2024年4月22日 (月)

ともに生きる

まつこです。

桜の季節はあっという間に終わってしまいましたが、その桜の時期を挟んで、我が家は春の嵐を経験していました。

少し前からうめぞうの体調が悪く、3月末に検査してもらったところ、膵臓がんが見つかりました。膵臓がんは転移や再発の可能性も高く、手強い病気ですが、幸いにして初期での発見で、医療機関でも迅速な対応をしていただき、今週から抗がん剤療法が始まり、2ヶ月ほどしたところで手術の予定です。

Img_2583

[病気にしっかり向き合うためには食事も大切]

もちろんショックではありましたが、うめぞうは自分のこととして比較的冷静に受け止めていました。覚悟を決めて急速に身辺整理を始めたうめぞうを見ながら、私は食事も喉を通らず、夜は眠れない日がしばらく続きましたが、確定診断がくだされ、治療の計画がはっきりした時点で、心の中の暗雲が消え、前向きに対処していくぞ、という気持ちに切り替わったように感じています。

私たちは以前、医療系の大学に勤務していた経験もあり、医師の友人が多いのですが、比較的あっさりとした口調で「5年生存率50%」というようなことを伝えてくれます。感傷をこめない事実を冷静に語ってもらうと、立ち向かう現実がはっきりと見えて、むしろ励みになりました。

Photo_20240422054401

[近所の根津神社ではつつじ祭りの季節を迎えています]

その間、うめぞうとはいろんな話をしながら、週末は二人でよく散歩をしています。おやつやおにぎりを持って小石川植物園へ行き、新緑の木陰のベンチでゆっくり読書をしていると、穏やかな時間が心地よく過ぎていきます。このような時間がいかに幸福かを、強く実感しています。ともに生きることの幸せを、あらためて切実に思い返している毎日です。願わくば、この日々が一日でも長く続くようにと祈りながら。

今回、病気が判明しなかったとしても、いずれ終わりがくる命を、最後まで大切に生き切る。それに尽きます。現代の医療の最先端で懸命に治療にあたってくださる医師たちに感謝しながら、患者とその家族として、しっかりと前向きに病気と向き合っていこうと思います。

久々の投稿で重い話題になってしまいましたが、私たちの人生の一つの節目の記録として残しておきます。

 

2024年2月26日 (月)

The Motive and the CueとMy Neighbour Totoro

まつこです。

短いイギリス出張を終えて帰国しました。14時間のフライトと9時間の時差。時差ぼけが治らないうちに、また時差ぼけです。

今回ロンドンで見た芝居は2本だけ。夜の開演時間は、日本の明け方にあたり、途中、猛烈な眠気と戦いながらの観劇です。なので怪しい部分もあるのですが・・・。

まずはナショナル・シアターからウェスト・エンドに移動したThe Motive and the Cue。演出はサム・メンデスです。

5449

[写真はGuardianから借りました]

ジョン・ギールグッドが演出し、リチャード・バートンが主演したブロードウェイの『ハムレット』上演までのリハーサル期間、二人の意見のすれ違いや衝突を経て、新たなハムレット像を作り出していくプロセスを描いています。ギールグッドの自己韜晦とバートンの自己顕示欲の裏にはそれぞれの複雑な心理的屈折が隠れていて、それが次第に見えてきます。ギールグッドは同性愛、ギールグッドは飲んだくれの父との関係、それぞれスターとしての華やかなカリスマの陰の個人的な苦しみを、目をそらさずに直視したとき、二人のスターの力が融合する。

こう書くと複雑な心理劇のようですが、お色気撒き散らすエリザベス・テイラーとか、クセのある脇役たちが絡んで、軽妙な会話で劇は進行します。その合間にギールグッドとバートンの語る『ハムレット』のセリフが、古い録音で聴いた本物とそっくりの口調で挟まれます。

