« びっくりぎょうてん目がテンテン | トップページ | プラトンとおでん »

2008年11月29日 (土)

家事の腕前

まつこです。

今週末は仕事のため、新潟に帰省できません。このように帰省できない週末は、大阪にいる弟夫婦か、群馬にいる伯母に、母と一緒に過ごしてもらうよう頼むことが多いのですが、今回は母が「一人でも大丈夫よ」と言うので、特別シフトを組みませんでした。いつも平日は毎日2回、朝NHKの『だんだん』が終わった頃と夜9時頃、母に電話をして様子を聞いているのですが、今日はそれに加え昼にも電話しました。

とにかく不安を感じさせないこと、誰かに支えられているという安心感を持ってもらうこと、これが認知症の症状を抑え、進行を遅らせるために、今のところ私たちにできる唯一のことです。電話でできるだけのんびりした口調で、なんでもない些細な出来事でもできるだけ笑いを交えて話すようにしていると、母の声の調子も明るくなります。

最近はこちらが実は仕事でかなりせっぱつまった状況でも、電話の口調だけはゆったり、という技を身につけました。パソコンのキーボードをカタカタとたたき、眼は血走って、視線はディスプレイの上を激しく動かしながらも、受話器を顎で押えて、「わたしよぉー、どうかしらぁー、今日の調子は? ふぅーん、スーパーまで出かけたのぉ? 何かおいしそうなものあった? あら、サンマ、いいわねぇー・・・」みたいな調子で話し続けます。そろそろ会話も終わりという最後の30秒ほどは仕事の手を休め、電話の会話に専念します。

いつまででもママの話し相手してあげるわ、という調子で話していると、電話はせいぜい長くて10分、早く切り上げて仕事に専念したい、という気持で話していると、どうもそれが伝わるのか、同じ話をぐるぐるぐるぐる回転し続けることになってしまうようです。

というわけで今週は久しぶりに東京で過ごす週末です。今日は時間に余裕があったので、美容院に行きました。美容院に行くと言うと、うめぞうが「帰りにデパート寄るなら買ってきてほしいものがあるんだけど・・・」と言います。何かと思ったら、サラダ用の水切りでした。回転させて遠心力で水を切るタイプのものです。我が家のはもう10年以上使っているのですが、最近調子が悪く、うまく回転しないのだそうです。

「うまく回転しないのだそうです」って、まるで他人事みたいな口調ですが、実はまつこはこのところ仕事がなかなか終わらず、帰宅が遅くなりがち。朝食に加え、夕食まで、うめぞうが引き受けてくれています。冷蔵庫の中身を把握しているのも、洗剤の買い置きの残りがあといくつか知っているのも、断水のお知らせがきたことを知っているのも、全部うめぞう。水きりの調子が悪くなった不便を切実に感じているのもうめぞうでした。主婦(夫)の座は完全に譲ってしまった状態です。

うめぞうもしばしば自分の実家に帰って、両親の家の雑事を手助けしていますが、実家ではお母さんが、「最近、うめぞう(ここもちろん本名で)は家事の腕前を上げたわねえ」と感心しているそうです。お義母さんは決してヨメに対するイヤミを言っているのではなく、率直に息子をほめてくれているのですが、まつこはちょっと肩身が狭い。うーん、せめて使いやすそうな水きりを買ってきてあげよう・・・。

Photoというわけで買ってきたのはOXOの「サラダ・スピナー」。たまにはこれでおいしいサラダを作ってあげよう、と心に誓ったまつこでした。

[軽やかにスピンしてなかなか調子よさそう]

« びっくりぎょうてん目がテンテン | トップページ | プラトンとおでん »

コメント

うめぞうさん&まつこさん
はじめまして。
私は認知症の母(70代)とふたり暮らしです。
偶然このブログを拝見しました。
まつこさんの日記にとても共感し、うめぞうさんの哲学は、とても参考になりました。
母は軽い認知症と診断されアリセプトを飲み始めて、2年になります。
はじめの1年は普通に暮らしていましたが、今年になり症状が進み、記憶障がいの部分で少しサポートが必要になりました。
はじめの頃、私は怒ったり泣いたりしていたのですが、途中から、私の心がそのまま母の病状に反映されることに気づき、私がニコニコするようになったら、母の病状も落ち着いてきました。
『とにかく不安を感じさせないこと』にわたしも努めています。
まつこさんの『かなりせっぱつまった状況でも、電話の口調だけはゆったり、という技』を私もはやく身に付けたいと思います!

これからもブログ楽しみにしています。
よろしくお願い致します。

仕事詰まっているのですね。私もそれでなかなかブログ拝見できませんでした、、、。私も電話をよく使い親の様子を探ります。声色って本当に大事ね。心ここにあらずで話すのと、ゆっくり、はっきり、誠実に話すのとでは、やっぱり受け取り方が違うようです。

しょうさん

コメントありがとうございます。そうなんですよね、心ってすぐに伝わりあって、笑顔は笑顔の連鎖を、不安は不安の連鎖をうみだすんですよね。たぶん認知症の患者さんに限らず、健康な私たちもそうなのでしょうね。認知症の人や小さな子供は、その心のメカニズムがずっと敏感なんだろうと思います。「笑顔はアリセプトよりも効く!」を合言葉にがんばりましょう。

お母様とのお二人暮らし、私とは比べ物にならないほどの、ご苦労があると思います。お母様に笑顔を見せて差し上げるためには、しょうさんご自身もどこかで気分転換などのご自分のための時間が必要ですよね。どうか自分が楽しいと思える時間を作ることに罪悪感を感じずに、「積極的リラクゼーション」してください!

ではこれからもどうぞよろしくお願いします。

mgmさん

コメントありがとうございます。
そう、「仕事詰まっている」のに、私はブログやバレエなど趣味の時間の確保を優先しています。当然しわ寄せがあっちこっちに。特にうめぞうに。
母への電話は、通勤途中の駅まで歩く時間なども利用しています。前傾姿勢で急いで歩いていても、口調だけはゆったりと(これが時々難しいんだけど)。

久しぶりにブログをチェックしたらOXOのサラダスピナーが!私も同じのを買い換えたところなの!大きいほう小さいほう?今までいろんなサラダスピナーを使ったけれどOXOが一番優秀だと思うわ。まつこのお家のお料理はみなおいしいけどこれでまたレベルがあがることでしょう。
 ミュシャもきのう久しぶりに法事でママにあったけど、もうすぐフラメンコの発表会があるので週一のレッスンプラス京都まで修業に行ってるんだって。こないだは北野の異人館で絵のグループ展やってたし。エネルギー値の高い人です。ま、元気が何よりよね。でも一人暮らしなので何があるかわからないから電話は頻繁にしているの。あっちからもよくかかってくるけどね。でもまつこみたいに気を使わないで今忙しいから後にして!とか言ってます、反省。
 

ミュシャさん

大小あるの知りませんでした。私が買ったところでは同じOXOの製品が、ステンレス製のとプラスチック製のと二つ並んでいました。ステンレス製の方が重くて滑り止めもついていて良さそうな気もしたのですが、透明プラスチックの方が中の様子がよくわかっていいかなと思い、こちらにしました。まだ使っていません。
お母様お元気そうですね。うらやましいです。私たちも「エネルギー値」の高いおばあさんになることを目指して精進しましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家事の腕前:

« びっくりぎょうてん目がテンテン | トップページ | プラトンとおでん »