« 涙腺刺激 | トップページ | 週末リゾート »

2010年6月29日 (火)

ほんのり辛口の児童文学

まつこです。

オフィスで使っているお気に入りのマグカップを紹介します。

Photo[ロンドンからのおみやげ]

ロンドン在住だった友人のcherryさんが、ある日、このマグカップをお店で見つけたとたん「まつこさんに似ている!」と思ったそうです。昨年、一時帰国の時におみやげに持ってきてくれました。包みを開けた瞬間、自分でも「似てる!」と思いました。

Photo_2[49歳のバースデーにもらったカード]

それから数カ月後の私の誕生日に、夫うめぞうがバースデー・カードをくれました。カード売り場でこれを見たとたん、「まつこに似ている!」と思ったそうです。

このイラストはあのマグカップと同じ人が書いたものではなかろうか・・・

と思いながら、カードを開いてみると、自分でも笑っちゃうくらい私に似ているイラストが目に入りました。

Photo_3[カードの内側のイラスト]

無理に若づくりして、小さめのTシャツを着て、おへそが出てしまっているところが非常によく似ています。

調べてみるとマグカップもカードもローレン・チャイルド(Lauren Child)というイラストレータの描いた絵でした。

ローレン・チャイルドは絵だけではなく、物語も書きます。『チャーリーとローラ』という兄妹を主人公にした絵本のシリーズが英米で大ヒットし、イギリスではテレビ番組化もされているそうです。マグカップの絵はそのローラです。

バースデー・カードの方はクラリス・ビーンという女の子を主人公にした児童文学のシリーズの絵です。

そのクラリス・ビーンのシリーズの一冊を読んでみました。読んだらますます似ている気がしました。

Photo_4[大人たちにクールな視線を向けるクラリス]

読んだのは『ぜったいわたしよ、クラリス・ビーンよ』(Utterly Me, Clarice Bean)。クラリスは探偵小説に夢中になり物語の世界にすっかり自己同化してしまう夢想癖と、学校や家庭での出来事をきわめてシニカルに分析する批判眼を併せ持っています。子供らしい無邪気さやかわいらしさはあまりありません。

たとえばクリスマス・・・。

「わたし、サンタクロースなんか信じていないんだけど、パパとママは私にサンタさんがいると思っていてほしいらしいの。だからとにかくサンタあての手紙は書くことにしているわ。こう書いたのよ。『サンタさんへ、もし本物のサンタクロースであれば、どうぞ懐中電灯をください。もし本物のサンタさんでないのなら、私に懐中電灯をプレゼントするよう他の誰かに伝えてください』」

こうして手に入れた懐中電灯を手に、クラリスはクローゼットの中にこもって探偵小説を読みふけるのです。

子供は純真無垢なものという古めかしい固定観念を取り払って、子供の自己主張や意外と冷静な分析力をリアルに描いているところが、きっと英米で受けている要因でしょう。中身のイラストや活字のデザインもウィットが効いています。

ほんのり辛口の児童文学です。愛と正義の物語ハリー・ポッターより、私はこっちの方が好みかもしれません。

« 涙腺刺激 | トップページ | 週末リゾート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/48752967

この記事へのトラックバック一覧です: ほんのり辛口の児童文学:

« 涙腺刺激 | トップページ | 週末リゾート »