« 夏休み | トップページ | おはよう電話 »

2010年8月 7日 (土)

マトリョーシカ作戦失敗

まつこです。

昔から旅行の荷物は少ない方でした。うめぞうと二人で二週間以上の旅行でも、80リットル程度の容量のスーツケース1つで済ませてきました。

でもリモワの82リットル入りスーツケースは、うっかり詰め込み過ぎると重量制限を超えてしまいます。機内持ち込み手荷物が増えるのもうっとうしいです。そこで二つ目のスーツケースを買うことにしました。

Photo[入れ子にすればしまうスペースが無駄になりません]

しかしスーツケースの置き場が問題です。我が家は極狭のマンションです。スペースを有効に使うために「マトリョーシカ作戦」を考案しました。入れ子のお人形のように大きなケースの中に中型のケースを入れ、その中にさらに小さな機内持ち込みできる小さなケースを入れようという算段です。

念のため丸の内のリモワのお店に行って、82リットルのケースの中に63リットルのケースをマトリョーシカみたいに入れることができるかと聞いてみました。でも店員さんは何を聞かれたのか分からないという表情です。結局最後まではっきりとした答えはもらえませんでした。

やむなくウェッブページで寸法を確かめ、十中八九いけそうな気がしていたのですが・・・

ダメでした。

Photo_2[ふたが閉まらない]

外寸ではうまくおさまりそうなのですが、車輪の部分が内側に引っ込んでいるので、その部分がつかえてすっぽりとは収まりません。マトリョーシカ作戦、失敗です。今日の教訓は「旗艦店まで行ったならしつこく最後まで問いただせ」です。そして「入れ子にするなら2段階のサイズ差が必要!」

それにしてもみなさん場所ふさぎなスーツケースをどう収納しているのか、良い知恵があったら教えてください。

« 夏休み | トップページ | おはよう電話 »

コメント

まつこさま

リモワのスーツケース、いいですねぇ。おしゃれで頑丈で。
でも、置き場には苦心しますよね。
うちでは、巨大スーツケースはタンスの上(これは最近はほとんど使っていない)、中型はクローゼットの中、小型のキャリアケースはベッドの下(収納型ベッドなので)。
あまり使わないならレンタルという手もありますけれど、やっぱり自分のものが欲しいですよね。
うちの職場の上司に、若い頃からヨーロッパ出張が多く、ヨーロッパ出張も国内出張もほとんど同じ感覚、という人がいます。彼はヨーロッパ1週間の出張程度なら、リモワの小型キャリーでさっさと出かけてしまいます。こんなに身軽に出かけてしまう人、他に知りません。しかも同じキャリーを職場にも日常的に持って来ています。もしかしたら、こうやって日常的に使う、というのが一番かもしれない、と思ったりしてます。

いっそのこと、普段の収納に使えるようなスーツケースがあればいいんですよね。無理か。

新しいスーツケースでの旅行、楽しんでらしてください!

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

赤いほうのリモアを引きずりながら成田まで来て、今、空港のラウンジでこれを書いています。測ったら18キロぐらしかないのに、重たくて、段差のあるところでは、へっぴり腰でヨイショッって感じです。老いを感じました~。私もそろそろ小型キャリーひとつで身軽に出かけるべきかも。若いころからよく一人旅をしてきましたが、「自分の荷物は自力で運べる」が絶対の原則です。リフトなし4階(イギリス式4階)まで独りで運べる荷物の量を目安に身軽な旅を心掛けたい、と思っています。

リモワのスーツケースはやっぱりいいですよねw
私は、63リットル?の4輪の中に、30リットル?の2輪を入れてます。
入るかなぁとおそるおそるふたを閉めたら、ちょうどぴったりはいりました!

晴れた日がすきさん、コメントありがとうございます。

リモワのスーツケースの良いところは、車輪の安定感ですね。ヨーロッパの石畳でガタガタしたところでも、あまり心配なく勧めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/49089061

この記事へのトラックバック一覧です: マトリョーシカ作戦失敗:

« 夏休み | トップページ | おはよう電話 »