月 1日 (水)

クリスマス・ツリー

まつこです。

12月になりました。母の老人ホーム入居説得作戦は第2週目も不首尾に終わりました(涙)。2週続けて大阪から新潟まで行き、母を説得した弟でしたが、頑固に拒否し続ける母に、「ダメだ・・・これ以上話していると、キレて乱暴な言葉遣いになっちゃいそうだ」とため息つきながら退散してきました。

ケア・マネージャーさんに相談したら、「納得して老人ホームに入る方はあまりいません。最後はたいていご家族が強引に入居させます」とのこと。

ああ、気の重い年の瀬です。

しかし、気分を変えて・・・

Photo_2 

[少し大人っぽいデザインにしたつもり]

クリスマス・ツリーを飾ってみました。日本橋のデパート二つに行ってみましたが、あまり適当なものがなく、ツリーもオーナメントもネットで探して取り寄せました。日本の家庭用にスリムにしたデザインだそうです。狭い我が家にはちょうどよかったです。

一心不乱にツリーの形を整えたり、オーナメントの配置を考えたりしていると、いつのまにか心配のあれこれを忘れていました。イルミネーションに照らされてきらきら光る飾りを見ていると、心のこわばりがほぐれていく気がします。

Photo_3

[キラキラ輝く天使のついたベル]

今年のクリスマスはどうなるのかな、まあ、なんとかなるさ・・・いや、なんとかなってほしい・・・と祈るような気持ちで、クリスマス・ツリーを眺めています。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »