« カントの平和論 | トップページ | 大人サラダ »

2009年4月30日 (木)

オヤジギャルたちのその後

まつこです。

週半ばというのに、今朝は二日酔い気味でした・・・。昨晩、職場の女友達たちと仕事帰りにワイン・バーに寄って、気がつけば午前様。数時間の睡眠の後、ベッドからようよう這い出して出勤。でも飲みすぎてしまったのは、大いに盛り上がって楽しかったからです。

Photo[とにもかくにも、かんぱーい! 手前からゴーギャン、ぽにょ、アンジュ]

1990年頃、「オヤジギャル」という言葉がはやりました。オヤジ顔負けで酒を飲み、株を買い、ユンケル飲んでがんばるぞ・・・といったイメージの、元気な若い女たちがそう呼ばれていました。

あれからはや20年近くがたちました。40代を迎えた元オヤジギャルたちは、それぞれの職場で責任をになう中堅労働者となっています。仕事の帰りにほろ酔い気分で語り合うのは職場のカイゼン案。酔うほどにその口調は熱を帯び、組織の行く末は私たちの肩にかかっているとでも言わんばかりの勢いとなります。

そんな調子なので、最近、こういう場で恋愛関係の話題はめっきり減ってしまいました。私生活の話と言えば、マンション購入計画とかローンの残額とか。元オヤジギャルたちは、真正のオヤジに近づきつつあるようです。うーむ、ちょっとまずいかも・・・。しかし、飲みっぷりの良さ、ノリの良さ、そして二日酔いの気配など感じさせずに、翌日の職務に励む勤勉ぶりは、本物のおじさんたちを、もはやしのいでいるかもしれません。

Photo[帰りの電車の中でもにぎやかな私たち。自称手塚理美(左端)も遅れて参加しました]

夜遅くまで仕事の話で盛り上がった元オヤジギャルたちですが、ことファッション関係の話題になると、おしゃれ大好きな女性らしさを取り戻します。

まつこは今週この仲間たちに立て続けに、「あら、そのバッグ、素敵じゃない!」とほめてもらいました。新しい洋服、新しいバッグ、新しい靴、新しい髪型、新しい口紅、彼女たちは必ず気がつきます。そして鋭く短いコメントが交わされます。

Photo_2[これが仲間たちに褒めてもらったバッグ。ロンドンのJosephで買ったものです]

職場にこういう仲間がいると、互いに切磋琢磨できてなかなか良いものです。おしゃれは異性の視線をひきつけるためではなく、同性同士で楽しむための共通の趣味みたいなものですね。

人生を謳歌し続ける元オヤジギャルたち。あと20年たったら、おしゃれで元気の良いおばあちゃんになっていることでしょう。

PS:こういう内容の記事を書くと、必ずあとで、「私はオヤジギャルの世代より若いわ」とか、「まつこさんと私の間にはちょっと年齢差があるわ」とか、反論がくるはずです。しかし年の差というのは、年をとるほどに相対的に小さくなります!あと20年たてば、みんな同じような年齢です。

« カントの平和論 | トップページ | 大人サラダ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オヤジギャルたちのその後:

« カントの平和論 | トップページ | 大人サラダ »