« 風呂の入り方 | トップページ | がんばれ、熟年世代! »

2009年2月 3日 (火)

イギリス人の自虐ネタ

まつこです。

出張やら何やらあれこれ仕事や用事がたてこみ、ぐだぐだ愚痴を並べたてていたら、1月31日の記事のコメントにあるように、うめぞうから「一人で一週間くらいイギリスに行ってこい!」と言われております。

それで思い出したのは『ハムレット』のセリフです。叔父に父を殺害されたのかもしれないという疑いを抱いているハムレットは、狂人のふりをして、真実を探ろうとします。母が叔父と再婚してしまったために、女性不信にも陥り、「ふり」だけではなく本当に精神のバランスを崩してしまいます。王子の言動が常軌をはずれていることに危機感を募らせた叔父は、急いでハムレットをイギリスに送り出そうとするのです。

Photo[2006年の夏、ロンドンで。後ろに見えるのはグリニッジの天文台です]

頭がおかしくなったせいで王子ハムレットはイギリスに送られてしまった。それが国中の人々の知るところとなり、ひそかに身を隠してデンマークに帰国したハムレットは墓掘り職人がこんな冗談を言っているのを耳にします。

「王子様のおつむの病気もイギリスで治るだろうよ。まあ、治んなくなって構わねえけどな・・・イギリスじゃ目立たねえよ。あそこじゃみんな王子様と同じくらい頭がへんだからな。」(A shall recover his wits there.  Or if a do not, 'tis no great matter there... 'Twill not be seen in him there.  There the men are as mad as he.)

シェイクスピアはロンドンの市民たちのために芝居を書きました。このセリフを聞いて劇場に集っていた観客たちは、どっと笑い転げたはずです。シェイクスピアの芝居にはこんなふうに自国のイギリス人をわざと笑い物にするジョークが結構出てきます。イギリス人の自虐ギャグはシェイクスピアの芝居にも表れているというわけです。

そういう自虐癖のあるイギリス人にとって、かっこうのネタがイギリスの天気です。その天候の悪さを嘆きながら、悪ければ悪いほど、どこか喜んでいる風情すらあります。友人のイギリス人は昨年の夏、"one of the wettest summers officially for over a hundered years"とメールに書いてきました。「明らかに過去100年で最も雨の多い夏」というのですが、ああ、また始まった、イギリス人の天気の愚痴ね、という感じです。

さて、その天気の悪いイギリスですが、行くべきか、行かざるべきか、それが問題です。ポンドも安くなっているし・・・と思いながらも、貯金通帳の残額と手帳に書き込まれた仕事の予定を、額にしわを寄せながらにらんでいるまつこです。

« 風呂の入り方 | トップページ | がんばれ、熟年世代! »

コメント

いいですねぇ。イギリス。
とても、寒そうですが。
行けるうちに行って置いた方がいいと思いますよ~。
私も、旅に出たいです!!

絵莉さん
そうですねぇ・・・確かに、いつか行けなくなる日も、来る可能性ありますね。寒いとこでも、暑いとこでも、どこでもいい、どこか行きたい!という気分です。

まつこ様

お帰りなさい♪ あれこれお疲れ様でした。

うめまつさんは、ほんとうに素敵なご夫婦ですね。

うしさんお面の向こうにある笑顔を想像しつつ思いました。

しょうさん
「うし」と呼んでくださってありがとうございます。よーく見ると、角が生えているんです。そこが「ぶた」との違いです!
仕事が増えると、私、体重も増えるんですけど・・・。このままだとお面をとってもぶたになりそうです。

イギリスへ・・良いですね。ぜひ行ってください!

我が家は、義母にお願いしつつも、母がまだ1人で家にいられた2005年に6年ぶりに夫婦で行ったの(モルディブ)が最後でした。今となってはいつ再開できるかも不明です。まぁ、それに関してそれほどストレスは感じてはいませんが。

まつこさん、仕事諸々の事情がOKで行けるのなら、思い切って行ってしまうのも手ですよね。。帰ってきたら、またそれで公私ともに頑張れるかと。。。

まつこさん ご夫婦での ツーショット素敵です(^-^*)

私は、海外旅行は行ったことはありません・・・。
主人とも、介護が始まる前でも二人で旅行したこともありません  正直言って、主人と行くより、友達や娘と行った方が楽しいかな~?
数ヶ月前から ショートを利用するようになり、時間に余裕が出来た今・・・温泉でも行きたいです・・友達と!(^-^*)

翡翠さん
コメントありがとうございます。
モルディブもいいですねー。
実際に行けないというよりも、なんとなく母のことが常に気がかりで、意欲と行動力が落ちている感じなんですよね。そこがうめぞうに「まずいよ」と言われている点なんですが。

うさぎさん
コメントありがとうございます。
お友達と温泉もいいですよねー。母娘で旅行というのもうらやましいです。でもだんだん年を重ねてくると、ご主人と二人きりで楽しむのも意外と楽しくなるかもしれませんよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス人の自虐ネタ:

« 風呂の入り方 | トップページ | がんばれ、熟年世代! »