« 私のパロディ | トップページ | 昼ワインのおいしさ »

2010年3月21日 (日)

学生からの要望にギクリ

まつこです。

街や電車で袴姿の学生をよく見かける時期になりました。私の勤務先でも卒業式が無事終了。ほっと息つく間もなく、新入生が入ってきます。沈丁花の香る卒業式、桜の舞い散る入学式。毎年繰り返す行事ですが、晴々とした気分で良いものです。

Photo[男女共学の大学ですが、私のゼミは女子学生が圧倒的に多いです。耳や唇にピアスをしていた無口なスケボー少年が今年唯一の男子学生でした。「僕のカメラでも撮ってください」と言いながら、はにかんだ表情で記念写真におさまっていました]

最近ではどの大学でも学生による授業評価アンケートというのをやっています。講義の仕方や内容について学生の評価が点数化され、教師にフィードバックされます。コメントも付いています。

教師になりたての頃、「首がすわっていない」というコメントをもらって赤面したこともあります。(首を傾けるクセがあったみたいです。)「雑談が面白い」というコメントには喜んでいいのかどうか?

今回、ちょっとギクリとしたのが、「もっと早く名前を覚えてほしかった」というコメントです。実はこれ自覚症状がありました。

学生の名前を覚えられない理由1:みんな似て見える! 

最近の若い子の顔だちや表情がみんな同じように見えるのです。男の子は前髪が長めのウルフカットに細いあご。女の子はつやつやの頬にクルリとした目で長いナチュラルな髪。ヒラヒラしたチュニックやミニスカートの重ね着。うーん、区別がつきにくい。

学生の名前を覚えられない理由2:名前が凝り過ぎ! 

アンナ、マリナ、アリサ、マリア、マリカ、エリカ、エリナ・・・。こういう外国語っぽい響きで、一音に一つの漢字を組合わせるという名前が多いのです。たとえば「亜李沙」さんやら「茉莉加」さん。名簿にずらりと並ぶと梵語みたいに見えなくもありません。うーん、読みにくい。

この理由(言い訳)以外に、こちらの記憶力が落ちてきていて覚えられないのも確かです。30代までは、30人くらいのクラスなら、わりとさっと覚えらました。最近ははなっから諦めて、覚えようという努力をあまりしていませんでした。

しかし学生の顔と名前を早く覚えてほしいという要望もごもっとも。4月からは気持ちを入れ替えて、がんばって覚えてみようかな・・・。記憶力維持のトレーニングにもなるかもしれません。

« 私のパロディ | トップページ | 昼ワインのおいしさ »

コメント

まつこさま

名前を覚えられない、全く同感です! 
学生って、名前を覚えてもらうとすごく喜びますよね。逆にちょっと間違えて呼ぶと、思いっきり不機嫌な顔をされるので、ひやひや。

漢字を見ただけでは読み方が皆目見当のつかない名前もぞろぞろ出て来ましたね。
同じ漢字なのに、読みが違うケースも。
今年の学生に「兵衛(ひょうえ)」という人がいて、新鮮! でも読める! と感動しました。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

わりと早く覚えられる学生と、なかなか覚えられない学生と、まだらになってしまうのが、困るんです。「なんで私の名前だけ覚えてくれないの~」みたいなうらみがましい目で見られるとビビります。

「似て非なるもの」みたいな見た目の仲良し二人組がいつも座って並んでいたりすると、winkとかpuffyみたいに(古いっ!)、「どっちの子がどっちだっけ???」と一番ひどく混乱します。

学生の名前覚えが極端に悪い私にとって、この点は本当に頭が痛い問題です。私の場合には年齢の問題というよりも、どうもその部分のねじがそもそも抜けているようなんです(ほかにもたくさん抜けてますが・・・)。なにせ、ヘタすると小人数でも全員の名前を覚えるのに半年かかりますから、半期の授業なら、名前を覚えないままに終わってしまいます。特にゼミの学生さんには「私は極端に名前覚えが悪い」と最初にお詫びを申し上げることにしています。

wombyさん、コメントありがとうございます。

そうですか、開き直り戦法ですか。私もその路線にしようかな・・・。「最近、わたくし、頭のねじがあちこち緩んでおりますので、みなさんのお名前が覚えられません。ごめんなさいね」とか言ったときに、笑いが取れればいいんですけど、気まずい沈黙が流れる可能性の方が高そう。これから「おば(あ)ちゃん先生」のキャラをどういう風に作りあげていくかが、人生後半の課題です。

まつこさま、

名前と顔を一致させるのがだんだん難しくなるのですね・・・。私にはまだ未知の領域です(笑)。私は「お姉さん」先生から「おばさん」先生へどうやってこれから路線変更していくかが大きな課題です。まつこさまをロールモデルとして頑張ります!

写真の顔を覆っているぶたさんの色が女性と男性で異なっていること、改めてよく見ると、ほんとうにそうなっていました。感動したなり。

ぽにょさん、コメントありがとうございます。

そうなんです。昔は「おじさん」は全部同じに見えたのですが、最近は「男子学生」が全部同じに見えます。この症状が現れ出したら、「お姉さん」先生から「おばさん」先生への切り替え時と心得たら良かろうかと思います。「うちのお母さんと同じだ~」と言われるのも目途になります。

ブタじゃなくてウシだって言ったでしょ! オスもメスも角ついてるんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/47867807

この記事へのトラックバック一覧です: 学生からの要望にギクリ:

« 私のパロディ | トップページ | 昼ワインのおいしさ »