« 男と女の役割分担 | トップページ | 通信簿の見方 »

2009年5月22日 (金)

衝動買いのすすめ

ひさしぶりのまつこです。

職場でちょっと仕事の多い役職にあたってしまい、ここしばらくブログを書く時間がありませんでした。うーむ。でも、お酒を飲む暇も、買い物する暇もあまりないので、この忙しさは健康や家計には有益かもしれません。

その間、すっかり緑の色も濃くなり、初夏の日差しがまぶしい季節になりました。昨日の朝、出勤途中で同僚のゴーギャンと一緒になったとき、私のしていたサングラスを「カッチョイイー」とほめてもらいました。

Photo[Dolce and Gabbanaです]

これ10年以上前に買った古いサングラスです。前世紀のことです。夏休みを使って、1か月近い一人旅をしていた私。(あー、あの頃は、今に比べると時間の余裕がありました。)ヒースロー空港でミラノ行きの飛行機を待ちながら、(たぶんワイン飲みながら)うめぞうに絵葉書を書いていました。そこに搭乗のファイナル・コール。

機内で、はっと、気づきました。テーブルの上に当時愛用のアニエスbのサングラスを置いてきてしまったのです。日差しが強烈な夏のイタリアではサングラスは必需品。ミラノのガレリアの小さなお店に飛び込み、出会ったのがこのDolce and Gabbanaのサングラスです。

サングラス選びは意外と難しく、髪型や服装の雰囲気が変わると合わなくなっちゃうものも多いのですが、このD & Gは、時間もかけずにぱっと選んだにもかかわらず、持っている他のに比べると汎用性が高くて愛着のある一品です。ただレンズにキズもついているし、そろそろこれに代わる新しいサングラスがほしいのですが、最近のはやたらとブランドのロゴが目立つようにデザインされていたり、誇張されたビッグ・フレームだったり、この傷だらけのD & G以上に気に入るものになかなか出会えていません。

買い物って、出会い頭でビビッときたものの方が、じっくり比較検討して買ったものより、長く愛用したりしますよね。衝動買いは正解の確立が高い、というのが私のお買いもの哲学の一つです。(えっ、恋愛もまたしかり? うーん、どうでしょう・・・)

« 男と女の役割分担 | トップページ | 通信簿の見方 »

コメント

☆まつこさまっ

まつこさんのお買い物には、思わず旅情を駆り立てられる素敵なエピソードが満載ですねっ。ヒースローでは、たぶん、キャビアハウスとかでワイン飲んでいらしたのでしょうかっ(くふっ)。

まつこさんは衝動買いは成功の確率が高くていらっしゃるようですが、わたしはてんであきません(恋愛も?)。昔っから暴走するとロクなことがないのに、いまだに暴走グセもなおらないんですよね~。神楽坂で着ておられたダイアン?のドレスも素敵でしたね。
まつこさんはお洒落だわ~。

☆マダムっ、ようこそ

あの小さな写真でダイアンと識別なさるなんて、さすがマダム。仕事でくたびれている中間管理職の中年女が、「私まだ女を捨ててはいませんっ」と主張するのに、ダイアンのラップ・ドレスはうってつけ。しかしうめぞうからは「ゆかたみたいな服だ」と言われています。

衝動買い、幻惑、早とちり、妄想・・・すべて弱毒性のブタ・インフルエンザみたいなものです。かかって治れば免疫力があがります(消費も恋愛も)。マダム、どんどん暴走してください。暴走するマダムのお姿は私たちの勇気のもとです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衝動買いのすすめ:

« 男と女の役割分担 | トップページ | 通信簿の見方 »