場面展開の合間にノエル・カワードの洒落た歌声が流れる演出で、全体が20世紀イギリス演劇へのオマージュのようになっています。カワード、ギールグッド、バートンとそろえばイギリス演劇の黄金期と言っても良いでしょう。なめらかで洒落たカワードの歌声が流れると、劇場全体がセピア色の雰囲気に包まれます。しかも会場がノエル・カワード劇場。終わるや否やいっせいに立ち上がり拍手喝采するイギリス人観客たちに挟まれて、これは「イギリス人のためのイギリス演劇を見た」という印象を強めました。

もう一本見たのは、アニメ『隣のトトロ』をRSCが舞台化したMy Neighbour Totoroです。

5000

[こちらの写真もGuardianから拝借]

豊かな自然にふれて、子供の想像力が人知を超えるものを見出していく、というテーマは文化の違いを超えて共有しやすいのでしょう。敗戦後それほど経ていない日本の田舎という舞台設定に、それほど違和感を感じずに劇場を埋め尽くした観客全体が、美しく楽しい舞台を大いに楽しんでいました。

巨大なトトロや小動物たちは、人形で描かれますが、それを動かす人形遣いたちは人形浄瑠璃の黒衣の扮装をしています。人形浄瑠璃や歌舞伎では黒衣は見えない前提になっていますが、このMy Neighbour Totoroの黒衣たちは時折、顔も見せ、その存在がむしろ強調されています。無数の黒衣たちがいっせいに体を揺らすことで、動植物の自然の大きな力が表現されるのです。人間たちは常に自然という黒衣に囲まれているんだと認識させる演出でした。

これら黒衣たちも含め、舞台の上はほぼ全員が東洋人。美しく流れる久石譲の音楽を演奏しているのも東洋人(日本人?)ミュージシャンたち。さらに劇中歌は半分以上、日本語で歌われます。RSCのステージが東洋人で埋め尽くされ、日本語が流れている。そのことを誰も驚かずに(いや、私は驚きましたが)、年齢も人種も入り混じった観客たちがみんなそろって楽しんでいる。他人種や他文化から吸収できるものを吸収し、自国の利益へと変換していく力が、イギリスという国のしたたかな開放性ですが、My Neighbour Totoroもその一端と思えました。

古い伝統へのオマージュと、新たな開放性と、ふたつの異なった面を見た二晩の観劇でした。

 

2024年2月21日 (水)

カーディフ

まつこです。

今回の出張先はこちら。

Img_2434

[ウェールズ国旗がたなびくカーディフ城]

ロンドンから列車で2時間ほど西に、セヴァーン川を渡ればそこはウェールズ。首都とはいうもののカーディフはコンパクトで落ち着いた地方都市です。その中心にあるカーディフ城に行けば、この街の歴史がわかります。

まず1世紀にローマ人がやってきて城壁を作り・・・

Img_2441

[ローマ人の作った城壁。今は建物の地下になっています]

次に12世紀にはノルマン人が要塞を作り・・・

Img_2438

[ノルマン人の要塞の見張り台]

19世紀には炭鉱で富を手にした貴族が館を作り・・・

Img_2439

[19世紀に流行したネオ・ゴシック様式]

今日ではそこが市の観光の中心になっています。

入場料は大人14ポンド。支払おうとしたときに目にはいった"Concession £12"という文字。もしやと思い、「60歳超えているんでconcessionではないでしょうか」と尋ねたところ、「えー、見えないわー!」と受付の女性に驚かれたけど、IDも見せずに12ポンドに割引してもらいました。受付の女性は「私も来年、60歳なの。がんばらないと」と言っていました(笑)。

4年半ぶりのイギリスで、生まれて初めてconcessionを利用して、気分は微妙・・・。ま、年寄り扱いしてもらって、2ポンド安くなればそれで良いかな。いや、たった2ポンドのために、自ら年寄りだと宣言するかなあ。ちょっと悩むところです。

2024年2月17日 (土)

春は西風にのって

まつこです。

久々の海外旅行なので、時差ぼけや体力低下を懸念して、到着の翌日は予定を入れず完全オフの日にしておきました。60代、女一人の海外出張ですから、できるだけ慎重に。

Img_2390

[アルバート公の像も春の光を浴びて輝いています]

