« 視界に入っても見えないもの | トップページ | 残念至極! »

2009年3月12日 (木)

ダウンシフト

うめぞうです。

昨日3月11日は、まつこの誕生日ということで、湯島にあるコーダリーという、こじんまりとしたフランス料理店で誕生日のお祝いをすることになった。朝から黒のワンピースでおしゃれをして、指には最近、ひょんな偶然で手に入れた翡翠のリング。うめぞうは、まつこが「えせインテリの格好」と呼んでいる黒のタートルにツイードのジャケット。二人でそれなりに演出をして、夜7時半にお店で待ち合わせた。

このコーダリーというのは、以前紹介した神楽坂の難しい名前のリヨン料理店とご縁のあるお店とのこと。非常においしくて、お値段もリーゾナブルなお店だと、まつこの知っている裕福マダムが教えてくれたので、ためしてみることにした。例によってまつこはお店の許可を得たうえでブログ用にパチリ、パチリ、と写真を撮る。ギャルソンの説明もなかなかてきぱきしていて、食器のデザインも、出てくる前菜もとても洒落ている。しかも、ウマい。ワインは、最近二人で一本空けるのはきつくなってきたので、一杯千円のグラスワインを白、赤ためしてみたが、これがまたなかなかいける。

ところが、ところが、である。ふとみると、まつこの食事が一向に進まない。「私、なんだか、風邪気味みたい・・・」。みると、顔面蒼白。まつこが船酔い状態になっていることがすぐにわかった。後で判明したのだが、熱があって胃腸が完全に停止状態。前菜を一口食べただけでおしゃべりする気力もなく、ぐったりとしている。

そんなわけでまつこは、せっかくの誕生日ディナーをまったく食べられず、もったいない派のうめぞうが、なんと二人分平らげて、あまりさえない誕生日パーティに終わった。まつこは今日もうめぞうが作ったおかゆをちょっとたべただけで、ベッドの中で丸まっている。その顛末はいずれまつこが自分で書くだろうからいましばらくお待ちいただくことにして、料理の方は全体に深みのあるいい味だった。われわれは塩味が効きすぎている料理は苦手だが、このお店はその点、比較的薄味で、そのかわりに味と香りに柔らかい奥深さがある。うめぞうはとても気に入った。

それにしても、体の丈夫さでは昔からうめぞうよりはるかに勝っていたまつこが、ここのところ少し弱くなったように思う。それはひとえにオーバーワークと精神的ストレスによるものだろう。そこで、そろそろ全体にダウンシフトすることを、まつこには進めようと思っている。

ダウンシフトとは、もともとは車のギアを低段に下げることを言うが、最近では、収入や身分が少し下がっても、自分の時間を増やすために労働戦線を縮小することを指す表現としてよく使われる。われわれの共通の知人でも、大学病院でけっこうな地位に就いていた常勤の産婦人科医が職をしりぞき、アルバイト生活を始めた例がある。もちろん医者だからアルバイトといっても普通の人とは比較にならないほど好条件だが、しかし、社会的な地位やトータルの生涯賃金を考えれば、レベルダウンにはなる。それでも、職場でこれ以上、くたくたになるまで時間に追われるのはもうたくさんだ。そんな思いで決断をしたのだろう。

もちろん現在、職を解かれ、どんなところでも働きたいと思っているはるかに多くの人たちのことを考えれば、これは贅沢な悩みということになるかもしれない。いい職業を持ち、すてきな家に住み、まわりからうらやましがられ、お金に不自由のない生活。そんな生活を送っている人が、寝る前に寝床の中でふと考える。いったいこれが自分の望んでいた人生なのか。なにか違うんじゃないか。私は本当にlこの生活に満足しているのか。本当に幸せなのか、と自問する。そうやって自分を見直してみると、内面的には空っぽ状態。砂漠のような心象風景が見えてくる。そんなとき少しの時間があっても、ついついくだらないテレビ番組を楽しむわけでもなく眺めてしまう。明日はまた手帳がいっぱい。今週もまた一日も仕事のない日はない。心から感動に揺さぶられたり、誰かに心ときめかせたり、自分で面白いと思っている仕事に没頭したりしてみたい…。

こんな精神状態になったら、いちどダウンシフトを考えてみてはどうだろうか。もちろんまつこはまだそんなところまではいっていない。しかし、介護と職場のほかに、もう一か所、仕事を手伝っている場所があり、しかもうめぞうとちがって、まつこはいったん引き受けたことについては、手抜きができない。いまやしだいに身動きがとれなくなりつつある。しかし、いざとなると、年収が減少したり、自分の活動範囲が狭くなる決心はなかなか難しいものだ。人間、それぞれのところで、それぞれの悩みがあるものである。

« 視界に入っても見えないもの | トップページ | 残念至極! »

コメント

どうかお大事に。

wombyさん、ありがとう。復活しつつあります。今晩は湯豆腐です。

まつこ様
お誕生日・・・(おめでとうございますといってよいものか迷います)

はやく良くなるようお祈りしています。

私は以前、まつこさんに「一緒にがんばりましょう」といっていただいたことが、とても励みになりました。
今日は私からも言わせて下さい。
ゆっくり休養して、また回復したら、一緒にがんばりましょう♪

しょうさん、コメントありがとうございます。
熱も下がり、食欲も回復しつつあります。うめぞうには「鬼のかく乱」と言われています。しかし50歳もそろそろ射程に入ってきました。もはや気力だけでがんばるのはムリ。長期戦も予想されることですし、体力温存がまずは第一ですね。
「かつて若かった娘たちよ、一緒にのんびりやりましょう」を介護ユニオンの合言葉にしましょう。

まつこさま。
お誕生日おめでとうございます。
せっかくのお祝いのディナー、残念でしたね。
お風邪の具合は徐々に良くなっておられるとのこと、このまま順調に快復される事を心よりお祈りいたします。
きっと、お疲れが出たのですね。
こちらに来る度に、頑張っていらっしゃる様子に、すごいなー、大丈夫かなーって思っていたのです。
この機会にゆっくり養生なさって、また元気なまつこさんに戻ってくださいね。

私にもまつこさんと同じようなお誕生日ディナーの経験があります。
最高に張り切って臨んだレストランでは、お手洗いに行く時間の方が長くて、その間、夫はずっと一人テーブルに残され、、、。
今思い出しても、恥ずかしくて辛いお誕生ディナーでした。
それにしても、二人分のお食事をされたうめぞうさん、素敵です。

hiyokoさん、コメントありがとうございます。
食欲は人生の喜びの源である、と再認識した誕生日でした。また健啖家の夫でよかった、とうめぞうを改めて見直した誕生日でした。
コーダリー、なかなかおいしかったようです。今度写真をアップします。機会があったら、こちらのレストランも試してみてください。
hiyokoさんたちのブログもいつも拝見しています。コメントせずに見るだけでごめんなさい。最近では北京ダックとチヂミの写真にぐっときました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダウンシフト:

« 視界に入っても見えないもの | トップページ | 残念至極! »