« それぞれのストレス解消術 | トップページ | 恋の作法 »

2009年3月23日 (月)

想定外

まつこです。

今日のパリは曇り空。朝は霧に覆われていました。日曜日でお買い物は楽しめないので、ルーヴル美術館に行き、ラデュレでお菓子を買い、サン・ジェルマン・デ・プレ教会でオルガンを聞くという、パリ観光の王道をいくような一日を過ごしています。

Photo_2[ルーヴルは朝いちばんに行ったので、比較的すいていました。キューピッドとプシュケの象はたった一人で見れました]

こういう典型的な観光もいいのですが、旅行に出て楽しいのは予想外の出来事を経験することです。予定通り順調過ぎる旅より、少し想定外のことがあったほうが、思い出になります。

今回、ちょっとつまづいたのは、ホテルのチェック・イン。出発前日にあわてて旅支度をしたので、宿泊料の支払済みの証明書を印刷してくるのを忘れてしまいました。オンラインで支払いずみだと、ヴァウチャーは見せずにすむことも多いので、大丈夫だと思って気にしていなかったのですが、今回はどうしても必要だと言われてしまいました。「印刷してこなかった。ウェッブ上にはあるんだけど」と言ったら、ホテル内のビジネス・センターに行って印刷してくるように求められました。

「えー、12時間のフライトのあとようやくホテルに到着したのに、ビジネス・センターに直行するの?」と泣き言をもらしたのですが、許してもらえませんでした。ログインするためのピン・ナンバーを発行してもらい、ウェッブ・メールをチェック。旅行代理店からのメールを探し、パスワードやらいろいろ入れて、ようやくヴァウチャーの印刷完了。

こんなに手間のかかるチェック・インは初めてだ、と辟易しながらレセプション・デスクに戻ると、さっきまで融通のきかなかった受付嬢が、にわかににこやかな微笑みを浮かべ、「グッド・ニューズよ。あなたの部屋はセミ・スイートにアップグレードすることになったわ」と言います。融通が利かない代わりに、気前の良いホテルでした。

Photo[この写真の背後、ノートル・ダムの前では何やらデモがあり、警官に取り囲まれ、騒然としていました]

もう一つ想定外だったのは、「おじいさん」に声をかけられたこと。チュイルリー公園を一人散歩していると、背後から「ボン・ジュール、マダム」と声がします。振り向くと感じの良い紳士ではありますが、まつこの目には「おじさん」ではなく「おじいさん」のカテゴリーに入る年齢に見えます。「ひぇー、おじいさんに声かけられちゃったよ」とひるんだ隙に、「これからどこ行くの?シャンゼリゼ?パリに住んでいるの?フランス語どこで勉強したの?」と、あれこれ話しかけながら、一緒に歩いてきます(まつこのフランス語力はゼロに近いのですが・・・)。

「これから友達と会う約束があるのよ」と適当なこと言ってご退散願いましたが、フランス人って初老になっても道行く女性に声かけるのねと感心しました。それよりも若い男性には声をかけられることはなくなったのに、初老の男性に声かけられるなんて、実に不本意・・・。この複雑な気分も今回の旅の思い出のひとつになるでしょう。

« それぞれのストレス解消術 | トップページ | 恋の作法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定外:

« それぞれのストレス解消術 | トップページ | 恋の作法 »