« 知らぬが仏 | トップページ | 新旧交代 »

2009年9月25日 (金)

あっちのお土産、こっちのお土産

まつこです。

東京と新潟を往復する生活が続いていますが、それぞれのところで待つ母やうめぞうに、ときどきお土産を持っていきます。今年の新潟は『天地人』の人気で観光客が増えているらしく、駅ビルで見かけるお土産のヴァラエティが増えました。「愛」のマークのついた兜をかぶったキティちゃんの携帯ストラップなどもあります。

Photo[新幹線の駅で見つけた野菜ジャム。豪雪で有名な津南町の野菜で作られているようです]

先日、見つけたちょっと面白いお土産は「野菜ジャム」です。夏に南仏を訪れたとき、トマトのジャム(コンフィチュールというのかもしれません)のおいしさが印象に残りました。山羊のチーズやフォアグラと合わせるとおいしいです。日本では見かけないように思っていたら、新幹線の駅のお土産品コーナーで見つけました。フォアグラと・・・は無理なので、シェーブルと一緒に合わせて食べようと思っています。

Photo_2[今日、母の検診があったため、昨晩、深夜に帰省。実家の庭には彼岸花がたくさん咲いています]

今週、母に持ってきたものは2点。一つはファンデーション。先週帰省した際に、切れているから買ってきてと頼まれていたのです。

まつこ:「頼まれていたファンデーション買ってきたよ」

ママ:「あらー、ありがとう。よく忘れなかったわね」

認知症の母親に「よく忘れなかったわね」とほめられるのは、いささか複雑な気分でした。

もう一つはウェストがゴムのズボン。母はもう何年も前に買った服ばかりを着まわしているのですが、だんだん背が低くなって、お気に入りのパンツなどは全部合わなくなっています。テレビで巣鴨のお年寄りなどを見ると、ラクチンそうなゴムのズボンをはいています。ああいうのはどこに売っているのかな・・・と思っていたら、つい先日、お茶の水丸善の前の広場の露天で見つけました。露天商のお兄さんが、「ゴムでラクだし、股上も深いし、丈も短めでお年寄りにはいいよ」と勧めてくれました。1900円。安い!

「ママもそろそろゴムのズボンにしたら」と先週言ったときには、「イヤよ」と断言していた母も、「これはラクでいいわー」と今日からさっそく身につけていました。これならあと2,3本まとめ買いしておけばよかった。

母は以前は比較的着るものに凝っていて、母のイメージにピッタリなものが見つかるまで、私が都内のデパートをいくつもいくつも探し回るということがたびたびありました。電話で「言われていたようなブラウス見つかったけど○万円もするよ・・・」と報告すると、「いいわ、買ってきて」となかなか度胸の良い買い物ぶりでした。その母が露店で買ったゴム入りズボンをはくようになるとは想像もしませんでしたが、年を取るというのはこういうことなのですね。

だったらおしゃれは楽しめるうちに精いっぱい楽しんでおくべきではないか、こないだ見た○万円のセーター、いったんあきらめたけど、やっぱり買うべきではないか・・・などと、母のズボン姿を眺めながら思案しております。

« 知らぬが仏 | トップページ | 新旧交代 »

コメント

ゴム入りズボンは巣鴨のとげ抜き地蔵商店街に行かないとないのかと思っていました。ネットで「ゴムズボン」で調べてみたら漁業・水産用防水製とか、江戸の祭仕様でダボシャツと一緒に売っているのかが頭に出てきて、ちょっと面食らいました。

なお、度胸の良い買いっぷりも辞さなかった私のお洒落は 27, 8 歳の時にほぼ終了したと思われます。

wombyさん、コメントありがとうございます。

「ゴムズボン」「ダボシャツ」・・・このネーミングってわかりやすいですね。我々が仕事するときもダボシャツ、ゴムズボンにすれば、肩がこらなくていいかもしれません。

「ファスト・ファッション」の時代らしく、最近の若者の買い物に度胸は不要のようです。渋谷はH&Mやユニクロに若者が殺到するファスト・ファッションの街になっているようです。

こんにちは、まつこさん。
「よく忘れなかったわね」には、吹きました(笑)
でも、頼んだことを覚えてらっしゃるのなら、まだまだ大丈夫そうですね!?
ウエストゴムズボンでしたら、セシールとかいいですよ~
母も利用しています。
うちの母も昔は買い物といったら「デパート」だったのに、今ではすっかり、ユニクロ、セシールです。
本当におしゃれは楽しめるうちにしておくものかもです。
セーター買っちゃえ買っちゃえ~~(悪魔のささやき)

お野菜ジャム、興味あります〜〜。味見してみたいですっ!
そろそろカボチャパーティ(ハロウィーンのこと)が近くなりました。カボチャジャム、どんな味かしらん? パンプキンパイの中身とは違うんだろうな〜。
東京もようやく息が付けるほど涼しくなってきたので、これから食欲満開になる予定。
一人暮らしなのに、食料はいつでも冬ごもり前のリスのごとくに買い込む癖があり、そのくせ飽きっぽい性分なので、開封した瓶たちが冷蔵庫にずらり。。。

絵莉さん、コメントありがとうございます。

セシールでウエスト・ゴムズボン売っているんですか。貴重な情報ありがとうございます!東京に戻ったらお茶の水丸善前の露天にまた行ってみようと思っていたところでした。

あまーい悪魔のささやきもありがとうございます!ウエスト・ゴムズボンになったらモ○キーノのセーターなんか、ぜったい着ないですもんね。

ショウガネコさん、コメントありがとうございます。

カボチャ・ジャム、色が渋めで、私はまだ食べていません。夫に聞いたところ、「カボチャの味」だそうです(すみません、答えになっていなくて)。

冷蔵庫の中のビン類、悩みのタネですよねー。うちはジャム類だけでも、イチゴ、ブルーベリー、リンゴ、ピーチ・・・に加えて、野菜ジャムです。アメリカ人みたいな巨大な冷蔵庫(がおけるキッチン)がほしいところです。

まつこさん、こんにちは~

私も「よく忘れなかったわね」発言、ウケました♪
お母様にとって大事なファンデーションだったのでしょうね。

オシャレについては、うちの母も全く同じで、スリムな母は細身の「パンツ」を好んではいていましたし、洋服はもちろんデパートでした。
今はウェストゴムの「ズボン」を、私は大抵ヨーカ堂で買っています。セシールという手もありましたね。私も早速チェックしてみます(笑

東京-新潟の二重生活を送る自分へのご褒美は必要です!セーター買いましょう♪

翡翠さん、コメントありがとうございます。レス、遅れてごめんなさい。

なるほど、ヨーカ堂でウェストゴムズボン買えるんですね。それなら母の住む田舎にもあります。さっそくチェックします。今日、お茶の水丸善の前を通りかかったときは雨で露天はシートがかけられ、閉店していましたし。

皆様に励ましのお言葉をいただき、あのセーターを買おうという気持ちになったのですが、デパート行っている時間がありません(涙)。もう売れちゃったかも・・・などと思っている間に、冷静さを取り戻し、熱がさがりつつあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/46311542

この記事へのトラックバック一覧です: あっちのお土産、こっちのお土産:

« 知らぬが仏 | トップページ | 新旧交代 »