« 二度目のぎっくり腰 | トップページ | 2年を経て »

2010年10月30日 (土)

うめぞう2号

まつこです。

昨晩、うめぞうと二人で夜7時過ぎ、新潟の実家に到着しました。東京駅で新幹線に乗る前に電話をしておいたのですが、母の記憶には残らなかったようで、玄関の鍵がしまっていました。母はもう寝る支度をしかけていたようで、上半身はパジャマ姿でした。

Photo

[母が庭から採ってきた紅葉が家のあっちこっちに飾ってありました]

「お久しぶりです~」と明るく挨拶するうめぞうに向かって、「あの~、この方、誰だったかしら・・・。覚えているような、なんだか分からなくなったような・・・」と言い出しました。

えっ、なに?!私は思いっきり焦りました。「ママ、うめぞうだよ!う・め・ぞ・う!!!忘れたの?さっき二人で行くって電話したでしょ?それも忘れた?なんでパジャマ着ているの?もう寝るの?お夕飯三人で食べるって電話で言ったよね?忘れたの?どうしちゃったの?この人、うめぞうだよ、うめぞう、わかるでしょう、うめぞうだよ!」

後からうめぞうに、あんなふうに弾丸みたいに話しちゃダメだよと諭されましたが、私の頭の中はパニック状態です。

母は途方に暮れた表情で、「うめぞうさん・・・そうね、うめぞうさんね・・・でもうめぞうさんはもう一人別にいたような・・・うめぞうさんはもう一人いるでしょ」とおぼつかないことを言っています。

先週から今週までの間に、カタンと一つ歯車が動いたようです。ここまでじわじわと進行してきた病状が、加速度をつけて進み始めたのかもしれません。ああ、いよいよ大波乱の始まりでしょうか・・・。

うめぞうはそれでもニコニコしています。「うめぞう2号が出てきちゃったよ。パーマン2号みたいなもんだな。5人目まで出てきたらおそ松くんみたいだ」と平然としています。私までつられて笑ってしまいました。

翌朝、風邪気味のうめぞうは少し遅れて朝食のテーブルにつきました。母はそのうめぞうを見て、「うめぞうさん? 昨日の夜いらしたのよね? でも昨日の夜のうめぞうさんはもっと若い男の人だったような気がする」と言い出しました。

これには思わず私も大笑いしてしまいました。確かに昨晩のうめぞうは、Henry Cottnsのセーターにパンツでもうちょっとぱりっと見えました。今朝のうめぞうはユ○クロのパンツに古ぼけたセーター、その上からイト○ヨ○カドーのジャンパーで、どこから見てもヨレヨレのオジサンです。

この状況にあって笑いは大切です。しかし笑っている場合じゃないのも確かです。外は秋景色に冷たい雨が降りかかっています。裏日本の厳しい冬の到来が間近です。灰色の空を眺めながら、深くため息をついています。

« 二度目のぎっくり腰 | トップページ | 2年を経て »

コメント

まつこさま

 それはそれはドキドキしましたね。
 うめぞう様もナイスです。

 私も以前、姪が我が家に遊びに来た時に、さんざん楽しくおしゃべりをして姪が帰った後、母が「ところで、あの子誰の子だったけ?」と言ったときはかなり焦りました。
 「○○君(兄)の子だよ。(っていうか母の孫は○○君のところしかいないのに…)」と説明したら、「あ~そうだったね。ちょっと思い出せなかっただけよ。」と言って、一時的なものでした。
 今はちゃんと姪の事、憶えています。

 新潟も雨なんですね。寒くなりましたので、どうぞお身体にお気をつけくださいませ。

しょうさん、コメントありがとうございます。

同じことの繰り返しを聞かされるのは「うんざり」ですが、こういう不連続な記憶の欠落は「ショック」ですね~。あきらめいたわる気持ちが大切とは思うのですが、なかなか難しいです。母本人はしばらくするとケロリとして上機嫌なので、それだけが救いです。