朝食を終えたところで、朝の散歩。明け方の雨が上がり、気温もマイルドで、散歩日和です。宿泊先は30代の頃からずっと、サウスケンジントン界隈。ケンジントン・ガーデンのクィーンズ・ゲートからもほど近い界隈です。今朝もトコトコと歩いて、クィーンズ・ゲートからケンジントン・ガーデンへ。

「クィーン」と言えば、今回の羽田で飛行機に搭乗する際、ボーディング・ブリッジで隣を長い銀髪の老人が歩いていました・・・「おおー、ブラインアン・メイだ!」 当然ながらブライアンはファースト・クラスへ。ほんの数秒でしたが、ブライアン・メイと至近距離で歩けるなんて(しかも他には誰もいなかった)、幸先の良い旅の始まり。ヒースローで降りた時も、見かけました。空港内カートに乗り込んで去って行きました。

Img_2394

[ハイド・パークのサーペンタインの池]

ロンドンはいつ来ても人でいっぱい。世界中から観光やビジネスで人が押し寄せていますが、広々としたケンジントン・ガーデンやハイド・パークはそんな喧騒からしばし逃れられるオアシスです。

Img_2393

[水仙の黄色が鮮やか]

2月とは思えないマイルドな暖かさと、朝のニュースで繰り返し伝えていました。イギリスでは「西風」が春の季語ですが、天気予報を見ていたら、確かに大西洋方向からの風向きになっていました。

Img_2398

[スノー・ドロップが可愛らしい]

『BBC Breakfast』を見たのも4年半ぶりですが、プレゼンターは変わっておらず、今朝はチャーリーとナガ。チャーリーは4年分、しっかり老けて、その分「チャラい」感じが薄れいて、かえって好印象。しかしコロナ禍を経て変化もありました。ちょっとくらいお買い物しようかなと思ったのですが、アクセサリーのLinks of Londonは閉業、バッグや小物類のLulu Guinnessや婦人服のNicole Farhiはオンライン・ショップだけになっていました。昔からのお気に入りブリティッシュ・ブランドが消えて、ちょっと寂しい・・・。

2024年2月16日 (金)

ロンドン

まつこです。

久しぶりのロンドン! 今回は出張で、短いイギリス滞在です。

Img_23831

[いつも変わらない街並み]

海外に出たのも2019年の夏以来、初めてです。でもあまり変わっていないサウス・ケンジントンの街並みを見て、少しずつロンドンにいる感覚が戻りつつあります。人々の歩く速さ、街に漂うタバコのかすかな香り、いろんな言語が混じって聞こえてくる人混み・・・ああ、この空気感だったなあと思い出しました。

ロシアのウクライナ侵攻の影響で、飛行ルートも異なっていました。ベーリング海峡から北極海を横断して、14時間のフライト。ようやくヒースローに降り立つと、予想外の暖かさでした。ハイドパークとケンジントン・ガーデンの間の道を走るタクシーの窓から、スノー・ドロップの白い花がたくさん見えました。

ロンドンでも、季節は冬から早春へと移りつつあるようです。

2024年1月31日 (水)

上川外務大臣

まつこです。

また放言?どうせ確信犯でしょ・・・と、呆れるだけで怒る気にもならない、麻生太郎の「おばさん」発言。上川陽子外務大臣の「様々なご意見もあると承知している」というコメントは、どこにも敵を作らない、いかにも優等生的な模範解答です。

そんな記事を読みながら、ついでに上川外務大臣のファッション・チェックしてみました。

As20240130001495

[昨日の記者会見。朝日新聞に掲載された写真をお借りしました]

まず目をひくのは、かなり計算されつくしたカットの髪型。麻生じいさんの目には「おばさん」としか見えないでしょうが、左右アシメトリー、トップは短く、バランス良くカットされています。セットもちゃんとしてあります。ただのおばさんショートじゃありません。

