« 1セントの使い道 | トップページ | 『パイレーツ・ロック』で船酔い状態 »

2010年2月21日 (日)

ひざかけ

まつこです。

新潟もようやく春らしい明るい陽光があふれる日曜日になりました。庭の雪はまだ消え残っていますが、光の力強さが春の到来を予感させます。

Photo[ようやく完成したひざかけ]

冬の間、母はたいくつしのぎに編み物をやっていますが、もともとの趣味ではないので、複雑なものは作れません。マフラーばかり編んでいます。やたらとマフラーが増えてしまいました。編み目が不ぞろいなので、人に差し上げるのはちょっとためらわれます。

そこで今回はひざかけに挑戦してもらうことにしました。四角い単純な形なら大丈夫だろうと思ったわけです。しかし・・・

多少デザインを工夫しようなどと私が欲張ったために、年末から2か月近くかかってしまいました。編み物の本を見て、それを私が自己流でより易しくアレンジしました。母は小さな四角いモチーフを作り、それを私がとじ合わせるという分業です。

母は調子が悪い日は、この単純な小さい四角を編むのに苦労します。「あっ、まちがえたわ」と言って、ちょっと編んでは解きほぐすことの繰り返し。

一方、私は編み物は超初心者。編み物の本の記号を理解し、図解から編み方を習得しつつ編むのですから、時間がかかることはなはだしく、出来上がりも不揃い。

できあがったひざかけは編み目がつまっていて、どっしり重いです。母と娘の苦労が網目につまっていて、それで重みが増している感じです。

この重くて厚いひざけけ、寒がりのうめぞうが来たときにでも使ってもらうことにしましょう。

« 1セントの使い道 | トップページ | 『パイレーツ・ロック』で船酔い状態 »

コメント

モコモコしてるんですか? はやりの「森ガール」みたいで、いいじゃないですか。

それにしても「森ガール」、ユルくてモコモコしててペタンコ靴でというのは私も嫌いじゃないんですが(見る側として)、考えてみれば「おばあちゃんルック」ともいえるかな、と。世の中不景気だけど、お洒落したい女子の草食系質素ルックとしてモコモコの古着を重ね着してるのが「森ガール」というイメージがありますね。それに対して、不景気だからどんどん甲斐性のありそな男を捕まえましょう!という肉食系ルックが「盛り髪ガール」。うーむ、捕まりたくない。お金がいくらあってもたりない(ないけど)。

まつこさま

どっしり重いひざかけ、あたたかそうですね。
手作りって、しみじみ良いものですよね。完成した時の嬉しさもひとしお。
合作、というのもいいですね。


wombyさん、コメントありがとうございます。

「森ガール」って何????? 途方にくれてグーグルで調べてしまいました。なんでこんな若者のトレンドまでロンドンでフォローできるんですか?

この「森ガール」って80年代にひらひらゆるゆるのピンクハウスとかメルローズとか着ていた女の子たちの二世なんじゃないでしょうか。「盛り髪ガール」の母親はきっとボディコン系。こういうのもミームっていうのかもしれません。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

重いですよー、このひざかけ。いちおう「ブリティッシュ」なイメージの配色にしたつもりなんです。

編み物もたまにはいいものですね。老後の楽しみを増やすために、今から少しずつ続けていこうかと思っています。

まつこさん、こんばんは~

母娘の合作膝かけ、色合いが素敵ですね♪
その昔セーターを何枚か編んだりしましたが、私もきつく編んでしまうので編み目がつまり、重いセーターが出来上がりました。自分で編んだセーターは捨てがたく、でも今さら着る気も夫に着せる気もなく、押し入れに眠っています(笑)

まつこさんは大変だと思いますが、お母様と共同でできる作業があるっていいな~と思います。

翡翠さん、コメントありがとうございます。

そうですね、母と一緒に編み物をすることなんて、これまで全くありませんでした。これが貴重な経験になるのかもしれませんね。母は編み物をするたびに「私の姉はすごく上手なの、小学生のころからうまかったわ」と繰り返し語っています。最近は何をしてもよみがえるのは子供の頃の記憶のようです。

しかし私は仕事のあれこれが気にかかり、編み物しながら「うーん、こんなことしている場合じゃないんだけどなあ・・・」と気もそぞろです。思わず針を握る手に力が入り、どっしりとしたひざかけが完成してしまいました。

こんにちは、まつこさん
ひざかけ完成おめでとうございます。
なかなか素敵なデザインではないですか~~
今度は、モヘアの糸を使ってみるとかどうですか??
編みにくいでしょうか。
私も最近編み物を始めたんですよ。編み針であむ食器用スポンジになるやつです。
説明書見ながら四苦八苦しています~

絵莉さん、コメントありがとうございます。

モヘアのマフラーも母に作ってもらったのですが、あれは編み目がふぞろいでも意外と目立たなくて、お気に入りのマフラーになりました。

食器洗いのアクリル毛糸たわしは、母の姉(私の伯母)が得意で、一度に何十個も作ってくれます。夫の実家、夫の姉など、あっちこっちに配りまくっていますが、洗剤が少なくても汚れがすごくよく落ちるので、大好評です。絵莉さん、手先が器用そうでいらっしゃるから、すぐに上手になりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/47624302

この記事へのトラックバック一覧です: ひざかけ:

« 1セントの使い道 | トップページ | 『パイレーツ・ロック』で船酔い状態 »