秋晴れの空が待ち遠しいですね。
しょうさんもお体に気をつけてお過ごしください。

まつこさま

さぞびっくりされたことでしょうね。焦りまくる気持ち、想像できます。慌てて弾丸みたいに話してしまうことも。
うめぞうさまのような頼りになるご主人がいらして、本当に心強いですね。

まつこさまの日記を通して、自分の親不孝ぶりを反省させられたり、いろいろ考えさせられていますが、何より、こんな大変な状況であってもご夫妻がいつも優しい気持ちでいらっしゃることを強く感じます。

雨風の強い寒い連休、気持ちも滅入りがちですが、お体にはお気をつけて。

まつこさま
おはようございます。
その後、腰の具合はいかがですか?

かなり衝撃的なお話ですね。
弾丸のように話してしまうお気持ち、本当によくわかります。
でも、常に冷静に、そしてユーモア精神を持って対処してくれる旦那様が傍にいてくれるのは、何より安心ですよね。
やがて我が家にも訪れるであろうことなので、うめぞうさんとまつこさんご夫妻のようになれたらいいなーと思っています。

今回の北京行きでのパスポートの一件以来、自分がちょっとボケてしまったんじゃないかとやや落ち込み気味の父。
なかなかそういう時に励ます優しい言葉がまだ出てきません。
なので、最近は私より穏やかで優しい夫にばかり父は話しかけています。(笑)

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

慌てたり、焦ったりするのも、自然な感情なので、それまで冷静にコントロールできなくても仕方ないと思っています。だって実の親がこんな風になれば、動揺して当たり前ですよね。

母の病気のおかげで、うめぞうの懐の深さが良くわかりました。感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思っています。


hiyokoさん、コメントありがとうございます。

腰はあまり無理しないよう、コルセット巻いています。ご心配ありがとうございます。

いずれこういう日も来るとある程度覚悟はしていたものの、それでもやはり焦るものです。日頃、夫婦で楽しい時間を共有していると、いざ危機がきたときに、お互いを支えあう土台になるように思います。hiyokoさんのところは、理想的な仲良し夫婦だから、ぜったい大丈夫ですよ。それにお父様は、旅行も囲碁も食事も、まだ意欲満々。まだまだお元気でいらっしゃるから、そちらも大丈夫。お父様も優しく頼もしいムコ殿がいて、安心していらっしゃると思います。良いムコ選びは最大の親孝行ですね!

まつこさん、こんにちは

初めての出来事、ショックでしたね。
私も母がおかしな事を言い出し始める度に、つい問いつめるような口調で話してしまったことが何度もあります。
いずれは訪れる症状の進行、頭では分かっていても、いざその時を迎えるとパニックになりますよね。

笑っている場合ではないことも事実ですが、でも、我が家も「介護の日々に笑いを添えて」をモットーに、夫とは認知症に立ち向かう同志のようなものでした。
笑わないとやっていられない、気持ちが絶望的になると、良い考えも浮かびません。
まつこさんには、ユーモアに溢れ心優しいうめぞうさんが寄り添ってくださっているのですから、それだけで勇気百倍ではありませんか。

調子の良し悪しの振れ幅はだんだん大きくなっていくように思いますが、どうか気落ちなさらずに。

翡翠さん、コメントありがとうございます。

今回の帰省は3泊4日でした。その間にケア・マネージャーさんや訪問看護師さんと会って話をすることができました。訪問看護師さんはやはり最近の変化に気づいていらっしゃいました。一人暮らしはそろそろ限界が近づいているようです。

老人ホームも検討しているのですが、弟や伯母もそれぞれ意見があるうえ、そもそも母が家を離れたがらないので、もめそうな気配もあります。うめぞうが私の判断を「全面的に応援する」と言ってくれているのが心強いところです。

翡翠さんの経験から学ぶところも非常に大きいです。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うめぞう2号:

« 二度目のぎっくり腰 | トップページ | 2年を経て »