« エキナカの誘惑 | トップページ | 里山散策 »

2010年5月11日 (火)

私のお気に入り

まつこです。

文房具へのこだわりを持つ人はたくさんいると思います。今日は私のお気に入りを紹介します。

Photo[いつもバッグの中に入っている三点セット]

バッグの中にはA5判の大きさの薄手のノートをいつも入れています。スケジュール帳とは別に、気がついたこと、思いついたこと、覚えておきたいこと、本を読んだメモなど、いつでもどこでもこれに書きこみます。

あるページには"Spanish Armada--130 ships, 8,000 seamen, 19,000 soldiers, 2,431 cannons"と書いてあります。授業の準備をした時のメモです。

あるページには「牽強付会」という四字熟語が2回繰り返し書かれています。これは漢字の練習です。(しかしこの難しい「牽」という漢字は2回くらい書いただけでは覚えられなかった。)

あるページには「黒ジャケット+ストライプ・パンツ+黒タートル」「ラベンダー・セーター+デニム」などいくつかの洋服のコーディネートが書いてあります。新学期が始まる前に服装計画を立てたのです。

このなんでも帳は旅行先などで見つけた、デザインのかわいいものを使います。Cath Kidstonのペンケースも、つい数日前に、かわいさにつられて買いました。他の持ち物や洋服はあっさりデザインのものが多いので、小物だけはかわいいものがときどき無性に欲しくなるのです。この女の子のパンツが並んでいるデザインの表紙のノートの中に、1588年のスペイン無敵艦隊の大砲の数がメモられているわけです。

しかしこの写真の中で、私のとっておきのお気に入りは、実は左端の地味なシャープ・ペンシルです。ぺんてるの「TUFF0.7」という商品名のものです。軸が太めで握り部分にすべり止めがついています。回転式でニョキニョキと出てくる消しゴムはかなり長さがあり、消しゴムとしての実用に耐えます。(スペアの消しゴムも売っています。)ヘビー・ユーザー向けのシャープ・ペンシルです。

0.7ミリという太めの芯は2Bのごく柔らかいものです。これが実に書きやすいのです。鉛筆のような柔らかさですが、シャープ・ペンシルなので太くなりすぎず、小さな文字も書けます。私はこのシャープ・ペンシルを自宅の仕事部屋に1本、バッグの中に1本、職場のデスクに1本、新潟の実家に1本、行く先々に備えています。これがないと仕事のノリが悪くなります。

ある日、職場のデスクの1本が見当たらなくなりました。数日後、別の部屋の若い同僚のところに行ったら、同じシャープ・ペンシルを使っています。「それ使いやすいでしょ?私も同じの使っているんだけど1本見当たらなくなっちゃった」と言ったら、彼は「これ、実は先日、私の机の上に誰かが忘れて置いていったものなのですが、使ってみたらあまりに使いやすく、ここ数日使い続けていました。まつこ先生のだったんですね。申し訳ありません・・・。」人のデスクの上に置き忘れた私が悪いんですが、無事、戻ってきてうれしかったです。

このエピソードでも、ぺんてるTUFF0.7の使いやすさが実証されています。高価なブランド品のボールペンでお蔵入りしているものもありますが、この350円くらいのシャープ・ペンシルには、太鼓判を押します。文字を書く機会の多い人、ぜひお試しください。

« エキナカの誘惑 | トップページ | 里山散策 »

コメント

まつこさん、こんばんは~

ぺんてるTUFF0.7、350円のシャープペン、そんなに優れものなのですね!♪?
私も仕事柄文字を書くことが多いのですが、筆圧が高くて^^;;;急いで書いている時ほどシャープペンの芯がポキ!っとなることが多くて、職場ではもっぱら鉛筆を愛用しています。
でも、この2Bの柔らかい芯なら、私のカリカリとした書き込みにも耐えてくれるかも!?
早速買って試してみようと思います。どうもありがとうございます♪

翡翠さん、コメントありがとうございます。

鉛筆派の方には、このシャープ・ペンシルは合うと思います。書き味が似ています。私も筆圧が高いので、鉛筆だとすぐに芯が丸くなっちゃいます。その点、やはりシャープ・ペンシルは便利です。TUFFには0.9ミリの芯のもあるようですが、鉛筆の芯より細い0.7と2Bの柔らかさの組み合わせが私の好みです。

ちなみにアンダーライン用には、いまだに赤鉛筆使っています。プリント・アウトした資料にはマーカーを使いますが、本には三菱の色鉛筆。鉛筆削りはハンドルをぐるぐる回す手動式。小学校入学以来まだ二代目の鉛筆削りです!

まつこさま

昨日の会議でまつこさんの机の上のペンシルケース、気になってたわ。Cath Kidstonだったのね。

ついつい業者さんにもらったものを使ってしまうので、文房具にこだわるのもいいですねpencil

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

Cath Kidstonのペンケース、やはり気がついていましたか。ぽにょのクルリとまあるい目は、かわいいものを決して見逃さないわね。

業者さんの文房具、私も使ってますよ。☆美堂のクリアファイルやThom*** Lear***のボールペン使っている人が周りにもいっぱいいますね。

まつこさま

こんばんは。まつこさまも身の回りの品物にこだわりがおありですね〜

手帳がかわいいっ! 
私は自分の字が真剣に嫌い(ものすごい悪筆)なので、こういうかわいい手帳は欲しくても我慢しちゃいます。手帳が汚されて悲しくなるからです。それでも欲しいっ!と思うことはしょっちゅうで、しみじみ字のきれいな人が羨ましくなります。

シャープペンシルもそうです。まつこさまご愛用のもの、私も使ってみたら、きれいな字が書けるでしょうか。。。

Cath Kidston グッズ、日本でこんなに流行っているとは知らず、昨年ロンドンのSelfridge's であまりのかわいさに狂喜して、ダブルデッカーの絵が描かれたキーホルダーを買いました。日本って、何でも手に入るんですよね。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

わたし、字は汚いですよ。なぐり書き。だからこそかわいいノートを選ぶんです。内容はパラパラ、字はめちゃくちゃでも、閉じてしまえばピンクの表紙。字がきれいならコクヨか大学生協のノートを使えばよろしい!

Cath Kidstonは、新しいブランドなんでしょうか? 私は学生が使っているのを見て、「古めかしい舶来品みたいなデザインだな、レトロ・ブームかな?」と思っていました。昨夏、ロンドンで持っている人を見かけたときは、日本のカワイイ・ブームがここまで来たのか・・・と見当はずれなことを思っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/48334915

この記事へのトラックバック一覧です: 私のお気に入り:

« エキナカの誘惑 | トップページ | 里山散策 »