« 1年を経て | トップページ | アニメと大河ドラマ »

2009年11月 5日 (木)

スカイライン

まつこです。

祝日の11月3日、東京での休日となりました。平日は昼間は勤務、週末は新潟で過ごすため、日中を東京の自宅で過ごすのは本当に久しぶりです。「文化の日って毎年、お天気いいわねー」と言いながら遅めの朝食をとっていたとき、窓の外の景色を見て驚きました。

Photo[食卓横の窓から見えるTokyo Sky Tree]

窓の外の景色の中に突如、建築中のタワーが出現しているのです。トーキョー・スカイ・ツリーです。

こちらは東側の窓なので、いつも朝食のときは眩しくてブラインドを下げているので、今まで気づきませんでした。帰宅はいつも夜ですし。

今のマンションに引っ越して6年ほど過ぎました。窓から見えるスカイラインは6年間で結構、変化しました。最初はこの写真に写っているタワー・マンションもありませんでした。これから、日々、このスカイ・ツリーが成長するのを眺めて暮らすわけです。あまり奇妙な景観にならないといいのですが・・・。

ずいぶん昔、チャールズ皇太子がロンドンのスカイラインの美しさを損なうというので、ロンドンの都市開発に激しく反発していた時期がありました。確かにその後、ロケットみたいな形のビルや黒いガラスのキューブみたいなビルが次々と建ち、ロンドンのスカイラインは大きく変化しました。セント・ポール寺院の大きなドームも立ち並ぶビルの隙間に埋没してしまいました。巨大観覧車のロンドン・アイも、テムズ対岸のビッグ・ベンの古めかしい風格をやや損なっている感は否めません。

しかし、パリのエッフェル塔も完成当初は、美しい都に立つ醜悪な鉄塔として批判されたそうです。今ではパリの象徴です。タワー脚部の曲線に美しさを感じる人もいるでしょう。美意識は時代とともに変化するので、あまり守旧的になってもいけません。でもこの窓の外に見えてきたTokyo Sky Tree、完成したら毎日眺めて暮らすことになるわけです。あまり奇妙奇天烈な姿に成長しないようにと、願っているところです。

« 1年を経て | トップページ | アニメと大河ドラマ »

コメント

こんにちは、まつこさん
うちは住宅地に戸建なので、窓から見える風景は、そうは変わりませんが、道の風景がずいぶん変わりました。
小さな県道だけだったのが、バイパスができ、駅があたらしくなり。
慣れてしまえば、どうということもないのですが、昔の田園風景(単なる田舎ですが)が懐かしくなることもあります。
東京のスカイラインでは、小石川後楽園から見える東京ドームの屋根は、いまだに「あちゃぁ」って思いますが(^^;

絵莉さん、こんにちは。

そうですよね、うっそうとした緑の向こうに銀色の宇宙船が着陸したような感じに見えますよね、東京ドーム。実は我が家の西側の窓からはこの東京ドームやラクーアのジェット・コースターが見えます。その向こうに東京タワー。年取ったら、もうちょっと自然な景色の中で暮らしたい、という気持ちもします。

☆まつこさまっ

まつこさんのお宅は、都心にありながら緑が多くて素敵な環境ですね~。東京ドームも見えるマンションだなんて、素敵!

そうそう。パリのエッフェル塔、はじめて近づいて脚部をみたとき、その曲線の美しさに見とれたことがありましたっけ。

遅ればせながら、ブログ開設1年おめでとうございます!
まつこさんのブログは、介護のことをきちんと書いておられながら、
優雅で、お洒落で、アカデミックで、かっこいいです。

これからも楽しみにしていますよーっ。

☆マダム、ようこそっ

おほめいただき恐縮ですが、東京の真ん中の極小の住居です。うめぞうはキッチンでカントとかヘーゲルとか読んでいます。マダムの素敵なお家の写真を拝見しては、「いつかはこんなところに住んでみたい・・・」とため息をついています。

エッフェル塔、あの裾の広がり方がいいですよね~。今度のTokyo Sky Treeはどうも「こけし」か「ローソク」みたいな形になるらしいです。レインボー・カラーのライト・アップなどにならないよう願っているところです。

実態は「優雅で、お洒落で、アカデミック」とはとても言えない生活ですが、そのイメージ目指してがんばります!これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/46678451

この記事へのトラックバック一覧です: スカイライン:

« 1年を経て | トップページ | アニメと大河ドラマ »