« サンドイッチ・ウーマン | トップページ | 涙腺刺激 »

2010年6月21日 (月)

初めての・・・

まつこです。

子供の頃は初めての経験をするとわくわくしたものですが、大人になるとそもそも「初めての経験」をしなくなる・・・と思っていたのですが、年を取ってもあるんですね、「初めて」のことが。

Photo[これが私の初めての老眼鏡。黒と赤のツートンカラー]

最近、本を読むとすぐにくたびれていました。介護や雑務で忙しいために目がかすむのかな・・・と思っていました。しかしある日3歳年下の友人P君に会ったところ、書類を読むためにおもむろに眼鏡を取り出すのです。「もしかしてそれは・・・」と聞いてみるとやはり老眼鏡でした。

私はまだ使っていないわよ、と勝ち誇ったように言ったところ、ちょっと使ってごらんよと貸してくれました。どれどれ・・・とかけてみたら、目の前の書類の活字がくっきり鮮やか!「うわー、きれいに見える」と驚きの声を上げたら、「ね、まつこさんだって始まっているんだよ、老眼が」と言い返されてしまいました。これは悔しいけど認めざるをえません。

というわけで初めての老眼鏡。どうせならうんとおしゃれなのがいい!そこで出かけたのはアラン・ミクリのショップ。おしゃれでモダンなデザインで知られるフランスのブランドです。

Photo_2[こちらは乱視矯正のみの眼鏡。つるの部分は白いアセテートです]

デザイン豊富で選ぶのに迷ってしまったのですが、結局、二つ一度に作ることになりました。乱視がひどくなっていたのです。

私はこれまで免許の更新でもずっと裸眼で大丈夫だったのですが、芝居や映画を見るときに、どうも細部がはっきりしないという実感はありました。近眼の症状はないのですが、乱視だけで視力が落ちていたのだそうです。

これまでサングラス以外のメガネとは無縁の人生だったのですが、一度に二つ持つことになりました。でも世界がはっきり見えると頭の中もすっきりした気分です。仕事もはかどるような気がします。

Photo_3[これがケース。アラン・ミクリは最近、黒いソフトケースにデザイン変更したので、このハードケースは残り少なくなっているそうです。ほしい人は急いでください]

世のアラフォー女子のみなさんに先達としてお伝えしたい。老眼鏡は見せびらかしたくなるほどおしゃれなものを選ぶべし!堂々と老眼鏡をかけてバリバリ仕事をするぞ、という前向きな気持ちになりますよ。

« サンドイッチ・ウーマン | トップページ | 涙腺刺激 »

コメント

まつこさま

おひさしぶりです。
私アラフォーですが、先日仕事の打ち合わせ中、細かい文字が読めず思わず眼鏡(近視&乱視)を外してしまいました。
周囲から「老眼じゃね?」と言われ、そんなはずは無い!と思いましたが、ありえるかもしれません。(;ω;)

もしそうだったら、まつこさんのようにうんとおしゃれな老眼鏡を買う事にします。

しょうさん、コメントありがとうございます。

フ、フ、フ・・・それは老眼かもしれませんね~。でもメガネのおしゃれも楽しいものです。

先日、机の上いっぱいに書類を広げて仕事を中断。デスクに戻ったとき、「あれ、どこ、どこ?」と老眼鏡を探してしまいました。このときばかりは、「老い」の実感ありましたが・・・。

ではこれからもよろしくお願いします。

まつこさん、こんにちは

我が家では、歳をとってきて、今までとは違ういろんな症状が体に起こることを「未知との遭遇」と呼んでいます(苦笑)
これから、ますます未知との遭遇が増えそうですが、それをマイナスに考えずに、どう工夫するか、いかに楽しむかが大切ですね。

私は近視で、コンタクトは遠近両用ですが、新聞や手元の本を読むのに今は裸眼が一番楽なので、老眼鏡はまだ作っていませんが、その日も近いでしょう・・・
私もまつこさんに習って、バッチリお洒落な老眼鏡を作ることにします!

そういえば、先日ご紹介いただいたシャープペン、数軒文具屋さんを回りましたが、まだ買えないでいます(笑)

翡翠さん、コメントありがとうございます。

まさに「未知との遭遇」です。なんで私が老眼?なんでーっ!と憤慨しましたが、でも誰だって不老不死というわけにはいかないのですから、未知との遭遇を自然に受け入れる心構えは必要ですよね。

あのシャープペンシルはアマゾンで買えますよ。「ぺんてる タフシャープ」で検索してみてください。ぜひ、お試しください。(私は以前はお茶の水丸善で買いました。他の文具店では見たことありません。)

まつこさん
昨日の打ち合わせでの赤い老眼鏡、とってもお似合いだった。ほんとにお若く見えましたよ!私もいつの日かお世話になるときは絶対アランなんとかやらにお世話になりますeyeglass

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

「老眼鏡で若づくり」、これは秘伝の高等戦術です。十年後、我らが職場の会議の席にはさまざまなデザインのお洒落な老眼鏡がずらりと並ぶことになるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/48689696

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての・・・:

« サンドイッチ・ウーマン | トップページ | 涙腺刺激 »