« 幸福は伝染する | トップページ | 駝鳥のどぶ川 »

2008年12月14日 (日)

愛馬の復活

まつこです。

今週末の新潟は曇天です。昨日は、かかりつけ医の先生のところに母を連れて行き、インフルエンザの予防接種を受けてきました。「インフルエンザ予防接種?私、昨年も受けなかったからいいわ」と先週まで言っていたのですが、今週はどこかで記憶の回路がつながったらしく、「今年はまだインフルエンザの予防接種受けていないわ。早く受けたほうがいいわね」と言い出しました。

この「回路がつながった瞬間」をとらえることが重要です。もともと頑固な性格なので、いったん思いこむと、なかなか理屈や説得は通用しません。(え?「まつこも全く同じ性格だ、がんこ遺伝子だよー」とうめぞうが言っています。)

午後から夕方にかけては町内会の雑務。まつこのママは今年は町内会の班長さんなのです。昨年の暮、「来年は班長の順番がまわってくる」と言い出した時、私は少し反対したのですが、ママは「住民として果たすべき責任である」と正論を主張し引き受けてしまいました。

新年の町内の集まりでは、「私は認知症なので、いろいろ間違えるかもしれませんが、よろしくお願いします」と宣言までしてしまいました。おばあちゃんの冗談だと思って近所の方たちが暖かく微笑するのを見て、「本当なんです。お医者様からお薬ももらっています」と根拠を提示。このあたりの主張の強さが確かに「がんこ遺伝子」の働きかもしれません。

かくして、1年間、まつこがサポートしながらママは班長さんの仕事をしてきました。東京ではマンション暮らしのまつこ。地域密着型の田舎の生活で、町内会の仕事がこれほどまでにたくさんあるとは想像していませんでした。広報誌や各種お知らせの配布、資源ゴミ回収のマナー監視、各種募金、季節行事などなど。お知らせ配布などの単純労働はママがやり、お金の徴収などめんどくさいことはまつこが週末にやってきました。

昨晩は班長さんなど、地域コミュニティの役員が集って、年度引き継ぎの相談でした。みなさん、私の予想を超えて、はるかに熱心に議論しておられました。認知症宣言したまつこのママを、特別扱いするでもなく、普通に仕事を任せる地域住民の方たちの生活感覚の健全さも実感しました。町内会を維持するには、こういう仕事を引き受けなければならない煩雑さはありますが、老いた人や病んだ人を地域で支援する社会ネットワークの機能があることを、再認識した1年でした。

慣れない町内会の会合から帰って、やれやれとホッとするまつこの目に、ふと映ったのはコンセントを抜かれて長いこと使われていなかったJobaです。昨年、週末介護を決めた時、自分の健康管理のため、それにママにも使わせればリハビリ効果があるかもなどと思って、ボーナスで買いました。ちょっと高い買い物でした。昨年の今頃、大評判だったんですよね。この流行には乗ったものの、Jobaには乗っていないという人、まつこ以外にもたくさんいると思います。

Photo[愛馬はずっと待っていてくれました]

そこで久しぶりに愛馬にまたがり、耳にはiPod、夜中のエクササイズです。あぶみに足を乗せず、手も離して乗ると、結構な運動になります。今朝はかすかな筋肉痛。そうです、高い買い物だって頻繁に使えば安くなります!これから毎週末やろう、と決意を新たにしているまつこです。

« 幸福は伝染する | トップページ | 駝鳥のどぶ川 »

コメント

はじめまして。翡翠さんのブログコメントから来ました。
お母様、認知症であることの自覚があるのですね。すばらしいです。
うちは父が認知症なんですが、自覚がないので、その点色々気をつかいます。

流行もののエクササイズマシンって放置されがちですよね。
私もWiiFit全然やってません(^^;
まつこさんを見習って、私も復活させようと思います。

絵莉さん

コメントありがとうございます。

母の場合、最初に診断してくださった先生が、本人に告知して患者・家族が力を合わせて病気に向き合うべきだ、という信念の方でした。でも母は「認知症」という言葉は、「脳の老化」「年取ってなんだかボケてきちゃったわ」という程度のイメージらしいのですが、「アルツハイマー」は「恐ろしい難病」と認識しているらしく、こちらの言葉は受け付けません。

親の介護には、こちらの体調管理と精神衛生管理が必須です。WiiFitやJoba、いろいろ試して楽しみましょう。

まつこさん、励ましのお言葉ありがとうございました!

お母様にはできるだけ寂しさや不安を感じさせないことと楽しい思いを共有することが、一番良いと分かっていても、離れて暮らしていてお仕事もして・・ではなかなかままならないこと歯がゆいことが多いでしょうね・・・お気持ちお察しします。

「愛馬」を拝読し、私も母の介護で運動不足、ストレス解消にといろいろ買い込んだWiiFit、今やすっかりホコリをかぶっていることを思い出しました(絵莉さんと同じです!笑)

翡翠さん

コメントありがとうございます。

できるだけのことをしたいと思っているのですが、確かに限界も感じています。でも、今の状況で精一杯のことをやるしかないですものね。

体を動かすと、確かに気分が晴れます。WiiFitは夫の両親のために買い、私たちもやってみました。結構、ムキになってゲームに熱中しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛馬の復活:

« 幸福は伝染する | トップページ | 駝鳥のどぶ川 »