« 涙の流れ方 | トップページ | ハイヒール効果 »

2009年7月 4日 (土)

名前のない世界

まつこです。

いつもどおり新潟での週末です。母は元気に暮らしていますが、最近、いろんなものの名称がすぐに出てこないということが増えています。ごく日常的な、「じゃがいも」とか「とうもろこし」といった名前もすぐに出てこなくて、ほら、あれあれ・・・ということが頻繁にあります。

Photo[これが夏椿]

花の名前もしかりです。今朝、「夏椿が今年はたくさん咲いたわね」と言ったら、「ナツツバキ??? そんな花うちにあったかしら??? ナツツバキってなに???」と、きょとんとしています。こういうことが増えました。

「明後日の月曜日は体操教室がある」とか「うめぞうさんの植えた野菜の苗が大きくなった」とか「まつこに頼まれたコーヒー豆を買いに行く」というような、文脈のあることは覚えていられるのですが、名称がだんだん記憶の中から消えていっている、という印象です。

Photo_2[お中元シーズンですね]

今日は亡くなった父の従弟からお中元が届きました。やはり名前がすぐに出てきません。「『この人』いつもお花送ってくれるのよね。冬は『あの・・ほらあの花』の盆栽だったわ」という調子です。(『あの花』は梅です。)

豪華な蘭の鉢植えをいただいたので、玄関の正面に飾ることにしました。この花台は父のまた別の従兄が、天然木で手作りしてくれたものです。「この台は『ほら・・・あの人、あの人』が作ってくれたのよね。『この人』と『こっちの人』はいとこ同士で、二人は仲がいいのよ。『この人』ほら『あの仕事』をやっていたから器用なのよ。こんな台を手作りしてくださるなんてね」。(『あの仕事』とは宮大工さんです。)

まあ、言いたいことは伝わるし、まだ会話は成立していますが、不便ではあります。名前のない世界にトリップした感じです。

蘭の鉢植えには、種類や育て方を書いたリーフレットがついてきました。それを見て「デンドロビューム・・・覚えにくいわね」と母。そりゃ、無理だ!名前なんかなくたって、「あの方からいただいたあの花がきれいでうれしい」と、それだけで良しとしましょう。

名前になんの意味があるというの。バラと呼ぶその花を別の名前で呼んだところで、甘い匂いに変わりはないわ。

What's in a name? That which we call a rose/By any other name would smell as sweet. (Romeo and Juliet, II.ii)

« 涙の流れ方 | トップページ | ハイヒール効果 »

コメント

その通りですよね。

この地より あめにまたたく星々に
あまさじと 名付けてみても
星の名も 知らぬがままにゆく人に
そのありがたみ なぞ変われやも。

These earthly godfathers of heaven's lights
That give a name to every fixed star
Have no more profit of their shining nights
Than those that walk and wot not what they are.
(Love's Labours Lost, I.i)

いや、しかし、名前は言語のきほんのき。なくなると不自由です。

あんた最初にやってきたとき
おれのこと、なでたりやさしくしてくれたり
果物の入った飲み物くれたりして、教えてくれたよね。
昼に輝く大きな光や、小さな方の夜の光を
なんて呼ぶのか。

When thou camest first,
Thou strokedst me and madest much of me, wouldst give me
Water with berries in't, and teach me how
To name the bigger light, and how the less,
That burn by day and night. (The Tempest, I.ii)

まずい、これじゃうちのママがキャリバンになっちゃう・・・。

名前が出てこないっていうのは、けっこうありますね。
うちの父も「車検証」が出てこず「カギとあれ」になってます。
指示代名詞のオンパレードですよね。

なにやら、コメ欄が高尚で私なんぞがコメしていいものやらという気がしますが、今回は私もちょっと書けることがありました。

 薔薇がアザミとか座禅草とかいう名前だったら、
 あんな良い香りはしないはずよ。

赤毛のアンです(笑)

絵莉さん、コメントありがとうございます。

いえいえ、wombyは同業者なもので、暗号みたいなコメントのやり取りになっちゃいました。

うちの母は「うーん、あれ、あれ・・・」と必死に言葉を探しているとき、やっぱりちょっと辛そうですね。母と私が電話で話していると、「え? なに? ジャガイモ? カボチャ? ゴーヤ? キュウリ? トマト? ピーマン? ああ、ナスね」みたいな感じです。まあ、最近、だんだん話題が狭くなってきたので、だいぶ予測がつくのですが。

赤毛のアン・・・なつかしい! 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名前のない世界:

« 涙の流れ方 | トップページ | ハイヒール効果 »