« 仕事の記憶 | トップページ | 上野千鶴子の「悩みのるつぼ」批判 »

2009年5月 8日 (金)

レストランの味を再現

まつこです。

料理をするのが「負担」だと感じるときもあれば、逆に「楽しみ」に感じられるときもあります。今日は後者の日でした。

・・・というか、朝から机に向って仕事をしていたのですが、とつぜんムラムラとお料理したくなり、雨の中を自転車に乗ってスーパーまで買い出しに行ってしまいました。はっきり言ってデスクワークからの逃避行動です。

Photo_3 [この写真ではオレンジ色っぽく見えていますが、実際はピンク色です]

作ったのはまずビーツのスープ。ロンドンのLa Boucheeで"betraves"というフランス語がわからないまま注文した、あの"Soupe de Betraves"を再現してみました。ビーツは水煮の缶詰を使いましたが、まあまあ、近い味になったような気がします。今日は雨降りで、ちょっと肌寒さも感じるような日だったので、温かいスープがおいしく感じられます。

Photo_4[これもLa Boucheeのメニューをまねたものです]

もう一品はチキンのサラダ。セロリの端っこや玉ねぎでマリネしたチキンを、電子レンジでチンして、小さく裂いて使いました。このチキンと、適当な葉っぱもの、リンゴ、クルミを、粒マスタード入りのドレッシングで和えます。バルサミコの煮詰めたのをちょっと加え、最後にオリーブを飾りました。

うめぞうが月曜日に人間ドックを受けるので、にわかに野菜中心の健康志向メニューとなりました。試験直前の受験勉強みたいです。

今日のは2品ともLa Boucheeで食べたものを思い出しながら作りました。そっくり同じにはならなくても、私はこんなふうに、外食でおいしかったものを、ちょっと真似して作るのが好きです。

世の男性諸氏に申し上げたい。パートナーの女性においしい料理を作ってもらいたいという願望を持っているのであれば、おいしいレストランに行って、おいしいものを一緒に食べることですおいしいものを食べたことのない人においしいものは作れませんっ(断言)!熟年夫婦のレストラン・デートは、家庭料理の水準向上につながりますよ。

« 仕事の記憶 | トップページ | 上野千鶴子の「悩みのるつぼ」批判 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストランの味を再現:

« 仕事の記憶 | トップページ | 上野千鶴子の「悩みのるつぼ」批判 »