大柄ですっきりした柄のスカーフは、北朝鮮拉致問題の解決を訴えるブルーリボンと色を合わせています。スカーフからのぞくネックレスとインナーのバランスも良し。

さりげないけど、たぶんプロのスタイリストがついているのではないでしょうか。

これ以外の写真もちょっと見てみました。

Kamikawayoko

[自民党のHPより]

001351299

[法務大臣時代、国連開発計画の年次会合でスピーチしている写真。法務省のHPより]

ここに挙げた2枚は例外的にきれいな色のジャケットですが、基本的にこの人は紺かアイボリーのテーラードカラーのジャケットが多いようです。安定感十分ですが、おもしろみはなし。

次の首相候補の一人だそうですが、優等生らしい手堅さが強みになるのか、はたまた自民党のおじいさんたちの傀儡で終わってしまうのか。 当然ながら、容姿よりも気になるのは、政治的手腕のほうですね。

 

2024年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

ウメマツです。

あけましておめでとうございます。

Img_2344

[2024年1月1日の朝焼け]

東京は青空が広がっていますが、風の強い元旦です。国内も国際情勢も波乱の続く年になりそうです。近代的な政治経済の仕組みが崩れかけ、新しい時代に向かおうとしているのかもしれません。大きく人類史を眺める視点と、一人ひとりのささやかな生活を守る努力と、その両方を併せ持田なければならないと思う年の初めです。

Photo_20240101102601

[昨年10月に国会議事堂見学に行きました。(恥ずかしながら)二人とも初めてでした]

私たちも健康に気をつけながら、それぞれの仕事を楽しみながらやっていきたいと思っています。細々ですが、このブログも書き続けていきます。今年もどうぞよろしくお願いします。

2023年12月25日 (月)

クリスマス

まつこです。

クリスマス、おめでとうございます。

11月から12月にかけて、職場でいろいろあって、週末出勤もずっと続いていて、あっ!と気づいたら、クリスマス・イブでした。

Img_2327

[10年以上、ずっと同じオーナメントのツリー]

クリスマスのお祝いに趣向を凝らす余裕はなく、いつもと同じツリー、いつもと同じロースト・チキン、いつもと同じセーター・・・。うめぞうと二人きりで、静かなホリデーです。

Photo_20231225190501

[10年以上、ずっと同じクリスマス用のセーター]

昨年との違いは、手にしたグラスの中身がノン・アルコール・ワインということぐらいでした。でも、まあ、こうして例年どおりのお祝いができるのは、大禍なく1年が過ごせた証です。若い頃はレストランのクリスマス・メニューとか、プレゼントとか、年によってはヨーロッパへ旅行とか、あれこれ欲望にまみれたクリスマスを大いに楽しみましたが、60歳を超えて、ここから先は去年や今年と変わらない、穏やかなクリスマスを来年も迎えられれば、それだけでありがたいことです。

Img_2323

[いつもどおりのロースト・チキン]

去年と唯一違うのは、パン屋のPaulでサン・ニコラが買えたことくらい。去年、店員さんから「サン・ニコラ、もうやめたんです」と言われてがっかりし、私はPaulのHPから本社(レアールパスコベーカリーズ)あて、「ぜひ、来年はサン・ニコラを作って売ってください」と投書したのです。私の投書で再版が決まったわけではないと思いますが、今年はサン・ニコラが復活していました。

Img_2314

[朝ごはんにサン・ニコラ]

年を取ると、出来ていたことが出来なくなる寂しさもありますが、平穏でささやかな生活を、しみじみと喜べるるようになります。来年も同じようなクリスマスを迎えられますように!

