« あけましておめでとうございます | トップページ | 新年雑感 »

2009年1月 2日 (金)

新春初対局

まつこです。

うめぞうの趣味の一つは囲碁です。最近は碁会所には行かず、もっぱらインターネットで対局を楽しんでいます。その影響を受け、まつこもルールを覚えて、初心者ですがネット碁を楽しむようになりました。

今年は、ウメマツはウメとマツばらばらにそれぞれの実家で元旦を迎えました。まつこが自室でパソコンに向かっていると、見覚えのあるハンドルネームの「対局申込み画面」が現れました。なんと遠隔地にいるうめぞうからの対戦の申し出です。

うめぞうは4段、まつこは15級。我が家では囲碁に関してだけは、通常の力関係が逆転しています。この力量の差は、お相撲で言うと関脇と序二段くらいでしょうか。囲碁というゲームの良いところは、このくらい差があっても、「置き碁」といって最初からいくつか石を置いてハンディをつけて対局できるところです。ウメマツの場合はまつこが9つ石を先に置かせてもらいます。井目(せいもく)の置き碁です。

Photo[これが井目の置き碁]

さて2009年最初のウメマツ対決。序盤はまつこがついつい弱気になり、ハンディをつけてもらった差がどんどん縮んで、あっというまに追い越されてしまいました。ネットの向こうに、勝ち誇ったうめぞうの余裕のある表情が見えるようです。

そのうめぞうの得意満面の姿を思い浮かべたとたん、まつこの戦闘意欲に火がつきました。相手の石の手薄な部分を見つけ、鋭く切り込み、大逆転!しばらく画面が沈黙したかと思うと、「負けました。ありがとうございました」という文字が浮かび上がりました。ウメマツ新春対局、初戦はまつこの勝利です。

うめぞうは「これは指導碁だ。これで君も今年は少しは強くなるだろう」と言っています。「ご指導ありがとうございました」と、謙虚なまつこ。対局のあとは必ず「ありがとうございました」と言うのが囲碁のルールです。ま、囲碁で対局するときくらいは威張らせてあげようと思うまつこでした。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 新年雑感 »

コメント

こんばんは!
このインターネット囲碁対局は、「幽玄の間」でしょうか?
私の父の趣味が囲碁でして、こちらでは、1人暮らしの寂しさを随分慰めてもらっているようです。
この父が、85歳にして異常なほどの負けず嫌い。
今でも日本棋院で行われる試合(というのでしょうか?)にいそいそ出かけたりしていますが、試合の一週間前くらいから、かなり勉強したりして準備を怠りません。
そこで優勝した事もあるのですが、負けた時の悔がりようったら!!!(笑)
うめぞうさんとは実力も同じくらいかと思うので、もしかするとインターネットで対戦しているかもしれませんね。
年末年始は毎年、「囲碁三昧」という名の、あるホテルで朝から晩まで囲碁が打てるお正月プランに父は参加しているんですが、これが驚くほど盛況でして、2日間に渡る試合もあるのですが、今年はあまり成績が良くなくて、ご機嫌斜めでした。(笑)
「快快」がハンドルネームです。(変な名前でしょう?)
もしも名前を見つけたら、ぜひ対戦してやってください。
よろしくお願いいたします。

hiyokoさん
コメントありがとうございます。
ウメマツも「幽玄の間」のメンバーです。お父様、日本棋院で優勝とは、かなりな腕前ですね。僕よりだいぶ上手でいらっしゃるけれど、いずれ手合いをお願いしたいとお伝えください。僕のハンドルネームは「たんまくん」です。
お正月にホテルで囲碁三昧とはうらやましい限りです。「奥様は買物三昧」という企画と組み合わせにしない限り、うちの場合は参加を許されないでしょう。せめて新春にそんな夢でも見ることにします。
これからもどうぞよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春初対局:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 新年雑感 »