« お薬カレンダー | トップページ | 水玉のハンカチ »

2008年11月11日 (火)

女の子指数

まつこです。

先日、日本橋の高島屋に出かけたら、毎年恒例のホリデーシーズンのイベントらしく、1万円以上買い物をすると「Love Bear」という白いクマのぬいぐるみをもらえるという催事をやっていました。私はぬいぐるみなどかわいい小物を、あまり身の周りに置いていません。特にぬいぐるみはほこりをかぶって汚れたりしても、顔の表情を見るとゴミとして捨てるのは忍びなく、処分に困るので嫌なのです。

この日はラルフ・ローレンで裏に起毛加工がされているあったかそうなトレーナーを買いました。その結果、クマ1頭の権利を得たのですが、もらうかどうかちょっと迷いました。ですが出口付近の催事場に行くと、次々とぬいぐるみを受け取っている人々がいるので、思わずつられて1頭私ももらいました。ふと見るとその横では同じクマを赤、緑、白の色違いで1頭1000円で売っています。さらにその横には着せかえ用の、いろいろな色のセーター・帽子のセットが650円で売られています。クリスマス用の赤いセーターと帽子などは、確かにかわいい。プレゼントでもらったクマに合わせて着せ替え衣装を買っている人、2頭目、3頭目のクマを買う人で、そのコーナーはかなり混み合っていました。「1万円のお買いもので、1000円のぬいぐるみをプレゼント。もらった人は、つられて着せ替え衣装や色違いのぬいぐるみを買う。このぬいぐるみや衣装の仕入価格はいくらぐらいなのかな? やっぱり"Made in China"ねえ。集客効果などを考えると、デパートにとっては採算が十分見合ったイベントなんだろうなあ」などと、まつこの頭の中ではリアルな数字と冷静な計算が渦巻きます。手元の袋には無邪気な表情のクマが、そんなことはつゆ知らぬという顔で収まっています。

食卓の横の出窓に置くと、確かに、ま、かわいいわ。そこにうめぞうが帰宅。クマを発見するなり、「わぁー、かっわいいぃぃぃー」。実に素直に喜んでいます。「ねえ、この子の名前何にするの?」と盛り上がっています。色違いのも売っていた、着せ替え衣装まで売っていた、デパートがちゃんと儲かるように企画されているんだねー、と私がデパートで見た様子を伝えると、「え、同じの買えるの? だったらもうひとつくらいあってもいいねぇ。かわいいもん。」

Ralph [Ralphと名づけました]

うーん、かわいいものに反応する「女の子指数」はうめぞうのほうがまつこよりかなり高いことを改めて認識しました。こんなに喜ぶのなら、もう1頭もらってきてあげようかな、何か買い物して・・・。

« お薬カレンダー | トップページ | 水玉のハンカチ »

コメント

Ralphクン(?)可愛いですねぇ。お友達を連れてきてあげたら?買い物して、、、。授業と会議に追われて買い物に行く暇がなく、ゆっくりデパート巡りがしたい、、、と思いました。

mgmkatoさん

コメントどうもありがとうございます。私は「うつ予防」と称して、新潟に向かう新幹線に乗る前に、たった30分でも時間があると東京駅に隣接する大丸に入り、ものすごいスピードで試着をして、買い物しています。「すみません、あと8分で新幹線の時間なので会計急いでください」と店員さんにお願いしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女の子指数:

« お薬カレンダー | トップページ | 水玉のハンカチ »