 

 

2023年12月 3日 (日)

いよいよ師走

まつこです。

あれこれ予定が立て込む師走。そのさなかにペア碁大会に参加しました。

Photo_20231203203701

[飯田橋のホテルが会場でした]

男性はネクタイ、ジャケット着用というドレス・コードがあり、おしゃれをして来るようにという趣向の大会です。うめぞうは10年ほど前に作って一度しか着ていないタキシードを着て参加しました。私はなんと40代の頃に来ていたエミリオ・プッチのワンピース。もはやヴィンテージ。他の参加者さんたちも、和服あり、ドレスありで、華やかでした。

結果は2勝2敗。惜しい負けもありましたが、どの相手ペアも強かったので、そこそこの結果です。

人気の大会なので、参加希望者が多く抽選になってしまうのですが、タキシードをタンスのこやしにしないために、来年も出場できればいいなあと思っています。

 

閑話休題

先月、洗濯機が壊れて、新しいのに買い換えました。洗剤は自動投入してくれるし、乾燥も早いし、(ちょっと高かったけど)満足しています。

Img_1948

[すっきりデザインも気に入っています]

ボタンが液晶パネルになっているのですが、電源を入れると「おはようございます」という挨拶が表示されます。

Img_1986

[午後であれば「こんにちは」というメッセージが出ます]

苦笑してしまったのが、洗濯や乾燥の終了時に取りに行くと出ているメッセージ。

Img_1965

[すぐに行かないと、違うメッセージが表示されます]

「すぐに取りに来てくれてありがとうございます」と、洗濯機にお礼言われてもねえ・・・と、最初は違和感があったのですが、最近はこのメッセージを見るために終わるやいなや取りに行くようになりました。

他にもスマホで遠隔操作できるとか、ナノイーなんとかとか、いろんな機能満載です。エンジニアたちがあれこれ知恵をしぼって多機能にしているのでしょうが、ちょっと凝り過ぎかなという印象です。機能はシンプルに、その分、もうちょっとお安くしてください、パナ○ニックさん!

2023年11月12日 (日)

江乃浦測候所

まつこです。

11月は学園祭シーズン。そのために連休になった週末に、小旅行に出かけました。

Photo_20231112192401

[うめぞう久々のおでかけ]

小田原まで新幹線、そこでローカル線に乗り継いで、行き先はこちら。

Photo_20231112192601

[「ねぶかわ」と読みます]

海岸沿いの小さな駅、根府川駅です。そこから送迎バスに乗ってたどり着いたのは・・・

Photo_20231112192701

[「かんきつやま」と読むようです]

みかんがたわわに実る山ですが、みかん狩りではなく、目的はアート鑑賞。江之浦測候所という山全体を使ったアートギャラリーです。

Img_2107

[100メートルのギャラリーは夏至の日の出の方向に合わせて造られています。展示されているのは海をテーマとするモノトーンの写真]

山頂には100メートル細長いギャラリーが伸びています。柱のないすっきりとした抽象的な空間です。しかしアート鑑賞といってもこのギャラリーを見るだけではありません。山全体のあらゆる場所が意匠の凝らされたアート施設になっています。

Img_2105

[どこを見ても完成度が高い]

この江乃浦測候所を作ったのは、建築家・現代アーティストの杉本博司さん。庭園、茶室、竹林、神社、能舞台、古代ローマの円形劇場、鉄のトンネル、フランスの旧家の石段など、時代や超えたさまざまな要素が組み合わせられていますが、一人のアーティストの美意識によって、一貫性のある空間になっています。

Img_2069

[石舞台]

この日は残念ながら曇りで海も灰色でしたが、眼下に広がる海の風景も含めて、全体が息を飲むほど美しい。アートとネイチャーがシンクロしながら相乗効果をあげています。

Photo_20231112202601

[ガラス張りの能舞台の横に伸びる鉄製の隧道は、冬至の日の出の方向に合わせられています]

10年をかけて2017年にオープンしたそうですが、まださらに追加して造成されている部分もあるようです。この広大なアート施設はおそらく100年後にも残ることでしょう。

Photo_20231112204101

[竹林]

季節の変化や天候の違いによって異なった表情を見せるはず。ぜひ繰り返し訪れたいと思っています。

 

 

 

«映画『ロスト・キング』